« 冷蔵庫が冷えない | トップページ | 狭山川越自転車道から »

2008年4月20日 (日)

網膜裂孔になった

 去年の5月、連休直後のこと、目の前に黒くて大きな帯状のものが現われて

邪魔くさくって、見にくいこと、この上ない状態になった。 連休中に戸外で

運動や遊びが多かったから、紫外線で眼をやられてしまったかな、と思っていた。

少し様子見がてら、2,3日放っておいたが、ぜんぜん良くなる兆候がない。

依然として、真黒い帯は視界を妨げて、いらいらさせる。 仕方がないので

眼科医に診てもらったら、網膜裂孔と診断された。 網膜剥離の一歩手前で

放っておくと外科的手術になるらしいが、今なら、レザー凝固手術で治せると

言われたので、すぐやってもらった。 瞳孔を拡げる目薬を15分置きに

4,5回さしてから、午前の最後にレザー治療をしてもらった。 レザー照射機で 

剥がれかかった網膜を焼き固めていく方法だ。 痛みはないけれど、開いた瞳孔に

閃光がバンバン浴びせかけられるのは、気持ちがいいはずがない。 どこか遠くで

鈍痛といらつきに似た感情になる。 5~10分ほどで照射手術は終わったと思う。

終わっても暫くは眩しすぎるから、サングラスをかければ、不都合はない。

かくして大事には至らなかった眼は、小さな黒いゴミ状は残るものの(これは網膜に傷が

ついてるから)なんら支障がない。 しかし左眼に葡萄膜炎を発症したので

現在も通院加療中です。 これについては別の折に触れましょう。

|

« 冷蔵庫が冷えない | トップページ | 狭山川越自転車道から »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/539341/20413523

この記事へのトラックバック一覧です: 網膜裂孔になった:

« 冷蔵庫が冷えない | トップページ | 狭山川越自転車道から »