« 北山公園の花菖蒲 | トップページ | インターネットがつながらない »

2008年6月14日 (土)

桑の実は食べないの?

 最近自転車を乗ってると、道路が紫に汚れているところに出くわす。

さくらんぼか、桑の実が落ちて、踏みつけられている。 自分が育った

昭和20年代は、養蚕が盛んだったから、桑の木がたくさんあった。 ちょうど

今時分熟し始める。 僕ら山の子は、木に登り、口元を紫色にして食べあさった

ものだ。 20年代の山間部は菓子などは、手に入るはずもなく、主に木の実から

甘味を頂いた。 桑の実、グミの実、しぐれ、李、青梅等、夏休み中の、自然が

くれるおやつだった。 それぞれ種類によって、甘味も酸味も味も違うから

いろいろ食べ比べたものです。 そうしてお気に入りの木を見つけて、おいしい物

から食べつくします。 もちろん庭先に植えてある木は、その家の専有物ですので

あぜ道、山道、少し遠い畑を目指します。 そんな懐かしさもあって、食べてみたりも

しますが、口が奢ってきたのか、種類が違うのか、あまりおいしくは感じません。

桑の実は、ラズベリーに似てると思ったら、やはり英語では、マルベリーという

そうです。 自然食を楽しむ人たちは、ジャムを作って食してるようです。

加工品ばかりに慣れきった食生活を、自然食というか、子供の時代に食べた

野生の食べられるものを、大事にしたくなった、この頃です。

|

« 北山公園の花菖蒲 | トップページ | インターネットがつながらない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

60歳以上のブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/539341/21621531

この記事へのトラックバック一覧です: 桑の実は食べないの?:

« 北山公園の花菖蒲 | トップページ | インターネットがつながらない »