« 日航の親方日の丸気質 | トップページ | 自然災害 竜巻 »

2009年10月 8日 (木)

台風18号通り過ぎる

超強力台風、本州直撃。気象予報士も、2004年の100人近く亡くなった台風23号と同じ規模と注意、喚起を訴えていた。

愛知に上陸したので、名古屋は雨風強く、橋上では4台のトラックが横転していた。

幸いにも、関東地方では、交通機関には運休などの措置がとられて、ダイヤも乱れていたようだが、人命、浸水、土砂崩れなどの被害は出なかった様子で、一安心です。

関東地方は、富士山が台風から守ってくれてるような気がする。強力台風も、巨大な富士山と四つ相撲をとって、力も少し衰えるのではないだろうか?

だから西から来る台風は、富士山が守ってくれるし、東京直撃しようとする台風も、富士山が睨みを利かせているおかげで、海の方に逸れるような気がする。

だから、風台風よりも、雨台風の方が怖いと思う。今回は雨も予想より少なくて幸いでした。

Blog2009_10080003

Blog2009_10080004

台風一過の浦和方面と、遠く筑波山を望む大宮方面。風は時折強く吹きますが、空気は澄んできれいな感じです。

|

« 日航の親方日の丸気質 | トップページ | 自然災害 竜巻 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日航の親方日の丸気質 | トップページ | 自然災害 竜巻 »