« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月29日 (月)

長時間の自転車乗りは・・・

Blog2008_0923cr0028 旧岩淵水門の、堰堤部。対岸は

領家5丁目辺りかな? 

超高層ビルとの対比が美しい。

Blog2008_09270007 朝霞水門より、朝霞市内の方を望む。

この川は、柳瀬川かな?

あまり長時間自転車に乗りっぱなしは、前立腺肥大には良くないのかな?

この前、往復7時間ばかり乗って、家に帰って、小の方をやろうとしたが、

これが、なかなか出ない。 出たいんだけど出てこない。

下腹に力を入れて、やっと出たが、チョロチョロ。 それも途切れ途切れ。

で心配になり、前立腺肥大を疑って調べてみたら、症状が符合する。

今日まで様子を見ていたが、あまり改善しない。 癌にも進行するやも

知れぬと不安に駆られ、泌尿器科を受診した。 結果、肥大の状況は

そんなに大きいものではないとのこと。 尿道を広げる薬を

処方される。 血液検査の結果は、2週間後に通院したときに、

知らされるとのこと。 これで飲み薬が効いてくれれば一安心かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

四十数年前は?

Blog2008_09270010 2008年9月27日の鹿浜橋。

今から、ウン十年前、19歳の私は、会社のトラックを運転して、出来たばかりの、この鹿浜橋をわたった。 当時、環七は神谷町で行き止まりだった。 付近の仕事を終えた後、開通したばかりの、この橋を渡るためだけに通ったのだ。 今、仕事をリタイアして、遊びで荒川CR

を走り、自転車で同じ場所に来たのだ。  当時は出来たてのホヤホヤの真新しい橋であった。 今は、自分と同じく時を重ねてはいるが、その当時より、ずっと多くの車を走らせて、世のお役に立っている。 自分と重ね合わせることで

なんか感傷的な気分にさせられてしまいました。Blog2008_09270008        岩淵水門の説明書き。

荒川対岸は、川口市で、右上部には、新芝川が流れ込んでいます。 左下方から新河岸川、荒川に沿って、下方に流れるのは隅田川だそうです。 下町都内を流れる隅田川が、ここ北区の岩淵水門から始まってるとは?もっとも、隅田川は旧荒川で、現荒川は人工放水路ということは、昨日の記事にも記しました。これからは、いろいろ歴史にも触れながら、ポタリングして行こうと思いました。                   

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月27日 (土)

ゆっくり荒川右岸ポタ

Blog2008_09270011 左手上が新河岸川、手前は隅田川、青い岩淵水門の向こうが荒川になる。Blog2008_09270012

旧岩淵水門から連なる、前の堰堤を整備して残した所。草刈の碑が建っていた。戦前には、草刈大会が盛大に行われたと、しるしてある。

天気がいいので、10時過ぎに荒川ポタに家を出る。 この前は

河口までと急いだので、今日はゆっくり、気に入った所で止まって、

写真を撮ったり、地図で場所を確認しながら、ポタリングです。

隅田川は元の荒川本流だったこと、洪水を防ぐために、岩淵に

水門を設置、人工の放水路を造ったのが、現在の荒川に

なったことなど、説明書きを読みながらの自転車行です。

橋の名前を知るために、土手上に上がった所が、鹿浜橋だった。

地図を見ていると、一人のサイクリストが声をかけてくれた。

川口住の方で、道案内をしてくれるべく声をかけてくれたようだ。

今日はここから引き返す旨、伝えて謝して別れる。 もう12時だから

途中、休憩軽食などとりながら帰れば、2時頃までには帰宅の計算

だったが、R643から三芳町を抜けて所沢へでるつもりが、またまた

失敗し、結局、3時帰宅になってしまった。 車はナビ付きになり

迷うことないが、脇道に入ると方向がわからなくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

巾着田 曼珠沙華公園つづき

Blog2008_09250013 黒米なんですが、逆光と生育途中のため、あまり良く撮れていません。Blog2008_09250014

山越え途中にある、五常の滝。 5Mくらいの小さな滝ですが

それでも、滝特有の涼しさと、オゾンの発生を感じます。

ここ曼珠沙華公園は、観光バスの駐車場もあるので、

いろんな所からも、季節になりますと集まります。

催し広場では、日高市高麗の物産展も開かれて、

曼珠沙華の苗、黒米の稲穂、花ナス、地元野菜、

飲食コーナーなども、大賑わいでした。

二週間ほどは、ここ高麗本郷の地は、曼珠沙華まつり一色に

なり、休日には、臨時電車も増発される、盛況ぶりです。

それにしても、高齢社会なんでしょうか、善男善女で溢れていたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

日高巾着田の彼岸花

Blog2008_09250010 Blog2008_09250012

 4,5年ぶりで巾着田の曼珠沙華を観にいった。 やはり、すごい!

