« 元気な高齢者に! | トップページ | 後期高齢者医療制度 »

2008年5月10日 (土)

牡丹と芍薬

 もう花の季節も紫陽花、菖蒲の開花まで、ちょっと間があるこの頃です。

よく似ている花に、あやめ、しょうぶがあります。 どちらも漢字で書くと「菖蒲」

と表されて、非常に紛らわしい。 この違いは、花びらの元が網目状になって

いるか、否かで区別されるのが有名、且つ一般的です。 またこの両者は

咲く時期、咲く場所なども、微妙に違ってるように思われます。 それとは別に

表題の牡丹と芍薬の区別って、自分が花のことに無知だからわからないのかな?

昔より、美人の形容に、「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」と

言われてる。 百合は全然違ってるから問題ないのだが、牡丹と芍薬は

前から、わかっていず、未だもってわかってない。 図書館にでも行って調べれば

わかるんだろうけど、そんなに重要なことでもないから、調べずに、ひょんな時に

ふと思い出し疑問に思う。 なんかそんなことは、他にも多々あるように思う。

頭の片隅では、疑問に思っていても、つい調べかねて、そのままになってることって。

|

« 元気な高齢者に! | トップページ | 後期高齢者医療制度 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

60歳以上のブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/539341/20872465

この記事へのトラックバック一覧です: 牡丹と芍薬:

« 元気な高齢者に! | トップページ | 後期高齢者医療制度 »