« かかりつけ医の休診 | トップページ | ウインドーズ 7の搭載 »

2009年10月25日 (日)

懐かしの映画を観る

ここ2,3日の間、1950~1960年代の映画を、立て続けて見る。

ひかりテレビの日本映画専門チャンネルで、山崎豊子の世界を放映してるからだ。

「華麗なる一族」「女系家族」「白い巨塔」「不毛地帯」「女の勲章」等を視聴する。

約50年前の映画で、自分が10代後半から、20代前半の時代である。

その当時の社会情勢などが、映画の背景となっていて、高度成長期の走り時である。

また、出演者も女優陣では、京まち子、若尾文子が全盛期で、複数本に出ている。

少年の僕は、美しく色っぽい、若尾文子に、心ときめかしたのを思い出す。

男性陣では、断然、田宮二郎です。彼の野心的で、冷徹で、気障な役柄は、本人の醸し出す雰囲気と合致して、憎らしくも有るが、すっかり虜になってしまっている。

その彼も自殺と云う、何とも衝撃的な幕引きをしてから、もう久しく時がたった。

今は、おばさんキャラで、若い人にも知られる、中村玉緒も可愛らしく、山本陽子、酒井和歌子、高田美和、有吉久美子など、みんな若くて、清楚であることが懐かしい。

古い映画なんてと思っていたが、一度観ると病みつきになってしまった。

Blog2009_10240027

Blog2009_10240028

沖縄で問題になってるアメリカ軍関係の施設。通信基地なので、騒音とか、アメリカ兵による事件などはないが、こんなアンテナが10基ほど林立する異質な空間。

|

« かかりつけ医の休診 | トップページ | ウインドーズ 7の搭載 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かかりつけ医の休診 | トップページ | ウインドーズ 7の搭載 »