圧倒される数の存在感、幻想的な赤の群れ、広い、ひろ~い

一面の曼珠沙華の世界。 毎年観てると、人間の感覚なんて

麻痺するのだろう、だんだん慣れてきて、感激しなくなるが、

少し間をおいて行くと、こんなすごかったんだと、前にも増して、

感動する。 それと、年々成長して、株も丈も、大きくなってるから

なお、その勢力に驚嘆する。

 30分くらいで、曼珠沙華の世界と別れて、近くにある低山、

日和田山、高指山、物見山、北向地蔵を経て、ひとつ隣りの

武蔵横手駅に向かう。 このコースは、標高300Mから400M未満の

山々ながら、約3時間の山歩きとなって、初心者や高齢者には、

いい運動となる。 日和田山頂上直下の神社の手前の岩場からは、

今、観てきた所が、巾着の形がはっきりと見える。 前に来た頃より

登山道も広く、登り易く整備されていた。 軽登山靴でなくとも

スニーカーで十分歩ける道になっていた。 平日なので

物見山より先は、数えるぐらいの人と、すれ違っただけの

山歩きとなり、最近歩いてない自分には、十分な運動になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

荒川河口に行く

Blog2008_0923cr0022 Blog2008_0923cr0020_2

  

 かねてより行きたい、行こうと思っていた、念願の荒川河口行きを

 昨日、実行しました。 R463の羽根倉橋から右岸の南下です。

 裏道を抜けて、羽根倉橋に出ようとしたが、なかなか思う所に

 出られず、1時間を費やしたのは失敗でした。 秋ヶ瀬橋から

 CRに出るのにも、手間取ってしまいましたが、朝霞水門を過ぎてからの

 河川敷コースは広くて快適でした。 ただ、先日からの雨水がコースに

 流れ出してる箇所があったこと、車止めがバイク乗りいれ規制のため

 自転車も抜けにくかったのは、少し残念ですが仕方ないでしょう。

 平坦なコースですが、家から片道50KMの距離は初めてでしたので

 最後は少し疲れましたが、河口到着は、達成感と、海風の心地よさに

 満足です。 ずぅっと、その気持ちに浸っていたかったんですが

 帰りが有りますので、30分ほどで引き返しました。 帰り道は

 辛かったです。 へロヘロな状態でペダルを漕ぎ続けました。

 走行約110KM,休憩も含めて、7時間の荒川河口への自転車行

 でした。 次回は時間を十分取って、ポタリングしたいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

不安いっぱいの世の中

Blog2008_09140003

 いつもの公園の水辺です。

 水はかなりきれいで、上流は、正に清流です。

 最近は、明るいニュースがないね。 政治、経済、社会情勢

 未来の展望。 何をとっても、不安材料がゴロゴロ。

 大きな志を持った政治家が現れないかな?

 市場経済の仕組みを、変えることが出来ないのかな?

 人を人としてみられる、当り前なことが、どうして

 薄れてしまったんだろうか?

 まともに働いても、将来に希望のない世に

 どうして、なっちまったんだろう?

 戦後、一団となって、未来を夢見てきたのは、

 こんな世を作るためだったの?

 

 曇天の雨混じりの、こんな日は、気持ちが

 落ち込み、悲観的になってしまうよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

団地の草刈り

Blog2008_09140004

 公園ポタの時に撮った、黄花コスモスのアップです。

 台風13号が逸れながら通過したので、8時過ぎには

 いい天気になりました。 なので予定どおりに

 団地の草刈りをしました。 かなり伸びていたので

 強化PPの紐の草刈り機では、刈り取りにくかったです。

 草片や草の汁や土などが、跳ね飛んできて、

 ズボンや靴も、汚れ放題になります。

 草刈りする男性が、多ければ、こまめに何回か

 やれれば、もうちっとは楽なんですが、なかなか

 そうはいきません。 結局、片付けも全部終わったのは

 12時半を回っていました。 年ごとの役員の時だけでも

 自治会の仕事、行事はしなければいけません。

 やる人と、やらない人の顔ぶれが決まってくるのは

 何処の自治会も同じなんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

最近の日本は?

