« 特定検診は まだ? | トップページ | 本籍地の変更 »

2008年6月17日 (火)

名前について

 自分の戸籍上の姓は、漢字変換ができない。 一般に使われてる漢字に

似ているけど、ちょっと違うので、パソコンでは変換されないから、通常

使われてる字を書いている。 けれど保険証などは、戸籍の字を使用してるので

身分を証明しなければいけない書類は、戸籍の字で書く。 昔は戸籍を

作る場合、手書きだったから、どんな文字でも、受け付けたんだろう、と思う。

今は、役所も字を創れるようになったけど、ちょっと前までは、「この字はない」

なんて言われたこともある。 普通のパソコンでは出てこないから、変換される

似た字を使っている。 だから、この書類には、どの字を使用するか迷う。

時々、書き直しをさせられる。 3種類ぐらいの字を、その場その場で使っている。

読みは同じだから、どれを使ってもいいんだが、通帳のようなものは、前と

同じ字を使用しないと、駄目な時もある。 役所関係は、戸籍の字でなければ

ならない。 込み入ってる字なので、普通は簡略された字を使っている。

もっと一般的な字を、登録してくれたら、良かったのに、と時折思うこともある。

|

« 特定検診は まだ? | トップページ | 本籍地の変更 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

60歳以上のブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/539341/21692582

この記事へのトラックバック一覧です: 名前について:

» 戸籍の附表とは [戸籍の附表とは]
戸籍の附表とは、正しくは戸籍の附票のこと。戸籍の附票(附表は誤り)には、その人の住所が記録されている。住民票にも住所が記載されているが、住民票の場合、3つま… [続きを読む]

受信: 2008年6月17日 (火) 21時37分

« 特定検診は まだ? | トップページ | 本籍地の変更 »