« オバマさん、大勝! | トップページ | 1か月の生活費、1000万円 »

2008年11月 7日 (金)

大平光代自叙伝を読む

栗橋町で会った花たち。

Blog2008_10170017

Blog2008_10170016

母の点滴治療の合間に、近くをぶらぶら。

農道脇にコスモスが咲き誇ってました。

朝方は小雨模様なので、先日図書館で借りた本を読む。

大平光代さんの書いた「だから、あなたも生きぬいて」を読む。

ずうっと前に、新聞で宣伝してたのを覚えている。

中学時代の、いじめで切腹自殺を図り、それでもいじめに

合って、非行の道に入る。 極道の妻になり、背中に

刺青を彫るも、知人の説得で立ち直る。

宅建、司法書士と資格試験をパスし、通信制大学を

終了し、司法試験に挑む。 中学では、音楽、図工以外は

普通以下の成績だったから、勉強は基礎からやり直した

ようだ。 中卒で、やくざな世界に入り、極妻から

一念発起して弁護士になったのだから、すごいに尽きる。

司法試験は、一発で合格したのは、いじめに対する

復讐の念が形をかえ、猛勉強となったのだ。

もっとも、後に養父となった大平氏の励ましと支えが

あってのことだが、人間の能力の無限なるを感じた。

|

« オバマさん、大勝! | トップページ | 1か月の生活費、1000万円 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

60歳以上のブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/539341/25113304

この記事へのトラックバック一覧です: 大平光代自叙伝を読む:

« オバマさん、大勝! | トップページ | 1か月の生活費、1000万円 »