« 狂い咲き | トップページ | またもひき逃げ、引きずり殺人 »

2008年11月16日 (日)

渋井陽子、敗れる。

最後となった東京国際女子マラソンをテレビで見る。

渋井陽子が、最初からガンガン飛ばして走り、

25kっまでは、このままゴールまでと思わせたが、

35kmの坂で失速、結局4位でゴールする。

前回もそうだし、高橋尚子も最後に失速ということが

あったが、どうして前半抑えて走らないんだろうと思う。

練習過程で、あまりに調子良すぎたから、こういう

走りになるんだろうか? そういうこともあるんだろうが

渋井も、高橋も、スターだからの走りなんだと思う。

前半、集団の中で我慢して、後半のために

力を温存する走り方は、二人には似つかわしくない。

力の下の人が、後半勝負する方法を採るが、それは

それで妥当である。 スターは最初から飛ばして

ぶっちぎりでゴールテープを切る。 だからスターなんだ。

だから華やかなんだ。 だから人々は喝采するんだ!

けっして、今日優勝した尾崎好美を否定するものでは

ないが、スターとは違うように思う。

Blog2008_10280058 Blog2008_10280057 

昭和記念公園の日本庭園。

過去画のため紅葉前です。

|

« 狂い咲き | トップページ | またもひき逃げ、引きずり殺人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

60歳以上のブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/539341/25384699

この記事へのトラックバック一覧です: 渋井陽子、敗れる。:

« 狂い咲き | トップページ | またもひき逃げ、引きずり殺人 »