« 65歳はひとつの節目だ | トップページ | ゆっくり4周走 »

2009年7月 8日 (水)

眼病・ぶどう膜炎

今、自分の一番の気がかりは、眼の病・ぶどう膜炎である。発症してから、2年余経つが、一進一退で治癒することなく、点眼薬での治療を続けている。

医師は、サルコイドーシスによる、ぶどう膜炎の発症ではないかと言ってるが、昨年の血液検査では、セーフだったので安心したのだが、こう長引くと心配になる。

幸いなことに、進んでる状態ではないのだが、慢性状況が長引いて脈絡膜炎になると、網膜が壊されて、失明になることもあるんだそうです。

ヘルプスなどのウイルスによるぶどう膜炎ならば、もう疾うに治っているべきで、治らないのは、サルコイドーシスだろうというのが、現在罹ってる眼科医の診断のようです。

まだ、視力も眼圧も正常なので、このまま今の治療を続けていくようです。もう一回、サルコイドーシスの検査も受けようかなと思う。

Blog2009_06300034

五弁の紫陽花とおもったが、花びらが切れてるだけなのかな?

Blog2009_06300035

Blog2009_06300036

八重のクチナシの花も終わりで痛んできました。

Blog2009_06300046

彩翔亭に、僅かに咲いてる花を撮ってみました。

|

« 65歳はひとつの節目だ | トップページ | ゆっくり4周走 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・木・草」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 65歳はひとつの節目だ | トップページ | ゆっくり4周走 »