« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月28日 (日)

しばらくの間、ブログを休みます

前にも書きましたが、母の病状が良くないので、

病院に詰めてる日が多くなっています。

また更新できるようになりましたら、

宜しくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

母の病状

昨日夕方に、妹より母の病状の悪化と、

担当医の説明が有るから、来てくれとの

連絡が入り、嵐のような雨の中、栗橋の

病院に向かう。 雨と帰宅ラッシュのさなか、

3時間弱もかかり、到着する。 行きついた当初こそ

意識も微かながらあって、反応してくれたが、直に

意識が落ちてしまい、あわやとも、覚悟する。

自分の到着が遅れたため、担当医との時間がずれて、

結局、9時過ぎに説明を聞く。 癌が脳の方に転移して、

意識障害を起こしてて、覚悟はしてて下さいとのこと。

痛みは、意識障害のため感じないのか、全然訴えない。

11時過ぎまで居たが、変わりないので、姉妹に後を託し

病院を出る。 翌朝、交替するべく、7時に顔を出す。

母は思いがけなく、意識も回復し、話すことも

はっきりしていた。 けど、危険な状態にはかわりない。

Blog2008_12180022

権現堂調節池のモニュメントと行幸湖の刻碑。

Blog2008_12180034

幸手の弟宅、近くのミカンと柿のある家。

最近、幸手界隈では、大小種々のミカンが

大豊作だ。 これって、温暖化の所為?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

97歳の日野原重明さん

日野原さんはエスカレータで登って行く人を

階段を駆け上がって、追い抜くんだって。

歩く歩道を、歩いてる人を、普通の通路を通って

追い抜いたりもしてるらしい。 睡眠時間は4,5時間。

週に2日くらいは、2,3時間でも大丈夫らしい。

同時に二つのことをやったり、右左、違うことをやったりも

してるらしい。 食事は1300キロカロリーで押えてるんだって。

仕事を集中してやれば、空腹は感じないのだそうだ。

而して、自分は食べ過ぎ、寝過ぎ、何にもやらな過ぎなんだね。

  行幸湖の風景

Blog2008_12180020

Blog2008_12180031

Blog2008_12180033

Blog2008_12180021

Blog2008_12180032

行幸湖の大噴水の台座は、県の鳥シラコバトと勾玉を

モチーフしたものらしい。 五つの台座からも噴水してるんだが、

終わってしまってたので、主噴水のみになってしまった。

下の写真は、湖の水の浄化のために、人工島を筏を組んで

つくり、植物を育てるプロジェクトの活動です。 

今は枯れ草なので、ゴミが浮かんでる様にしか見えないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

初冬の権現堂桜堤(2)

Blog2008_12180027

曼珠沙華の葉も、生き生きとして年々その株を

大きくなってきました。 

秋には見事に赤の世界を、演出します。

Blog2008_12180029

初夏には紫陽花が咲き誇ります。 

今は枝を刈られて、休眠中です。

Blog2008_12180023

Blog2008_12180024

Blog2008_12180025

そばを流れる中川の様子。 上の画像には白鷺が

写ってます。 架かる外野橋は、吊架橋なんですが

横からの絵じゃないと、わかりませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

初冬の権現堂桜堤

母を病院に見舞いに行く前、時間が有ったので、

権現堂桜堤を散策する。 桜の季節の春は、

老若男女、人で溢れかえる堤も、今は自分と同じ

中高年が体のケアのため、ちらほら行き交うのみである。

Nec_0031

Blog2008_12180026

桜と菜の花が満開の春と、今初冬の同じアングルからの

画像です。 このまま冬を越して、あんなに見事に

花を付けるんでしょうか?

Blog2008_12180028

Blog2008_12180030

戦争で切り倒されて、戦後に植えられた、今の桜も

齢60歳を過ぎて、老木となり、所々に祠のあいた樹や、

朽ちかけた樹も、目立ってきてます。 ですが枝ぶりは

老木なりの味わいがあり、花を、より際立たせてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

アメリカのゼロ金利って すごいことなの?

