« 早朝ウォーキング  上高地散策(5) | トップページ | 戦後65年    上高地散策(7) »

2009年8月15日 (土)

新盆施餓鬼法要   上高地散策(6)

母の新盆施餓鬼法要を、久喜の常徳院で、新盆を迎える家族、約100名くらいが一堂に会して行われた。

住職を含む、4名のお坊さんによる読経の中、全員が祭壇の焼香所にて、お焼香を行った。最初と最後に、副住職による説明と、住職の説法もあり、なかなかの法要でありました。

ただ、真夏の本堂は、うだる暑さでの洗礼を受けてしまいました。約40分の法要、お経を唱えるお坊さんも大変で、感謝の気持ちが湧いてきました。

    明神岳!明神岳!明神岳!

明神池から眺める明神岳は、眼前に1500メートル以上の高さを仰ぎ見ることになり、その高低差の異様に驚嘆し、何枚も写真を撮ることになった。

その高低感は、コンデジごときのカメラでは、なかなか掴みきれなく、自分の感じた高揚感を現すことができません。

ただむやみに撮り溜めた写真になってしまいました。

Blog2009_08060159

Blog2009_08060162

Blog2009_08060163

Blog2009_08060168

Blog2009_08060176

Blog2009_08060178

やはり、いづれを見ても、山の荘厳さ、偉大さは撮れてないです。ただ、闇雲に羅列しただけですね。

|

« 早朝ウォーキング  上高地散策(5) | トップページ | 戦後65年    上高地散策(7) »

散策、ウォーキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早朝ウォーキング  上高地散策(5) | トップページ | 戦後65年    上高地散策(7) »