« 定額給付金の交付が始まった | トップページ | 健康宣言より一カ月過ぎた »

2009年3月 9日 (月)

「おくりびと」を観る

過日幸手に行った時、「おくりびと」が上映されてると、妹より聞きエムズタウンのシネコンに

行った。さすが話題の映画とあって、上映30分前に行ったんだが、席は前の方しかなかった。もういくらも残り席が無かったから、多分完売したんだろう。6日までの上映が13日まで

延びたと後になって聞いた。邦画の話題作だからだろうか、客は中高年が多い。

もっとも平日だからなんだろうけど。それにしても、よく集まってくるものと驚く。

画像は冬の庄内平野と、雪景色の山々が美しい。映画は本木君扮する納棺師の

所作は、おごそかで美しく、心のこもった死者に対する扱いには、感動する。

しかし映画でも描いていたが、遺体を扱うことへの周りの抵抗、忌み嫌われることは

どうしても付いてくる。奥さんからも友からも、反対、軽蔑されることとなる。

映画だから、また外国の映画祭だから、なおいっそう、納棺師の心と所作が

美しいものと、とらえられたんだろう。実際、あんなにも素敵な納棺師っているのかな、

って思ってしまう。母の場合は、別の場所で死化粧され、綺麗になって帰ってきたから。

映画は監督や演技者の思い入れが深いもので、実際よりは美化されているんだろう?

Blog2009_03050017

権現堂堤もきれいに舗装され、桜の開花を待つばかりです。

Blog2009_03050018

行幸湖には鵜がたくさんいました。

ワカサギを狙ってるのかな?

Blog2009_03050023

湖の近くにあった、ユーカリの大木。

近くの木々と比べても、その大きさはすごい!

|

« 定額給付金の交付が始まった | トップページ | 健康宣言より一カ月過ぎた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/539341/28539544

この記事へのトラックバック一覧です: 「おくりびと」を観る:

« 定額給付金の交付が始まった | トップページ | 健康宣言より一カ月過ぎた »