アメリカが史上初のゼロ金利政策を発表した。

去年の夏ごろは、7%もあった金利は、屈辱の

背に腹を変えられないことでの、ゼロ金利施行となった。

米ソ冷戦を経て、世界のリーダーを自負してきたアメリカも

今回の経済崩壊は、それほどまでの打撃なのだろう。

その効果たるや、ニューヨークダウ平均は、一気に上がり、

円も一時88円の前半まであがった。 このまま放っておくと

まだ上がるだろうとのことで、日銀も利子を下げるかどうか、

問題になっている。 ただこのまま手をこまねいていれば、

企業の損失は増え、生産調整に入るから、失業者続出、

会社倒産、消費沈滞で、日本の経済は立ち行かなくなって

しまう。 あまり難しいことは判らぬが、消費を活発するような

日になってもらいたい。

010

011

春時の御幸湖と中川越しの権現堂桜堤。

今日、幸手に行くので、今の姿と比較してみよう

と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

渡辺淳一氏の作品を読んで

このところ立て続けに、「失楽園」、「愛の流刑地」を読んだ。

テレビでドラマ化されたのは見てるが、何かすごくエロい

という印象のみが残ってる。 で、刺激的な小説ということで

読んでみた。 が、原作は、作者の力量なんだろうか、

一気に読ませる。 しかし中味は重い。 読後は厭世的になり

頭はモヤッとして熱を帯びた状況になる。 

「愛」の究極=「性愛の極致」=「愛死」という公式が

成り立ってしまう。 感覚的にはわかるが、苦しくなってしまう。

まぁ、現実的にはなかなか成り得ないことではあるように思う。

恵まれた経済力と時間、何よりも合致する性と精神。

そのいづれかが欠けても、成り得ない。 でも、何百万分の一

ぐらいでは、合致する男女が居るんではないんだろうか?

しかし、そんな事件は最近は起きてない。 みんな理性的に

なったんだろうか? 人生における重きの的が違って

きたんだろうか? かってあった、高橋お伝、有島武朗、

松井須磨子事件の時とは、心の有り様が変わってしまったんだね。

それを人類の進歩と言うのだろうか、ちと寂しい気がする。

Blog2008_12120026

所沢聖地霊園のエントランスの花壇。

季節、季節で変わります。 冬はパンジーですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

度重なるリストラ、解雇の波

ソニー、トヨタ、いすゞ、キャノン、パイオニアと、どんどん

続いて留まることを知らない。 こんな非常事態は

かってのオイルショック以来と言う。 そのときは

文字通りオイル不足による不況であったから、その問題

さえクリアすれば、元に戻れるという見通しがあったが、

今回のは、世界金融破綻に元を発してるから、

どうなることやら、いつから好転するか、全然わからない。

しかして、日本の名だたる企業が、主に外国で事業を

展開してる会社ほど、損失が大きく、生産縮小を

余儀なくされている。 なので、その影響たるや、

前例なしの事態となっている。 派遣、期間社員は勿論

正社員までも、解雇される事態です。 もちろん、大会社を

支えてきた中小の下請け会社も、ほとんど受注がない状況。

そんな非常事態なのに、国会では麻生さんの失言、癖などに

突っ込んでいる。 そんなんで日本は大丈夫なの!?

Blog2008_12120023

Blog2008_12120024

Blog2008_12120025

また撮り置きの画像でごまかしです。

上より、2色のピラカンサス、ミニハボタン、ポインセチアを主の

盛り籠です。 今の時期は、コンデジでは対象が無くて困ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

ガソリンは、まだ下がるのか?

一時200円超まで上がったガソリン価格は、ここ3ヶ月で

約半値まで下がった。 ここまで下がってくると、過って、

あれ程問題になっていたガソリン等に係る暫定税も

関係無くなって見える。 あの高値は何だったんだろう?

結局、石油が投機の対象とされ、金融市場で弄ばれ、どんどん

高騰して、儲ける人たちがいたんだろう。

10月からの、経済市場の崩壊により、投機マネーも

市場より去り、また円高にも支えられて安く買いつけることが

できた。 不景気感の横行も、スタンドの安売り合戦を煽って

低価格になっている。 暫定税の不合理も吹っ飛ばした現況

ではある。 円高が、まだ進み維持されるなら、もっと下がる?

  ホームセンターの園芸花

Blog2008_12120020

Blog2008_12120021

Blog2008_12120022

上から、デンドロビューム(スイートキャンデー)

八重のカランコエ、リーガベゴニアと名があった。

散策時に撮るものがないので、急場凌ぎです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

3億円事件 パート(2)

昨夜フジテレビで、3億円事件を、担当した

齋藤刑事の目を通して見た番組を視聴する。

自殺した少年の筆跡鑑定が白と出て、強引に

拘束も適わず、躊躇してる間に、自殺されたこと、

警察上層部よりの、待ての支持は、犯人が身内から

出るのを恐れてのことか? 何で警察官の父親が

青酸カリを都合よく調達してたのか? 少年と付き合いの

あった人の中で、ただ一人金遣いが荒くなった人がいたこと。

都内にマンションを買ったり、ハワイにコンドミアムを

持ったりした人を、番組は追っかけたが、行方がわからなく

なっていたことなど。 齋藤刑事の眼は、少年が犯人と

一貫していた。 警察組織は、今も時々、現場の捜査を

打ち切らせることがある。 内部の失態とか、上層部の

保守的な思想が、問題の解決を邪魔してるように思う。

  初冬の散歩道

Blog2008_12120017

所沢斎場のお庭、お休み処。

Blog2008_12120018

整然と並び植えられてるから、街路樹用のケヤキだろうか?

