« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月28日 (日)

マイケル・ジャクソンの死

マイケル・ジャクソンの死が報じられた。自分は、音楽に詳しくもないし、音楽を聴く耳も良くはない。だが、彼の功績が偉大なことは知ってる。

彼は自宅で心臓停止の状態になり、病院へ運ばれたが死んだと言うことだ。

原因としては、鎮痛剤の乱用にあるらしい。この薬は、効き目が強い分、副作用も強く、日本では麻薬に指定されてる、とあった。

何故彼が、こんな薬を使わなければならなくなったのか?度重なる整形手術の後遺症なんだろうか?

何故、彼は何度も、何度も整形せざるを得なかったんだろう?何故に白人になろうとしたんだろう?立派な業績を上げてる彼が、黒人のままで居られなかったのはどうしてなんだ。

あのデビューした当時の、可愛らしい顔を捨て、白い怪人となって、何かいいことが有ったとは思えない。彼の心の内を聞いてみたい。

死と引き換えに、手に入れた顔は、まさにデスマスクとなった。やっと、彼は心安くなれたんだろうか?

Blog2009_06270011

Blog2009_06270012

彩翔亭のアナベルも大きく成長しました。重すぎて、頭を垂れて、地面に付きそうになってる花もあります。

| | コメント (0)

2009年6月27日 (土)

万葉植物園

図書館にある万葉植物園に行く。造った当初は、植物と万葉集の和歌を対比させて、説明書きなども示していた。

最近は、万葉歌はあれど、植物が消失してしまってるものが多くなった。せっかく造った庭園なのだから、管理整備してくれればと思うが、人材不足なんだろうか?

それとも、創成期のスタッフがいなくなり、その方針が変更になってしまい、誰も手をかけ無くなってしまったのか。このまま植物が廃れて、無くなって行くのが惜しい。

Blog2009_06270007

Blog2009_06270008

万葉植物園に咲いた、タイサンボクの花。もう終わりかけですが、下の方で咲いてたので、前にもアップしましたが、再び登場。

Blog2009_06270009

Blog2009_06270010

やはり、万葉植物園の中で。トラノオでしょうか?小群生してましたので、撮ってみました。ここだけに、静かな時が流れているようです。

| | コメント (0)

2009年6月26日 (金)

「劔岳 点の記」を観る。

[劔岳 点の記」を観に行った。立山連峰での200日以上のロケによる実写である。嵐の中の撮影、吹雪の中での撮影、実際に雪崩を起こしての撮影、さすがに迫力満点である。

切り立った岸壁を攀じ登るシーンでは、真下から、真上から、反対側にカメラを設置しての撮影と、スタッフ、俳優陣の大変さは激しいものだったろう?

自然現象を対象とする撮影は、その時が来るのをじっと待たねばならない。吹雪のシーンを撮るのに、そうなってくれない時など、何度もトライしたに違いない。

木村大作監督の拘りと、執念がこの過酷な撮影を成し遂げたのだろう。

おかげで、勇壮な立山連峰の四季、自然(度々登場する、雷鳥など)、壮大な景色を目の当たりにすることが出来た。

それに、時代が明治なので、登場人物が、愚直なまでもの遂行感、責任感でいっぱいだったのが、薄っぺらな現代と比較して気持ちがいい。真に明治の男の気概の物語だ。

Blog2009_06220009

Blog2009_06220015

権現堂堤の過去画像。梅雨時の花、紫陽花もそろそろ終わりですね。花期が長く、色とりどりですが、何故か静寂さを感じさせてくれる花です。

| | コメント (0)

2009年6月25日 (木)

東国原知事の言動

東国原知事はすごい!自民党の長老に対して、あれだけの事を言えたのがすごい。お笑いから、政治家に転身して、僅か2年で大物と渡り合えるのがすごい。

思いあがりとか、身の程知らずとか、いろいろ言われるが、交換条件が凄い。総理大臣候補として、戦う覚悟がおありかと。

余りに反応が大きいので、少しトーンダウンはしたものの、最初の意思は、はっきりと通している。何年も政治家をしている党員は、「何を戯けたことを」と心の中では、皆、思ったに違いない。なめられてると感じた議員も少なくはないだろう?

