« 所沢まつり | トップページ | 加藤和彦さんの死 »

2009年10月17日 (土)

概算要求額でる

22年度の各省の概算要求額が出そろった。約95兆円である。

過去最高金額になったとある。民主党のマニフェストが入ってるから、その分増加しての金額である。

それに比して、歳入は40兆円を切るのではないかと言われている。税収の落ち込みは、いかんともし難い。

政府はこれより、予算減額の審議に入るのだが、果たしてどれくらいの金額になるのだろうか?

税収の伸びがない現状で、どんな手立てがあるのだろうか?結局、国債発行とか、消費税の増税になってしまうのか?

景気回復が一番の特効薬なんだが、その兆しも見えない。自民党政治で、どんどん国債を発行してきたことを、批判してる民主党は、難しい局面に立たされている。

Blog2009_10110085

所沢まつりのメイン会場である銀座通りは、商店は年々数を減らし、超高層ビル街に変わりつつある。

この景気では、不動産事業も、建設業も、過去の隆盛には程遠く、空き室などないのだろうかと、思ってしまう。

|

« 所沢まつり | トップページ | 加藤和彦さんの死 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 所沢まつり | トップページ | 加藤和彦さんの死 »