Blog2008_12120019

完全なる倒木ではない。 反対側のヒノキの肩を借りて

まだ十分生きている楡ケヤキかな? 

来年初夏になったら、確かめてみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

アメリカのビッグ3が倒産?

米国上院議会で、ビッグ3救済法案が、審議できず

廃案になってしまった。 まだいくつかの救済方法は

あるらしいけど、年内には目途がつかなくなったようだ。

自動車労組が、自分等の賃金カットを認めないことも、

法案が通らなかった、原因の一つとなったらしい。

一番責められるのは、経営陣であることは間違いないが

会社存亡の危機に際しても、強硬に自分等の利益を

守ることに固執する労組も、どんなもんだろうか?

自ら、己の首を絞めることにはならないか、と思う。

もしビッグ3の倒産なんて、考えにくいが、なったら

世界の経済が、滅茶苦茶になってしまうだろう。

早いうちの解決を望まずにはいられない。

  初冬の雑木林

Blog2008_12120014_3

Blog2008_12120015

Blog2008_12120016

近くの林を散歩しました。

この辺りは、コナラ、クヌギの雑木林です。

すっかり葉を落としたわけではなく、モミジはまだ紅葉してた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年12月12日 (金)

石川遼君は、すごい! no2

前にも書いたが、遼君はすごいね、の一言に尽きる。

17歳で1年間の獲得賞金が、1億円超とはね。

自分等、薄級の身には、なんとも羨ましくもあります。

ほぼ生涯所得にあたる金額を、高校生が1年で得たとはね。

今までも、高額所得の人はたくさん居たが、デビューした年に

達成とは、これまでにない快挙であり、インパクトを感じます。

それにインタビューの受け答えも、高校生とは思えないですね。

こんなに自分の力を発揮できる若者もいれば、社会と未来に

背を向けた若者もいる。 これも格差社会ですか?

  盆栽園の過去画像

Blog2008_10280065

Blog2008_10280066

Blog2008_10280063

昭和記念公園の盆栽園の過去画像です

Blog2008_10280002

記念公園に行く途中の山口観音の五重塔。

多摩湖自転車道も近くにあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

3億円事件

40年前の今日が、府中で起きた3億円強奪事件の

日だと言う。 私はその時分、測量士補の資格を取るべく

新宿にある夜間の専修学校に通っていた。 

教室で級友に、その事件を知らされ、驚愕と興奮の

極みに昇り、授業中も気もそぞろになっていたと

記憶している。 休憩時間も、授業後も、事件のことで

持ちきりだった。 24歳の自分がそこにいた。

結局、一番疑わしい19歳の少年が自殺「?」をしてしまい

未解決のまま時が過ぎた。 その少年の父親が、白バイ

警官だったこともあったのか、最後は尻きりトンボに

なってしまった印象だ。 その当時の3億円は、

現在に換算すれば、90億円ともなると言う。

その金は、どこに消えたのか、今もって謎のままです。

  未掲載の公園画像

Blog2008_12030036

展示飛行機、YS48型機

Blog2008_11300027

Blog2008_11300018

没画像ですので、見るべきものはないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

地縁、血縁、仕事縁

最近いろいろ悲しい事件が頻繁に起きてる事に

対して、確かコメンテーターが言ってたのが

今日のタイトルです。 初めの「地縁」については

昔とはかなり違ってきてる。 自分の育った田舎では

地域の共同作業なるもの(道普請、堰普請、草刈等)があって

煩わしさの一方、関係は密であった。 また年末には

「けいやく」と言って隣組順番に当番がきて、酒肴付きの

反省会、忘年会のようなことをやっていた。 そんなことで

地域の人々が情報交換をしたりしてたから、お互い認め合って

理解し合ってたように思う。 引き換え今は、地域活動、

地域参加の行事が無くなってしまい、各々自分勝手なことを

している。 多少は面倒でも、そういった付き合いがあって

人と人の結び付きがあり、精神状態がうまく保たれていたのかな。

現在、地縁は勿論、血縁、仕事縁さえも薄くなったのは、

寂しく残念なことである。

 今の公園

Blog2008_12030038

すっかり葉を落としてしまったユリノキ。

Blog2008_12030044

今咲いている、ヤツデの花。

どうして今頃咲くんだろう?