Blog2008_09080006_2

坂の下地区を、先日ポタした時の、百日紅の群落。

またぞろ、出てきました、政治のほころび。 汚染米を食用として

流通させるとはなにごとかpunchbomb 政治家も、官僚も危機意識が

大きく欠けているannoy 事故米を輸入せざる意味がわからないsign02

また工業用として売買させるなら、何故、経路と追跡を

しっかりしないのだbomb 厳重に取扱い業者に、危険を告知して

使用禁止を徹底しないのかsign02 今や日本の経営者は、良心など

持ち合わせていないのは、これまでの、色んな偽装問題で

明白になってるのにannoy  

結局、政治家も役人も経営者も、漫然とし過ぎている。

今、自民党は、後継総裁選びで浮かれているが、国民は

誰がなっても、あまり変わらないのでは、と冷めきってるのにpunch

官僚に支配されてる行政を取り戻し、「官僚は公僕なんだ」ということを

自覚させなければならないpunch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

リーマンにつづいてAIGもか?

Blog2008_09120018 Blog2008_09120019

先日狭山湖ポタした折に、立ち寄った、山口岩崎地区の瑞岩寺の

阿吽力士像と、水子地蔵尊。

リーマンブラザースの破綻につづいて、米保険最大手AIGも

おかしくなり、公的資金を導入されることになった。

今回はアメリカのみならず、ヨーロッパの経済にも大きな混乱を

招いている。 そもそもはサブプライムローンの焦げ付きが

金融、経済界を立ち直り不能な奈落に陥れた。

自分が少しばかり保有してる投資信託も、どんどん下がる

一方だ。 少しばかりの下げ幅じゃない。 それも殆んど

毎日下がり続ける。 まだ底値を見せてない。 どこまで下がるか

気が気じゃない。 分配金が支払われてるうちは、まだ我慢の

時なのか? あまり下がると、分配金の減額なんてなるやも。

こうぞくぞく経営破綻する会社が出て来ると、収束するのは

いつになるんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月17日 (水)

公園ポタで出会った

Blog2008_09120013 Blog2008_09120016

写真は北野の花畑の百日草のアップと西武ドームの裏側です。

昨日朝方降ってた雨も上がったので、昼過ぎから

公園ポタに出かけた。 例の如く、流してると

同好の志らしき人を発見。 思い切って話しかける。

今日の自転車は、4年製のMTBを改造したものだって。

フレーム以外は全部取り換えた、と言ってた。 すごいscissors

メカに明るいんだね。 自分は得意としてないので、

感心してしまう。 しばらく乗らない時期もあったらしいが、

去年からまた夢中になり、今度はカーボンフレームの

ロードバイクを買ってしまった、と言ってた。 ここ公園には

時々来て、5kmのコースを設定して走ってるらしい。

同じようなこと考える人もいるんだね。 入間川CRや

荒川CRにも行くらしい。 名栗湖にも行ったとは、奇遇?

あの急峻な坂を登りきれるんだから、脱帽です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

訂正 二題

Blog2008_09130008 Blog2008_09080009

 訂正(1) 荒川CR初デビューと過日書きましたが、右岸は

       初めてですが、左岸CRは前に二度ほど

       入間大橋から羽倉橋まで、走ってました。

 訂正(2) 松永氏の別荘の記述で、三様式の建物は

       黄林閣(東久留米の大庄屋の移築)

       斜月亭(書院造、東大寺、当麻時の古材使用)

       久木庵(茶室、江戸初期の武士の茶室)

 の三つの建物を、渡り廊下で結んだもの、でした。

 上の写真は、川越の刈り取り間近の田圃、荒川CRからの

 帰り道で撮りました。

 下の写真は、再び、柳瀬荘の案内板のアップです。

 詳しく知りたい方は、クリックして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

再び電力王の別荘のこと

Blog2008_09080008 Blog2008_09080009

坂の下地区のポタで見つけた旧家(天保15年築)について

もう少し記してみる。 寄棟の屋根の写真と、説明板の写真を

アップする。 写真をクリックすると、拡大しますので

興味のある方は、お読み下さい。 写真の図に有るように

この建物は、黄林閣、久木亭、茶室を渡り廊下で繋いだもの

である。 松永氏が知りえた情報を元に、集められた材料で

継ぎ足していった、大変凝ってる建築物であるらしい。

こんな道路とてないような山の中へ、よくぞ造られたと

感心する。 それだけ松永氏の力と財力と感性の為せる

業かな、と思う、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

荒川CR デビュー

Blog2008_09130010 Blog2008_09130011

天気も安定してきたし、雷雨の恐れもなくなったので、荒川CRを

目指す。 新上江橋の途中から、案内に従って、右岸のロードに出ると

そこには、自転車を愛する人たちが、ロードバイクで軽やかに

走っている。 さすが荒川CR、なかなかの走り心地です。 

爽やかに風をきって、自分なりに、快調に走れます。 もちろん

ロードに乗った先輩方には、軽く抜かれますが、気持ちよさは

変わりません。  吉見町さくら堤公園には、早生種の彼岸花が

終わり間近になってましたのが、記念に撮って来ましたので

アップしました。 そこから少し行くと、吉見町総合運動公園があり

自転車乗りの皆さんが休んでいましたので、自分も休憩を

とりました。 調べますと上江橋より、約20kmくらいになりますので

十分に休んで、飲料水で体を回復させて、本日は引き返すことと

しました。 途中、圏央道の工事中の橋脚が有りましたので

アップしました。 荒川CRを走ってるうちは、元気だったんですが

一般道に出てからは、だんだん疲れてきました。 川越、上福岡を

抜けて、所沢の自宅に帰りつきました。 途中、疲労困憊の時に

食べたコンビニアイスの、うまかったこと! 自分は積算メーターを

付けてないのですが、往復70km位走ったんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

狭山湖・多摩湖ポタ

Blog2008_09120014 Blog2008_09120017

上は狭山湖、下は完成間近の多摩湖堰堤。

所々にある、農家直営の野菜売場でも覗こうと、軽めに出かけた

ポタでしたが、何処も売っていなかった。 五か所くらい回ったが

全然駄目、どんどん行っちゃって、ついに狭山湖堰堤まで行きついて

しまいました。 時期的に、地場の野菜は終わりなのだろうか?

7時半に家を出たので、寄り道しながらも、8時半には到着。

朝の湖面は青く静まり返って、きれいです。 もうここまで来たら

多摩湖自転車道に行くより、しょうがありません。 久しぶりの

自転車道は、平日の朝ということもあり、人も少なくて走り易いです。

なんだかんだいいながらも、少しは脚力が付いたみたい。

前はいっぱいいっぱいに登った道が、さほど苦労せずに

走れました。 多摩湖堰堤の見晴らし台は、工事のため

閉鎖されてたのは残念ですが、もうあと6ヶ月くらいで通れる

ことでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

重文指定の家

Blog2008_09080001_2 Blog2008_09080002

坂の下という地区をポタっていたら、国指定重要文化財になってる家に

出会った。 坂の下は、殆どが名の示す通り、所沢市の東端の低地に

あるんだが、一部、坂の上にもある。 関越所沢インター付近も坂の下の

地名である。 それの東寄り、R245近くの雑木林の中に、その家は

あった。 説明看板によると、昭和5年に松永安左ェ門氏が、東久留米の

大庄屋の家を移築し、別荘として使ったらしい。 庄屋の家は、天保15年

(1844年)築だから、160年以上経った家ということになる。

今でも山の中という感じだから、当時は推して知るべしかな?