これは、東国原知事の、一人クーデターじゃないんだろうか?どれほどの賛同者が出るかは、疑問ながら、本人は大真面目にアドバルーンを上げて、様子を見ている。

誰でも、東国原知事が、総理大臣になれるとは思っていまい。ただ、これぐらい思い切ったことをやらなければ、政治を変えることができない、とは思ってしまう。

これで、今の政治家が、何を思うかが知りたいものだ。何も考えず、今まで道理だったら、その議員は、国民から見限られても致し方ない。

Blog2009_0625sakurannbo0002

田舎から、サクランボが届いたとの電話があり、昨日午後より、もらいに幸手まで行く。今度のは、佐藤錦だから、甘くておいしい。やはり、サクランボの王者だ。

Blog2009_06220010

Blog2009_06220013

Blog2009_06220014

幸手権現堂堤のオカメアジサイ。あまり華やかな方の種ではないので、去年も咲いてたのに、気付かなかったのだろう?今年ブログを見てて知ったので、探したら結構いろんな場所で咲いていた。

| | コメント (0)

2009年6月23日 (火)

健康診断の受診票来る

特定検診の受診票が届いた。去年の検診データーも記入されている。とりあえず腹囲だけでも基準値内に収めたいところだが、なかなか減らない。

有効期限が、8月いっぱいだから、もう少し頑張ってみるか。お腹の中に付いた内臓脂肪は、有酸素運動と食事の改善で、落とせると言うのだが、なかなか生半可なことでは、効いてはくれません。

昨日今日は、幸手の弟の家に行ったので、運動、食事の注意ともやらず仕舞いである。明日から、また頑張ろうと、自分に言い聞かせる。Blog2009_06220011       

Blog2009_06220012

権現堂堤の紫陽花、アナベル。2週間前は、まだ緑色してたのが、白い球状になりましたが、もう花の終わりの時期を迎えて、去年ほどには、大きくなってないように思う。

Blog2009_06220016

堤通路の紫陽花。平日で空模様の怪しげな日にもかかわらず、結構な見物人が出ています。主婦と高齢者が多いのは、言うまでもありません。

| | コメント (0)

2009年6月21日 (日)

光テレビ

先日、光テレビの勧誘の電話が有った。視聴するように勧められて、最初は断っていたのだが、気に入らなかったら、解約が出来るし、2ヶ月の無料視聴をしてみることにした。

今日、その案内が届き、順次、会員登録証と光テレビ対応チューナーが送られてくるらしい。チューナーに接続した月より、2ヶ月が無料レンタルとなり、最大3ヶ月間の継続利用が適用条件となってる。だから、気に食わなかったら、1か月の使用料金で解約できるということか。

スマップの木村君と稲垣君の、あのおかしなコマーシャルの、テレビに光るを指すと言う事を、体験してみようかと思う。因みに、まだ我が家は地デジ対応テレビは買ってない。

Blog2009_06210005

Blog2009_06210006

団地内の樹には、緑の実がなっている。2枚目は椿の実なのだが、1枚目は判らない。知らなくても、載せるのが私だ。来年までには、判別するだろう。

Blog2009_06210007

同じく団地周りの木。フラッシュ炊いたから、白っぽくなってしまったが、陰影が有ると、狸の顔のように見えたので撮影。

Blog2009_06210008

ベランダでプランター栽培のミニトマトも、青い実を付けてくれました。中玉トマトも植えたんですが、花は咲けども、実は結ばなかったので、引き抜いてしまいました。

| | コメント (0)

2009年6月20日 (土)