あまり賑やかしにはならないから、季節に合ってるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

母の再入院

癌が骨へと転移して、立てなくなったと妹より

連絡が入り、土曜日は休診なのだが、

緊急診療の連絡を病院に入れ、診察をしてもらった。

なので急きょ入院と相成った。 痛みがかなり

強かったので、痛み止めの点滴をしていただく。

夜には少し軽くなったものの、依然として痛むらしい。

かなり広く転移進行してるようで、痛みは止められても

再び立てるかは、悲観的にならざるを得ない。

そんな訳で、妹に後を託して、昨日、栗橋より帰る。

 

 名残の紅葉

Blog2008_11300034

家のベランダからの秋景色。

これくらいが最高か? 過ぎると只の枯葉色になるだけ。

Blog2008_12030028

公園の池の、秋風景。

森閑としてます。

Blog2008_12030032

ダイヤモンド紅葉が撮れました。 カメラをのぞいてる時は

縦に光軸が通ってたんですが、消えてます。

Blog2008_12030037

公園のイロハモミジ?の紅葉。

画像はすべて3,4日前のものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

アリス=沙良・オットー

テレビ欄の「徹子の部屋」の番組表に「アリス」と

書いてあったから、あの谷村さんのグループ

だと思って観たら、20歳の美しく、可愛いハーフの

ピアニストだった。 4歳から始めたと言うピアノは

びっくりする音色、感情表現だった。 音楽にも

音痴な自分ではあるが、そんな感性の人も

虜にしてしまう、感嘆に値するお嬢さんだ。

今年はこれから日本各地で、オーケストラによる

コンサートツァーを行うとのことです。

 トウカエデの紅葉

Blog2008_11230007_2

南駐車場のトウカエデ(1週間前の写真)

Blog2008_12030023

早くに紅葉したトウカエデは、もう散ったり枯葉になったが

この木は、今が一番見頃です。 他のモミジと違い

樹の上部よりだんだんと紅葉するので、彩りの

グラデーションが楽しめます。

Blog2008_12030024

Blog2008_12030035

この2枚はコナラの黄葉です。 これを書いてる外は

すごい強風が吹いてます。 これらが今年最後の

紅葉となるんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

年の瀬不況は・・・

アメリカの自動車産業が、不況で大変なことに

なっている。 600万人が職を失い兼ねないらしい。

日本の自動車業界も、車が売れないため、

生産縮小で、熟練の期間工が大量に解雇された

とある。 これから年の瀬を迎えるに当たって

大変なことである。 政治家も、1万2万の金を

ばら撒くんじゃなく、もっと抜本的な政策をと願う。

  初冬のメタセコイア

Blog2008_12030027

メタセコイアの幼木、いや少年木かな?

Blog2008_12030029

Blog2008_12030030

Blog2008_12030031

メタセコイアも黄葉、茶葉してきまして、いよいよ冬の

入口に入りかけたようです。

公園の色の世界も、灰色と黒の世界に

なりかけて、もの寂しさを感じてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

帰って来たクロちゃん

Blog2008_12030039

Blog2008_12030040

2週間ぶりにクロちゃんが帰っていた。 連れて行ったものの

あまりに馴染まないので、また連れて来たのであろうか?

ネコには犬と違って、帰巣本能はないだろうから、自身では

帰って来れまい。 ホームレスの人も暖かい部屋を

世話しても馴染めなくて、元に戻るのを見たことが有る。

ましてや、生まれた時から公園で生きてきた猫なんだもの。

温情は時として通じない場合もあり得る。

残照の銀杏

Blog2008_12030041

Blog2008_12030042

Blog2008_12030043

晩塾の銀杏が午後の日差しで輝いていた。

はらはらと金色の葉を舞い散らせながら。

下の写真は、右側に落ちる葉も写ってるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

年賀状の作成

初めて写真入りの年賀状を作ろうと思い

パソコン保存の写真を見る。 冬景色とか

富士山とか、日の出とか、梅とか、干支の牛とか

になるんだろうけど、デジカメ買って日が浅いもの

だから、ふさわしいものはない。 結局パソコン

フォトギャラリーに付いてた富士山の写真にする。

ブルーが基調の冬の富士なので、

ちょっと暗い感じだが、まぁ、いいか。

Blog2008_11230006

自宅から撮った富士山の遠景。 これじゃだめでしょ!

あまりにも日常過ぎている。

Photo

で、これに決めたわけ。 初冬の冷気が感じられて

いいかなと思った次第です。 パソコンで見るより

プリントされたものは、少し暗くなりますが、

これは仕方ないですね。 パソコンは光源を通して

見てるのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

菊花 その2

Blog2008_11300028

Blog2008_11300029

Blog2008_11300030

Blog2008_11300032

Blog2008_11300033

公園内をウォーキングしてたら、線路の反対側に

賑やかに咲いてる花を見つけたので足を延ばす。

マンションで場所がないからか、線路の柵内で

栽培してる様子。 盛り過ぎたのもあったが、

今が盛りの花だけ撮って来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »