« 泰葉さんのブログでは・・・ | トップページ | 仏作って魂入れずか? »

2008年10月24日 (金)

宝くじ1億円以上の確立?

Blog2008_10220011公園に住み着いてる猫。 猫好きな人が餌を与えてるから、丸々としてます。 この右側には段ボールハウスも作られてるから、雨も凌げます。 ゆっくり近づく分には、逃げないので触ることもできます。

にゃんとも幸せそうな猫くんです。Blog2008_10220019

再び金木犀の白花です。 白花を付けない樹もあるのは、どうしてなんでしょう?

2億円の宝くじに当たった人が、殺されていたことを告げる

ニュースが放映されている。 1等に当選したときは、最高の

幸運であったろうが、その幸せは、たった2ヶ月で終わった。

1億円以上の当たる確率は、285万分の1であるらしい。

そんな選ばれた人が、悲運の方でも選ばれてしまった。

突然に大金を手にしたら、嬉しくて誰にも知らせず黙ってる

ことは、なかなか出来ないし、また行動にも出てしまうだろうから、

どうしても、ばれてしまうだろう。 高額当選者になったばかりで、

その後不幸になってしまった人も、多々いるように前から

言われてるのも事実ですね。 金を持っていれば、身内、知人、

果ては寄付金目当ての人、等々たかられるのは必定です。

そのため、人間関係が壊れてしまって、不幸になることもある

ようです。 でも、うまく使いこなして、幸せになった人もたくさん

いる筈です。 そうじゃなかったら、宝くじは不幸の源になって

しまうでしょうし、社会悪と見なされてしまいます。 

年に2度ほどしか購入しませんが、いつかそんな幸運に

巡り合わせるのを夢見ている自分です。

|

« 泰葉さんのブログでは・・・ | トップページ | 仏作って魂入れずか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

60歳以上のブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/539341/24715187

この記事へのトラックバック一覧です: 宝くじ1億円以上の確立?:

« 泰葉さんのブログでは・・・ | トップページ | 仏作って魂入れずか? »