« 本籍地・no2 | トップページ | 朝起きがけは胃が重い »

2008年5月21日 (水)

地震の怖さ

 四川省の地震の被害が日毎におおきくなっていく。 中国の被害は断然

建物倒壊による、生き埋め、圧死、手足の切断等である。 日本では関東大震災、

阪神大震災も火災になっての被害が大きく起こっていた。 建築物の違いに

よっての特性が、被害の状況を異にしたんだろう。 神戸が焼け野原になった

映像もとても殺伐としたやるせない風景だったが、四川の瓦礫の山と化した

映像は憤りすら感じる、残酷な風景に思われる。 まして潰れ落ちたのが

学校ときたらなおさら無念である。 日本の場合、学校と行ったら避難場所

となる位置づけで、安全なところというイメージがある。 テレビで流した映像が

たまたま学校ということではあるまい。 それに中国でも過去に大地震を経験

してるというではないか? なのに、全く教訓としてないことに、怒りすら

覚える。 人口が多いからとて、命の価値が下がるわけはない。 人命を犠牲にしての

発展なんてあるはずがない。 そこをおざなりにすると、やがては人類の

滅亡に繋がっていく。 人類の繁栄は、人命を犠牲にしてはならない。

|

« 本籍地・no2 | トップページ | 朝起きがけは胃が重い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

60歳以上のブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/539341/21073926

この記事へのトラックバック一覧です: 地震の怖さ:

« 本籍地・no2 | トップページ | 朝起きがけは胃が重い »