見晴らしは今は木々にさえぎられて効かないが、当時はどうだったの

だろうか? 電力王と言われた松永氏は、誰と此処で会ったのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

水車が回った

Blog2008_09080003 Blog2008_09080005

この間、取り換え工事中の水車を見に行ったら、無事に作動してる。

前のと比べると、回転数は減少して、羽が大きくなったんだろう、

水の掻きまわしが大きくなっているようだ。 これで前よりも

池の浄化が良くなるのか、見ていきたいと思う。

昨日あたりから、陽射しはあるが、湿度がかなり低くなって

蒸し暑さが無くなったのは、嬉しいことだ。 今週いっぱいは、

用事があるので、まだ遠出はできない。 相変わらずの近所ポタ、

公園ポタで少しばかり、乗ってる状態で、運動にもなってない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

残暑厳しい折

2008_09030002 2008_09030003

航空公園の水辺です。 いったん涼しくなってからの暑さは、

もう一回、仕切り直しという感じで、なかなかに堪えますね。

そんな訳で、涼を求めて、水辺のアップです。

自転車の早朝周回は、日の出の時間が遅くなり、車の通行も

増えたので、先週の雨以来、やっていません。 新しいパターンを

と思いながら、近所ポタ、公園ポタで、お茶濁しです。 もう少し

涼しくなったら、遠めのポタをやろうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

道の駅・五霞

幸手からの帰り道、妹に案内されて、「道の駅 五霞」に寄って来た。

地元産の野菜、果物、豚肉、菓子等が販売されている。 野菜は新鮮で

安い。 市場を通さないで、直接出すから、安くなってるのだろう。

なので普通はスーパーなどで、売ってないものが、置いてあるから

嬉しくなる。 葉唐辛子があったから、買い求める。 佃煮ように

煮付けて食べよう。 田舎では食べてたが、こっちへ来てからは、とんと

見かけないから、懐かしくも感じた。 時々寄ってみて、珍しいものを

ゲットしようと、思う。2008_09030008                        

航空公園のバスケ設備。 休日は賑わっています。

新所沢へ買い物ポタへ行く。 駅周辺に行くには、自転車は便利だ。

さっと行って、さっと帰って来れる。 駐車場の心配もいらない。

一旦、帰って来て、公園ポタに行く。 平日なので空いてるし、天気も

丁度いい。 腹筋ベンチで、20回ほどやったり、池の撹拌水車を見たり

して、軽めに4周で終わりにする。 だんだん楽こいてる感じです。                      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

公園ポタに行ったよ

2008_09030006 2008_09030007

公園の池では、水を掻き回して、酸素を取り入れる、水車の

交換を行っていた。 前の機種は、どんな不具合があったか

わからないが、2基とも取り換えのようである。 

設置終了までは、時間がかかりそうなので、また後日に

アップしようと思います。

先週の雨の時とは、うって変わって、真夏に逆戻りしたかのような

天気である。 今日も公園内を、軽く6周して終わる。

6周くらいだと、腰も痛くならず、すこぶるいい調子なんだが

運動の効果としては、どうなんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

市役所展望ロビー

2008_09020002 2008_09020001

 市役所の展望ロビーからの風景です。 所沢市街の方は、どんどん

 超高層化が進んでいます。 ビル群の無機質な景観が蔓延ると

 緑の樹木の大切さが身に沁みて、感じられます。

 上から眺めますと、視界に緑が入ると、ホッとした気持ちになれるのは

 色の持つ効果が、本能に働きかけるからなんでしょう。

 久方ぶりに、公園ポタに来てみました。 路上と違って、緊張感と

 走り終わっての達成感が欠けるのは、致し方ないでしょう。

 軽めに6周して、市役所へ行き、展望ロビーへと、赴いた次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

所沢駅東口

2008_08270002_2 2008_08270003_2

写真は東口駅ロータリーと駅入り口です。 モニュメントの後ろの木は

この辺の地名になった、楠の大木です。 その後ろの建物は

くすのきホールといい、スーパー、催事ホール、進学塾等が入ってます。

東口が整備される前は、久米、北秋津等の地名が、突然くすのき台に

変わったのは、何か由来があったのでしょう? 西口に比べると、東口は

住宅地域なので、あまり進化発展はありませんでしたが、東口改札、西口

への通り抜けが出来るようになり、駅前も、だんだんと賑やかになって

きました。 ただ、駅より少し離れると、昔の静けさがあります。

やっと、特定検診の通知が来ました。 けど自転車も雨空に、かこつけて

サボりがちな日が続いたので、お腹周りもだぶつき気味です。

強めの自転車漕ぎをして、引き締めないといかんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »