« 4日目の生還  権現堂堤 | トップページ | 山形のお土産 入院 »

2009年10月30日 (金)

荒幡富士へ登る

最近、運動不足になってるので、荒幡富士へ久々にポタリング。久米から西武園方面へ走り、寺の前の道を荒幡小学校の方に入る。

道なりに行けば、西武園ゴルフ場が左手に、起伏している。ゴルフ場の縁に沿っての登りはきつい。途中より降りて押して上がる。

Blog2009_10300024

Blog2009_10300025

Blog2009_10300026

Blog2009_10300027

荒幡富士へは浅間神社の境内から登る。丁目石が階段の曲がりごとに設置してある。

9合目の丁目石を過ぎれば、奥の院のような小さな社のある頂上である。

Blog2009_10300028

Blog2009_10300029

Blog2009_10300030

僅か3坪ほどの頂上からの見晴らし。本物の富士山も、空気が澄んでれば、ドームの左方向に見えますが、あいにく今日は霞んで見えず。

Blog2009_10300031

Blog2009_10300023

荒幡富士の築造の経緯が書いてある。人工の富士塚としては、最大級なのであろうか?

ここ荒幡市民の森は、それ自体が小山になっていて、さらに境内から30M 有余あるだるうか?説明板にあるように、15年もの年月をかけて、盛り上げ、積み上げて造り上げたことが解る。

信仰の熱さが、村を挙げての築造となったようですね。

|

« 4日目の生還  権現堂堤 | トップページ | 山形のお土産 入院 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4日目の生還  権現堂堤 | トップページ | 山形のお土産 入院 »