間違い電話

昨日9時頃に、先ず姓名の問い合わせの電話が有り、西所の呉服屋さんの○○▽▽さんかと?名前は有ってるが、違う人だと言って切った。

また11時頃に、赤帽やってた○○▽▽さんかと、電話が入る。名前はそうだが、その人ではないと言う。前の人と同じ女性のようだ。

午後になり、留守電に「☆☆ですが、お願いしたいことが有るので、電話下さい」と携帯の番号を告げる。言葉は丁寧だが、何か切迫したものを感じる。そのあとに、メッセージ無しの留守電が二つほど入る。

知らない人だし、声も自分の知己にはいないので、放っておいた。

すると、夜9時半ごろ電話が有り出ると、「留守電、聞いたんでしょ。どうして電話くれないの?」と一方的に非難される。「あなたは誰ですか?」ときいても、ぐちぐち言ってる。「誰に電話してるのか?」と強い口調で言うと、「○○さんでしょ、▽▽さんでしょ?」と聞くから、「そうだけど、あなたは誰で、どなたに電話してるのか」と言うと、ようやく間違いに気が付いたようだ。

午前中の確かめの電話の女性とは、少し違う声質のようだ。けど情報は、午前の女性から行ったように思う。同姓同名の方に電話してるんだろうが、違うと否定してるにも関わらず、どう伝わったのか、迷惑な話だ。一方的に思い込んで、電話されても困るよ。

Blog2009_06120077

Blog2009_06120080

北山公園の未公開画像と、多摩湖堤防の綿毛の穂。群生してると、なんでも見事です。ここにだけ、秋の気配が・・・・。

| | コメント (0)

2009年6月19日 (金)

8km1時間で走る。

午前中に予約の歯医者さんに行く。前回の施療の不具合がないから、プラーク等の除去、清掃で今回は終了とのこと。

午後2時より公園に行き、ラン&ウォーク。少し足慣らし程度に歩いてから、ゆっくりと走る。ん、脚も痛まないし、重くも感じない。1周しても違和感がない。2周しても、呼吸も大丈夫だ。これなら走れるところまで、走ってみよう。

てな訳で、4周走ってしまいました。昨日、雨降りそうな気配で、2周で切りやめて、帰ってきたから、疲労感もないのかな。

走ったと言っても、歩いてるのに毛が生えた程度の速度です。でも自分には、4周歩くことなく走りきれたことが、嬉しいんです。進歩なのです。

Blog2009_06120078

Blog2009_06120079

この間、北山公園に行った時、多摩湖に寄って来た時に写したもの。水がかなり少なくなってたけど、東京都の水は、大丈夫なんだろうか?まだ渇水期じゃないから、他の理由で低水位になってたんだろうね?

| | コメント (0)

2009年6月18日 (木)

老人と医療

自分は今、眼科と泌尿器科に通ってる。眼科はもう2年越しで、泌尿器科は10カ月になる。眼は、網膜裂肛になり、レザー手術で、それは治癒してもらった。白内障になり罹っていると言われ、目薬を処方され、2週間に1度の診療となる。その後、ぶどう膜炎にかかり、その薬も処方された。白内障は、まだ発症していない。ぶどう膜炎は、一進一退を繰り返している。

泌尿器科は、去年の夏に、小水の出が悪くなり、診察を受けたところ、軽度の前立腺肥大と言われた。内服薬を処方されて、改善された。こちらは、安定してるので、2ヶ月、3か月とまとめて薬を出してくれるので、あまり負担にはならない。

そのほか、1年に1回は歯科医に行き、診療、治療してもらう。

眼科と泌尿器科は、加齢による病気だから、これからもずっと通い続けて行くことになるのだろう?若い時の疾病と違って、治癒ってことにはならないから。

Blog2009_06120074

Blog2009_06120075

Blog2009_06120076

北山公園内のハナキササゲの木。珍しい木のようなので、花は終わりかけてましたが、パチリ。説明板が有りましたので、拡大して読んでください。

| | コメント (0)

2009年6月17日 (水)

5年ぶりに2kmを走る

55,6歳くらいから、ウォーキングを始め、山歩きを始めた。きっかけは、コレステロールが高くなってきたことと、当時の職場の同僚の勧めに依る。奥武蔵の山々から、奥多摩の山々、一部の奥秩父山系だ。

と同時に、マラソンを夢見て、ランニングも始めた。距離も、スピードも徐々に伸ばし、もう少しで走れるかな、となっていた59歳の正月。まず現れたのが脱腸の降下。即手術。それで練習も、山歩きも遠のく。

次の年は、頚椎を痛めて、走るのも山も、あまり出来ず。60歳を境に、体に不調がおきて、少し大事にしてたら、体重が増えた。

最近になって、母も看取り、何もすることがないので、またぞろ、歩いたり、近間の低山に登ったりするが、体重増加と、脚の筋肉の衰えから、疲労が取れにくくなった。

そんな今日、今まで走ったり、歩いたりしてた2kmのコース。最初こそ、脚が重く感じられるが、だんだんと走る距離を伸ばし、4周目は、ゆっくりではあるが、全コースを走り切ることが出来た。

2km/15分の遅いペースではあるが。これからは、周回数と、スピードを少しずつ上げていきたいと思う。

Blog2009_06120041

Blog2009_06120042

Blog2009_06120043

北山公園の手前の農家の畑に咲く、ケムリノキ。咲くと言っても、これは花後かな?花じゃないよね。来年、どんな花なのか、どんな実が生るのか、注意してみよう。

| | コメント (0)

2009年6月16日 (火)

幻想風景と石榴

Blog2009_06150004

Blog2009_06150003

昨日の朝のことです。窓の外が、明るいような、ガスってるような、いつもと違う様子なので

ベランダに出てみると、アメリカが靄につつまれて、幻想的に見えました。この一角だけが

別の世界と言う感じです。靄の外は、日本です。

Blog2009_06070039

Blog2009_06070041

Blog2009_06070042

Blog2009_06070044

Blog2009_06070043

Blog2009_06070040

近所の散歩道で咲いてた、石榴の花です。石榴の朱がきれいだ。朱色の石榴にも、斑入りと言うか、源平色と言うか、こんな花もあるんだね。最近、花も昔の単色から、いろんな彩色に変化してるのは、人の手によるものなんでしょうか?

嬉しくもあり、悲しくもあり、ってところです。

| | コメント (0)

2009年6月15日 (月)

「おなかすっきりプラン」が効かない

メタボの動機づけ支援で、1月に講習を受けて、「お腹すっきりプラン」を実行してるが、あまり効き目が出てこない。

体重を3kg減らしたい=腹囲を3cm減らしたい  (体重3kg減らすのに7000kcalの消費が必要)

3kg×7000kcal=21000kcal  6ヶ月で減らすとした場合

21000÷(6ヶ月×30日)=117kcal というわけで、計算上は117kcalを、1日の目安消費量とすれば、達成するのだが、実際はなかなか、そんな簡単ではない。

因みに、自分のエネルギー必要量は、身体活動強度によって違うが、1904kcal~2221kcalである。1回の食事のエネルギー量は、635kcal~740kcalである。

運動によって消費するエネルギーは、200~500kcalにはなってるから、それでも達成できないのは、結局食べ過ぎ、カロリーの摂り過ぎなんだろうか?

Blog2009_06070034

Blog2009_06070036

Blog2009_06070037

Blog2009_06070038

団地に植えられてる紫陽花と、近所で道路にはみ出して咲いてる花。名前は知らない。

| | コメント (0)

2009年6月14日 (日)

