2015年6月13日 (土)

デスクスペースがなくなった

R3のタイヤ交換をしたので、試走を兼ねて彩翔亭へ走る。

今までスピード用のタイヤだったので、今回はグリップのあるのに代えてみた。

タイヤ装着の際、自転車を寝せて行ったので、回転方向を逆に取り付けてしまった。

その所為なのか、タイヤの特性なのか、前よりペダリングが重い感じがする。

新しいチューブも一緒に取り寄せたのだが、バルブ長3.6cmにしたら、短くてポンプの食いつきがぎりぎりで失敗でした。

もうここのデスクスペースがいっぱいになりました。

なのでgooブログ、続 ヒノキになれない を開設しました。

   


| | コメント (0)

2015年6月10日 (水)

権現堂の紫陽花

権現堂公園の紫陽花をもう少し載せましょう。

Img_0789


Img_0790

柏葉紫陽花はぎっしりと堅めに花を付けています。


Img_0791

色の変化、花の形の色々が、緑の葉の中で映えています。
Img_0792

この大きなダンスパーティーは売り物で、6000円の値が付いていました。


Img_0793

Img_0794


このガクアジサイ系の花が、自分的には一番好きかな?


Img_0795

Img_0796


アナベルも膨らんできて、緑色から白色に変わるのももうすぐでしょう。


Img_0797

Img_0798

これは展示用の紫陽花。

どんどん新しい花が増えてきてます。

| | コメント (0)

2015年6月 8日 (月)

初夏の公園・権現堂の紫陽花 

初夏の航空公園

Img_0780

調整池で育てられてる花菖蒲が咲き始めてます。


Img_0781  

Img_0782

池の緑とメタセコイアの葉。

どちらも安らぎを与えてくれます。


Img_0783

公園と駅を結ぶ、憩いのベンチの風景。



権現堂公園の紫陽花も咲き出しました。

Img_0784


Img_0785


涼やかな色の紫陽花2点。


Img_0786


ヤマアジサイの進化系の小花の紫陽花。

名前は付いてるのでしょうが?
紫陽花に限らず、作成者が名前をつけて届ければ、花の名前となるようです。


Img_0787

溶けてしまいそうな、滲んでしまいそうなブルーです。


Img_0788


額紫陽花の進化した花が目立ちます。

静かに気を落ち着かせてくれる色合いです。   


    

| | コメント (0)

2015年6月 2日 (火)

狭山湖堰堤路の親柱と高欄ほか

今日もいつもの日課で多摩湖自転車道詣で。

Img_0772


今は栗の花が満開で、草いきれと青臭さが、離れていても風が運んできます。

北野地区の栗畑。


Img_0773

Img_0774


狭山湖堰堤路の現在の親柱と高欄。

親柱は避雷針と照明。

高欄は転落防止の欄干です。


Img_0775_2

Img_0776    

Img_0777

昭和9年の耐震工事前の親柱と高欄。

記念に右岸四阿   横に展示されています。

重厚で頑丈な造りになっています。


Img_0778

自転車道からの西武ドーム。


Img_0779  

多摩湖堰堤路。

狭山湖堰堤路と比べると、近代的で華奢な感じがします。

今日も多摩湖を一周して、32kmのポタでした。


| | コメント (0)

2015年6月 1日 (月)

多摩湖橋周辺

またぞろ多摩湖自転車道行きです。

ちょうどいい運動量なので、最近はここ一本です。

Img_0762


小手指から北野の平沢病院へ抜ける畑の中の道。

Img_0763
狭山湖畔の東屋で一休み。

Img_0764
Img_0766

多摩湖橋下の慶性寺山門。

多摩湖上湖に沈んだ勝楽寺地区の寺の山門。

慶性院は芋窪に移築されたが、山門だけ残され荒れ果てた姿が、忍びなく村人の有志がこの地に修復して移築したとある。

Img_0767

Img_0770

山門が長屋門式のものは珍しいそうです。

横からと裏からの姿も撮ってみました。


Img_0768

Img_0769_2

この裏を登って行ったところに、民話で有名な、優しい巨人「大多羅法師・だいたらぼっち」の頭像があるお休み所があります。


Img_0771

自転車道の多摩湖橋を下から撮ってみました。

自転車道へ戻って、多摩湖一周して32kmのポタリングでした。

| | コメント (0)

2015年5月30日 (土)

多摩湖自転車道

何もない時の多摩湖自転車道通いです。

今日も小手指経由の狭山湖へ取り付きます。

Img_0753


Img_0754

富士山が見えましたので、引っ張って撮ったのと、普通の遠景です。


Img_0755

狭山湖は凪ぎの湖面で鏡のようでした。


Img_0756

多摩湖東屋のFCR。


Img_0757

多摩湖の湖面も鏡でした。


Img_0758
多摩湖の遠景は、青一色の世界です。


Img_0759
西武ドームが真っ白で際立ってましたので、アップで撮ってみました。


Img_0760

鹿島休憩所で一休みするFCR。


Img_0761

途中の多摩湖自転車道は涼やかです。

多摩湖一周すると、約10km。

自分の体力に合わせて、ちょうどいい上り下りを楽しんで走ります。
小手指で買い物をして、32kmのゆっくりポタでした。

| | コメント (0)

2015年5月27日 (水)

狭山湖・多摩湖自転車道

体に感じる風の心地よさに、今日も多摩湖自転車道へ行く。

今日は小手指から、狭山湖へ登る道を選択。

狭山湖まで8kmちょっと。

荒幡経由より坂が最後にひとつだけなので楽。

運動のための自転車乗りなので、楽は求めてはいけないのだが。

Img_0744


Img_0745

東屋からの狭山湖の様子。

緑と青色の世界は静寂そのものだ。

Img_0746

東屋で、馴染みの高齢者たちが談笑していた。


Img_0747

狭山湖堰堤道路からの給水塔。


多摩湖へ繋がるレンガ敷きの園路が傷んでガタガタ。


Img_0748
多摩湖橋から上湖、下湖を見る。

西武ドームから遊園地の自転車道は、湖畔の樹木のお陰で、涼しく気持ちいい。

Img_0749_2

多摩湖堰堤から景色。

小さな白砂青松を感じるのは、自分だけか?


Img_0750    

心ない者に壊されてた案内板が新しく設置された。

多摩湖から見える山々が表記されている。

冬の空気が澄んでる時は、こんなにたくさん見えるのだ。


Img_0751

鹿島橋の緩い登り坂。

Img_0752
武蔵村山側の下り坂のCR。

ここ多摩湖自転車道の周遊道は、登っては下りの連続だが(当たり前、一周路なのだから)、そんなにきつい坂ではないので丁度いい。


前はがむしゃらに走って、タイムとか速度にこだわっていたが、最近は自分に合わせて走るようになった。

楽しんで走ると、このコースはなかなかいい。

木陰で守られての下り坂は、心地よさは最高です。

帰りも同じ道をとった今日のコースで23kmでした。
 


| | コメント (0)

2015年5月26日 (火)

ハナキササゲ・ゆすらうめ・狭山湖畔など

北山公園のその他の花

Img_0474

ハナキササゲの花。大きい木、小さい木4本植えてありました。


Img_0475

傍には、ゆすらうめ(桜桃)の実が真っ赤に熟れていた。

Img_0477
紫陽花も咲き始めていました。


Img_0478

終わりかけのカキツバタ。

終わる寸前だから、こんな赤色になってくるのかな?


Img_0480

多摩湖堰堤の下にやってきました。


Img_0481

多摩湖自転車道の鹿島休憩所。


Img_0482

狭山湖畔に建つ、前石原都知事の碑。

久しぶりのFCRポタは、薫風を全身で感じる31kmでした。

| | コメント (0)

2015年5月25日 (月)

北山公園

東村山の北山公園へFCRで走る。

久しぶりの出番です。

R3だけ乗っていたので、最初ちょっと違和感。

でも直に慣れて快適に走る。

家から8kmちょっとで北山公園に到着。

Img_0479


まだ花菖蒲は、ほんの少しの開花です。

緑一杯の公園も、なかなか静けさです。


Img_0466

Img_0467

ぽつんぽつんと咲いてる花菖蒲を写し取ります。


Img_0468

花菖蒲の世話をする業者の方々。


Img_0469

Img_0470

Img_0471

Img_0473

Img_0472

それぞれに花の名前が付いています。

弁慶と名前のついた花は、大きくて花の力もあるように感じます。

| | コメント (0)

2015年5月24日 (日)

下富駒が原の緑・ユリノキの花

昨日の続きで、下富駒が原へ再び行く。

Img_0738


Img_0739

この辺一帯が、県の緑の保存区域になっている。

Img_0737
昨日来たこの趣き深い民家は同じ道である。


Img_0740
公園のユリノキの花が開花した。

Img_0741

Img_0742

ユリノキの花は今年は花付きが旺盛です。

Img_0743

この花は、多数の雌しべと雄しべのある、古代の花の特徴があるそうです。


花のシーラカンスというところです。

| | コメント (0)

«カルミア・彩翔亭そのほか