« 昭和記念公園 | トップページ | メタボコーヒーなるもの »

2008年6月 3日 (火)

楊貴妃という名の桜

 001            アルバムの表紙にもなってるんですが、この桜に

 楊貴妃という名がつけられている。 撮影場所は

 母親が週に一度通院、点滴をしてる、済生会栗橋病院の

 庭です。 世界三美人の一人に似合ってるのか、そうでないのか迷うところ

 ですね。 美しいんだけれども、あまりに楚々として、私のイメージでは

 なんか違うように思います。 花は八重なんですけど、花自体が全然少なくて

 葉に埋もれて、注意深く見ないと気付かないくらいです。 葉と比べると

 わかるように、花も小さく、一個づつしか咲いてないので、普通の八重桜

 のように、賑やかさも豪華さもありません。 けれどよく見た人には、

 美しさ、可憐さ、上品さを感じさせる桜です。 撮影日が5月2日になってます

 ので、一般の桜の終わりごろ、八重桜の咲く前です。

 なんかかわいい子見つけたような、気持ちになりました。

|

« 昭和記念公園 | トップページ | メタボコーヒーなるもの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

60歳以上のブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/539341/21384929

この記事へのトラックバック一覧です: 楊貴妃という名の桜:

« 昭和記念公園 | トップページ | メタボコーヒーなるもの »