ご近所散策から多門院へ

コンデジ片手に、ご近所を散策。斑入りの萱のようなものが、ありましたのでパチリ。これがヤブランなのでしょうか?まだ初心者なので、すべてがあやふやです。

Blog2009_06070024

Blog2009_06070025

Blog2009_06070026

この真ん中の深紅の花も、何だろう?でパチリです。一番下は、サルビア・グアラニチカ、別名、メドーセージと言う事を、他のブログで知りました。勉強になります。

そんなこんなで、30分も北上しますと、多門院に着きました。いい運動です。

Blog2009_06070027

Blog2009_06070028

Blog2009_06070029

多門院の境内は、黒い実、赤い実がまるで盆栽のような低木に熟れていました。

Blog2009_06070030

隣の村社神明社の裏の、花の小路は、大概の花は終わってましたが、運よく、シモツケソウに会うことが出来ました。

Blog2009_06070031

帰り道の民家の、ビヨウヤナギ。蕊も花も、今が盛りと、大きく広がっていました。

Blog2009_06070033

別の民家の庭先の、下野(シモツケ)。盛り過ぎと言う感じですが、花がたくさん付いてたので撮ってみました。

Blog2009_06070032

帰り道の農家の長屋門。前はもっと古い長屋門のように、記憶してます。当然のこと、これは使用されてなく、左隣に、屋敷庭に入る道が有ります。

| | コメント (0)

2009年6月13日 (土)

北山公園の花菖蒲 その(2)

Blog2009_06120045

Blog2009_06120046

花の種類の説明看板。興味ある方は、画像をクリックすると、拡大しますので見て下さい。

Blog2009_06120053

Blog2009_06120054

Blog2009_06120055

Blog2009_06120056

Blog2009_06120057

Blog2009_06120058

Blog2009_06120059

Blog2009_06120065

Blog2009_06120066

Blog2009_06120067

Blog2009_06120068

Blog2009_06120062

Blog2009_06120073

Blog2009_06120070

色、花の形、大きさとか、わずかの差なので、見分けが難しい。平日だったのですが、たくさんの人が、鑑賞に来てました。

| | コメント (0)

2009年6月12日 (金)

北山公園 花菖蒲ポタ

東村山市の北山公園に、花菖蒲を見にポタリング。久米地区より、松が丘団地を抜ければ、西武園に出る。そこからは、左の小さな住宅地を、通り過ぎるて踏切を渡れば、北山小学校だ。花菖蒲園は、その並びにある。

花菖蒲祭の期間に入ったので、公園内には、売店などのテントも出来て賑やかだ。木道や池なども整備され、株分けされた個所もあり、かなり見やすくなっている。

Blog2009_06120044

Blog2009_06120071

Blog2009_06120051

Blog2009_06120048

Blog2009_06120049

Blog2009_06120050

Blog2009_06120052

Blog2009_06120047

Blog2009_06120061

Blog2009_06120062

Blog2009_06120069

Blog2009_06120070

最後の1枚は、高さ2m位の見晴らし台が造られていたので、会場風景を撮ったもの。画像は、たくさんあるので、明日は個々のアップをしたいと思います。

| | コメント (0)

2009年6月11日 (木)

プリウス好調

プロケア10をやってもらうので、埼玉トヨペットへ行く。プリウスの売上が、好調なためか、いつもよりか混んでいる。朝から客が多い。もっとも、自分のように、点検の為の、客もいるんだが、店内も、活気が有る。営業マンも、てんてこ舞いの様子。

また最近、燃料が高騰してきたので、なおさら、ハイブリッド車は注目されよう。加えて重量税、取得税が100%割引、つまりは只っていうことだから、なおのことだ。

それに、車両価格も、ホンダ・インサイトに対抗するため、かなり低い設定となった。パワーアップ、低燃費、低価格、税の割引となれば、売れて当然だ。

依って、プリウスの売買契約は、1か月足らずで、14万台にもなったそうな。入車は5カ月待ちで、工場では、残業も復活したそうで、トヨタは回復が早い。

Blog2009_06090044

山形の親戚より、サクランボが送られてきた。早生種の紅さやかという品種だそうだ。色づきはいいんだが、人気種の佐藤錦ほどは甘くない。晩生種のナポレオンほどの香りもない。写真撮影用には、赤みが強いからいいかも。

Blog2009_06090043

権現堂堤の野生の枇杷の木にも、みがなりました。熟しても、種と皮ばかりでNO GOOD。

| | コメント (0)

2009年6月10日 (水)

権現堂の紫陽花まつり(2)

ここ権現堂堤の紫陽花も、8年前くらいには、茶店、広場付近に、ちょこちょこと植えられていたものだが、最近は堤の右側、左側の斜面いっぱいに植栽され、色とりどり、色んな種類の紫陽花が楽しませてくれる。これもボランティアでお世話して下さる方々のお陰と感謝します。

Blog2009_06090034

Blog2009_06090035

Blog2009_06090036

Blog2009_06090037

Blog2009_06090038

Blog2009_06090039

Blog2009_06090040

Blog2009_06090041

まだ少し早い所為もあって、綺麗に開花してない種類の花もあったりして、撮らず仕舞いの紫陽花もあります。後の機会に巡り合えばと、思ってます。

| | コメント (0)

2009年6月 9日 (火)

権現堂の紫陽花

幸手に行ったので、権現堂の紫陽花を見に行ってみた。やはり、まだ最盛期には至ってない。あと一週間から10日ぐらいであろう?

Blog2009_06090027

Blog2009_06090028

Blog2009_06090029

Blog2009_06090042

Blog2009_06090024

アナベルの大群落も、まだ、緑のボールである。真っ白の大きなお餅のようになると、なかなかの見応えがあります。

Blog2009_06090025

隅田の花火も、最近では何処にでも咲いてるようになりました。

Blog2009_06090026

Blog2009_06090030

Blog2009_06090031

カシワバアジサイも、すっかり広まって、それほど珍しくはなくなりました。最初に見た時は、まるで葡萄のように見えて、びっくりしたものです。

Blog2009_06090032

これもカシワバアジサイの、変形なんでしょうか?

Blog2009_06090033

まだ画像が残ってますので、変わり映えしないのですが、明日もアップします。

| | コメント (0)

2009年6月 8日 (月)

老動運動

公園では、時間を持て余した老人たちが、それぞれ思い思いの運動をしている。走る、歩く、柔軟体操、太極拳、自転車。もちろん、テニスコートにもいるし、グランドでソフトボールをしてる人達。グランドゴルフっていうのかな、ゲートボールを変化させたものなど。

つくづく老人が増えてるのを実感する。無論自分もその中にいる。ゆとりが有るんじゃなくて、別に何もすることがない人たちだ。

することはないし、お金が有る訳でもないから、精々、体を動かして、できるだけ健康体を保とうとしてるに過ぎない。

だから、一人黙々と走ったり、歩いてる老人は、楽しくはないけど、やってるに過ぎない。病気になり、入院なんてことになりたくないために。

自分も、そんな不安を払い除けんが為に、生真面目な顔をして歩いている。

Blog2009_06070023

Blog2009_06070035

上は、散策途中で、出会った一重の立ち葵。

下は、団地に咲く、八重の立ち葵。

| | コメント (0)

2009年6月 7日 (日)

インターネットがつながらない

この前から、時々インターネットに接続できないことがある。デスクトップのアイコンからとか、スタートからインターネットをクリックしても、接続しない。

お気に入りから、リンクすると繋がったんだが、今日はどのインターネットも、表示されないから、お手上げ状態になってしまった。

パソコン診断で、指示に従い、いろいろやってみるも、解決しない。訳の分からない原因を示されるもので、対処できないでいた。

トラブルを解決する本に、一度、配線を外せば、新しく設定しなおすから、繋がることもあると書いてあったので、ルーターの電源も切り、周辺機器の配線を外す。

1時間くらい間をおき、新たにパソコンを立ち上げ、いじっていたら、NTTの診断復旧ツールが出てきたので、それに従ってやったら、無事接続された。

何が何だか良く分からないが、とりあえずOKである。配線を外したのが、功を奏したのか、復旧ツールが功を奏したのかは、わからない。

Blog2009_06030015

彩翔亭の庭に咲いてた、ビヨウヤナギ(オトギリソウ科)かな?

Blog2009_06030016

同じところに咲いてた金糸梅(オトギリソウ科)かな?

この花達は、ヒぺりカム・カリシナム(上)

ヒペリカム・ヒドコード(下)などと説明する人もいて

あまり良くわからない。

| | コメント (0)

2009年6月 5日 (金)

ラン&ウォーク

最近、歩きが調子いいので、少しずつ走ってみる。

1周2kmのコースを、20分で歩いていたのを

所々を走ってみることにした。

走ると言っても、歩くよりちょっと早い速度。

だから心臓や呼吸が苦しくなる速度ではない。

けど脚が疲れては来る。1時間で3周歩いたのを

4周にしただけだから、大したもんではない。

例のメタボ検診の時期が近づいてきてるし

去年、動機づけ支援の講習を受けて

それなりに目標を示し、やってきたのに

あまり成果が上がってない。

なので、少し走り始めたと言うことだ。

疲れも、脚の痛さも出ないから、前のように

走れるようになれば、少しは効果が上がるかな?

Blog2009_06030012

これは何だろう?紫陽花ではないし

下野でもなさそうだ?

Blog2009_06030013

Blog2009_06030017

図書館傍の、ミニバラとタイサンボクの花。

この図書館の周りは、万葉植物園となっていますが、

熱心な管理はしてないので、無くなってしまった植物も

多々ある。これは残念なことだ。

大変だろうが、最初のように、力を注いで欲しいものだ。

| | コメント (0)

2009年6月 4日 (木)

死にたいから殺人

なんという甘ったれだろうannoy

死にたいために、人を殺して死刑になる。

高校生の頃から、死にたい願望はあったと言う。

自殺は、失敗すると痛いから嫌だと言う。

なのに、他人を理由もなく刺している。

人が痛いのは、かまわない。

っていうか、考えない。常識的には考えないと言う。

とにかく、人を殺せば死刑になることだけ思ってる。

それでも現実は、取り調べや裁判が有るから

すぐには死ねない。死ねないジレンマでいらいらしてる。

荒川沖駅の9人殺傷事件の犯人のことである。

自分で自分の身を処することも出来ない。

なんという自分本位で、甘ったれなんだろうannoy

Blog2009_06030010

Blog2009_06030011

Blog2009_06030014

図書館前の、紫陽花も咲きだしました。

誰でも、花を愛でる心の余裕を持ちたいものです。

| | コメント (0)

2009年6月 3日 (水)

老人に関する本

Blog2009_06030018

今呼んでる本二冊。

一方は小説、もう一方はエッセイ、評論。

どちらも老人に関する本である。

「老年満作」は老人の性と恋を題材にしたもの。

合致するようなことが、多々あって一気に読んだ。

エンドが渡辺淳一さんの小説のように、悲惨ではないので

軽い気持ちで、読み終えることが出来た。

「老人力」は若い時と違って、記憶、思考、行動、能力の

低下現象を、マイナス的に捉えるんじゃなくて、

逆に今までの経験として、蓄積された有効な事と

してるところが面白い。

老人を排他せず、肯定的に事象に照合してるから

そんなに悲観しないで、やって行こうと言う気にさせる。

惚けも一つの力なり、ということで

「老人力」と言う造語をつくり、題名にしたもの。

まだ、これは読みかけですが、老人への応援本かな。

Blog2009_05250031

Blog2009_05250032

Blog2009_05250033

公園の花壇に咲いてた、カンパニュラ(キキョウ科)と

草原にたくさん咲いてる、ニワゼキショウ(アヤメ科)

| | コメント (0)

2009年6月 1日 (月)

知人の死にあたって

知人が乳癌で亡くなった。

ご主人を十数年前に亡くし、子供もいないので

独り暮しであった。家族がいないってことは、

生きる力の面では、マイナスに働く。

癌検診をして早期に見つければ、治せたかも知れぬ。

地域には溶け込んで暮らしていたから、

葬儀も地域の皆さんでの、友人葬として行われ、

遠く故郷の九州から親族も見えてはいたが、

何か寂しい。自分の家族がいない葬式は

哀れを感じる。

Blog2009_05250047

Blog2009_05250053

Blog2009_05250054

Blog2009_05250058

Blog2009_05250059

五霞町公園の薔薇園の画像。

知人の死に薔薇を献花したいと思う。

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »