« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月28日 (土)

航空公園の秋

Blog2009_11280032

浦所バイパスのケヤキも落葉し始め、自転車道を覆っています。

Blog2009_11280033

Blog2009_11280034

管理事務所横のモミジは真っ赤に燃えていた。

Blog2009_11280035

Blog2009_11280036

入口プロムナード横のモミジは、いつの年も、見事に紅葉してくれます。

Blog2009_11280037

Blog2009_11280038

ロータリー横のイロハモミジは、黄葉と紅葉が混じり合ってます。

Blog2009_11280039

真っ赤に紅葉したドウダンツツジは、大きなボールのようです。

Blog2009_11280040

裏に廻ると、赤くはなく、柔らかい色合いになってます。

Blog2009_11280041

Blog2009_11280042

緑のヒバと赤いモミジの対比は、いかがでしょうか?

赤くなりきらないドウダンツツジの柔らかさが好きです。

まだありますが、後日に続きます。

| | コメント (0)

2009年11月27日 (金)

ベランダ写真

ネタ無しの時の、ベランダからの写真です。

Blog2009_11180044

Blog2009_11180045

上、さいたま新都心。下、新宿副都心の遠望です。

Blog2009_11230005

Blog2009_11230006

Blog2009_11230008

Blog2009_11250007

給水場の紅葉の風景です。一番下は、最近の様子なので、少し色が変わってきてます。

雑木林も、あまり色ずいてない時のものです。

| | コメント (0)

2009年11月26日 (木)

公園の紅葉

1週間前に撮った紅葉の様子です。

Blog2009_11180046

Blog2009_11180047

ユリノキが黄葉して、青空に映えてます。

Blog2009_11180048

Blog2009_11180049

Blog2009_11180063

Blog2009_11180064

ドウダンツツジは、まだ少し早いようです。もっと真っ赤に燃えますね。

Blog2009_11180065

Blog2009_11180066

Blog2009_11180067

ハゼノキは、鮮やかに紅葉してます。

Blog2009_11180055

Blog2009_11180054

Blog2009_11180059

ミズキも、うっすらと桃色に染まります。

Blog2009_11180070

ギボウシは黄葉というより、終焉を迎えたようです。ヤツデの葉の緑と比べると、老若という感じでしょうか?

| | コメント (0)

2009年11月25日 (水)

加須に行く  ガスファンヒーター

ぶどう膜炎と診断されて、加須市の眼科に通って、もう2年半になる。

亡母が通ってたので、一緒に診療を受け、そのまま持続している。

ぶどう膜炎は、一進一退を繰り返すだけで、完治することはないのであろう?

まだ視力は、全然衰えることなく、1.2を維持してるので、眼科のかかりつけ医があると思えば安心だろう?

どっちみち、幸手の弟宅にも顔を出し、仏壇に線香を手向けるから、多少遠いところではあるが、苦にはならない。

Blog2009_11250008

眼科医とイトーヨーカドーの中間にある掘割。静寂の流れである。

Blog2009_11250009

Blog2009_11250010

Blog2009_11250011

眼科医院隣の教会。ここは福祉関係の仕事を色々やってるようだ。

保育園、養護施設、学童クラブ等、かなり広い敷地に、種々の建物がある。

下の写真は、近くの民地のチョウセンアサガオ。花付けが凄いので、盛りは過ぎてますが

撮ってみました。

   ★ガスファンヒーター

灯油ファンヒーターが、不完全燃焼なのか、臭いし、眼にしみるので、ガスファンヒーターに替えると言うので、仕事の弟に代わり、立ち会う。

ガスコードもワンタッチの着脱で、ガス栓なしで、コードの着脱で自動的にガスが流れたり、ストップするようになっている。

音声ガイダンスもあり、音も静かで、コンパクトで、使い勝手のよさそうなヒーターである。

もうひとつ上の機種を望んでたのだが、在庫なしとのことで9畳用の機種になった。

Blog2009_11250012

シャープとの共同開発で、ウイルス除去の性能も持ってるが、はたしてどんなものだろうか?

| | コメント (0)

2009年11月24日 (火)

高尾山の紅葉

今日は高尾山の紅葉をアップしたいと思います。そんなにすごいという訳でもなく、普通の公園の紅葉と同じくらいでしょうか?

Blog2009_11210045

Blog2009_11210048

Blog2009_11210051

Blog2009_11210050

展望台付近の紅葉です。1枚目はドウダンツツジですが、緑とのコントラストがグッド。4枚目は、メグスリノキの紅葉、他はモミジです。

Blog2009_11210054

Blog2009_11210055

Blog2009_11210059

Blog2009_11210062

マユミの花が目に留まりました。大きめの花で、何とも言えない色具合です。

他は、有喜苑のモミジです。

Blog2009_11210069

Blog2009_11210070

Blog2009_11210071

本院登り口の、モミジと仏像です。紅葉と仏様は、なかなか融合してるようです。

これで今回の高尾山は、おしまいですが、別の季節に、もう一度訪れ、ゆっくり探索しようと思います。

| | コメント (0)

2009年11月23日 (月)

高尾山下山

自分が高尾さんに登ったのは、3連休の初日21日の土曜日のことで、山上駅からは、薬王院、山頂ともに人の群れに埋もれた。

雨上がりの、暖かくなった日なので、霞がかかり、遠望がくっきりと云う状態ではなかった。

そんな訳で、混み合ってる頂上では、持参した茶と、みかんを食べて、15分ほどで下山になった。

下山路は、茶屋広場左手の稲荷山コースをとった。最初は長く急な階段が、延々と下りている。逆コースだと、最後が急な登り階段となるのは、いかにも辛そうだ。

Blog2009_11210077

Blog2009_11210078

この稲荷山コースは、所謂、良く整備された登山道で、所々狭い道になってる場所もあるが、下りには快適な道と言うべきか。

さすが日本一登山者が多い山と言われるだけあって、10人、20人、30人の登りの列に何度も遭遇する。

この次は、春に訪れようなどと思いながら、60分で降り切った。

Blog2009_11210079

降りた所は、ケーブルカー乗り場で、200人を超える行列が昇りを待っていたのには、びっくりです。

これが12時半の状態ですので、上も下もまだまだ混雑することでしょう。

Blog2009_11230004

翌日曜日の読売新聞朝刊には、ヘリコプターから撮った写真が掲載されてました。

この次は、平日にゆっくり登りたいと思っています。

| | コメント (0)

2009年11月22日 (日)

高尾山薬王院から山頂へ

いくつもの歌碑の建つ参道を行けば、有喜苑に案内される。そこには仏舎利塔を始め、愛眼千手観音、釈迦仏四相図などがあり、紅葉のきれいな苑である。

Blog2009_11210060

Blog2009_11210061

Blog2009_11210063

Blog2009_11210064

Blog2009_11210065

上から、愛眼千手観音、仏舎利塔、釈迦仏四相図、赤い帽子のお地蔵さんが並んでる。

Blog2009_11210066

Blog2009_11210067

Blog2009_11210068

参道には、杉苗の奉納者の名前がずらりと連なってるのは壮観である。山門と天狗の像に迎えられて、本堂に向かう。

Blog2009_11210071

Blog2009_11210072

Blog2009_11210073

Blog2009_11210074

Blog2009_11210075

Blog2009_11210076

本堂に上る階段横の、稚児仏、本堂、烏天狗、本堂軒下の装飾を見ながら、高尾山山頂です。

見物しながら、写真を撮りながらの、駅から約2時間の歩行でした。ちなみに599mの山頂ですが、舗装された参道歩きでしたので、登山と云う気はしないですね。

| | コメント (0)

2009年11月21日 (土)

高尾山へ行く

 55歳から健康維持のため、勧められて山歩きを始めた。

奥武蔵の山々、奥多摩、秩父の山々を登ったが、高尾山だけは登らず仕舞いだった。

あまりにもたくさんの人が登るということで、静かな山歩きを好む自分としては、ノーグッドな山だったのである。

そこで、紅葉がまだあるうちにと思い立ち、高尾山行きとなった次第です。

Blog2009_11210080

Blog2009_11210041

高尾山口駅より、ケーブル駅を左に見て、オーソドックスに1号路を登る。10分も歩けば、外気はひんやりして冷たいのに、汗ばんできたので、ヤッケと帽子を脱ぐ。

かなりの勾配の道が続くので、舗装されて歩きやすいのだが、結構きつい。

Blog2009_11210042

Blog2009_11210043

Blog2009_11210049

駅から50分も歩けば、リフト山上駅、さらにすぐにケーブル山上駅に着いた。Blog2009_11210044

Blog2009_11210046

Blog2009_11210047

中央高速と圏央道だろうか? 2枚目は八王子市街ですが、空気が澄んでないので、霞んでます。 3枚目は、遠く大岳山を望み、近くは川苔山が見えます。

Blog2009_11210052

Blog2009_11210053

切られるのを恐れて、根が一夜にして曲がったと言われる たこ杉を見て、更に進みます。

Blog2009_11210056

Blog2009_11210057

Blog2009_11210058

高尾山薬王院の浄心門をくぐり、京王電鉄の寄進した灯篭の参道を登っていきます。

ひんやりした空気の中、体だけが汗ばんでますが、気持ちいいくらいです。まだ続きますが、明日のアップにします。

| | コメント (0)

2009年11月20日 (金)

ウイルス退治 もみじ

   ★ウイルス撃退商品

弟が灯油ストーブから、ガスストーブに替えると言うので、業者の下見に代理で立ち会った。

幸い、ガスコンロの下まで来ているガス管より分岐管を取り付けて、新設できるということで費用も安く上がりそうだ。

ストーブはリンナイとシャープが提携した商品で、イオンの発生により、ウイルスを退治する性能があるらしい。

その所為か、夏に生産して、在庫が限られてるものしかなくなるほど売れていて、希望してた形式がなく、第二希望に落して注文する。

確か、スーツにもウイルスを死滅する加工を施した商品があることを、テレビで放送していた。

ほんとに、こんなものでウイルスが防げるものかと、疑ってしまう。

そんなら、インフルエンザなんて、恐れるに足らずなのじゃないだろうか?

   ★公園の紅葉

Blog2009_11180062

Blog2009_11180071

Blog2009_11180072

Blog2009_11180073

Blog2009_11180074

Blog2009_11180077

Blog2009_11180078

Blog2009_11180079

Blog2009_11180080

Blog2009_11180081

Blog2009_11180082

Blog2009_11180083

公園内のモミジ画像です。下の3枚を除けば、イロハモミジとヤマモミジなのですが、2種の区別は全然付きません。

下の3枚は、葉が細く違う種類なのでしょうが、名前が付いてなく解らないです。

まだ紅葉してない木も有りますが、公園は秋模様に衣替えです。

| | コメント (0)

2009年11月18日 (水)

公園の紅葉 社会保険事務所

  ★ 社会保険事務手続き

二日に亘って、義兄の死による諸手続と、墓の改造、四十九日法要の打ち合わせ等に、姉に同行して、急ぎの事は片付く。

一番思うことは、社会保険事務所の手続きの時間のかかることである。

請求書の手続きするだけで、2,3時間も待つのは、どうかと思う。

もっと簡単に様式を改め、提出するだけに出来ないものか?8個のブースもあるのに、何故に時間がかかるのか?

自分らは、下調べをしていき、添付書類も全部用意して云ったので、10分くらいで終わった。10分の提出に、2時間余も待たされるのは、効率が悪すぎる。

  ★公園の紅葉

Blog2009_11180050

Blog2009_11180051

Blog2009_11180052

Blog2009_11180056

Blog2009_11180057

まず最初は、トウカエデの紅葉です。トウカエデは一気に紅葉するのではなく、徐々に進んでいくので、緑、黄、赤のグラデーションがすばらしい。

| | コメント (0)

2009年11月15日 (日)

ベランダからの写真

Blog2009_1111akigesiki0008

Blog2009_1111akigesiki0009

何もネタのない時はベランダからの写真である。朝方、赤い光が部屋に差し込んできたのでパチリです。

Blog2009_11020004

過日の寒い朝、富士山にはかなり雪が降ったようです。5合目くらいまで積雪があるようです。冷え切って、風の強い日は、遠望が利きますね。

| | コメント (0)

2009年11月14日 (土)

散歩道の花

団地の西側は、いわゆるニュータウンで、3,40年前に住宅会社が造成販売をした住宅地です。

その頃は、列島改造論などの、勇ましい政策も有り、サラリーマンは挙って、持ち家を買い、何処の市町村でも、ニュータウン開発が行われてました。

そんな住宅地の歩道には、住民の方が植え広げた花壇の花々が、季節を通して咲いています。

もう今は、花は終わり、1か月前くらいの画像です。

Blog2009_10240018

Blog2009_10240019

Blog2009_10240020

Blog2009_10240021

Blog2009_10240022

Blog2009_10240023

Blog2009_10240024

Blog2009_10240026

県道所沢、川越線を越えて、更に西へ行けば、昔から今まで続いてる畑地となります。

ここは車の通りも少ないし、遮るもののない平地ですので、散歩コースにはグッドです。

3,4年前に開通したバイパス路線に出て、三富開拓地の中を歩き、聖地霊園の方まで回れば、約1時間半のコースです。

ウォーキングの時と、ゆっくり散歩の時は、分けて行います。

| | コメント (0)

2009年11月13日 (金)

多摩湖自転車道

過日、荒幡自然の森から多摩湖まで行く。急な勾配の住宅地は、途中より手押しで登る。

登りきれば、信号のある交差点で、自転車道にとりつく。

Blog2009_10300040

工事後の多摩湖堰堤は、明るく、広く、きれいだ。ベンチなども設置され、休息がてら景観に暫し身を置くのも良し。

Blog2009_10300041

多摩湖自転車道で唯一県道を跨ぐ、鹿島橋の最高点。かなり長い橋です。

この自転車道は、狭く、登り下りとカーブの連続で、ロードバイクで速く走るのには適さない。

それに、ウォーキングしてる人が多く、他のサイクリングロードとは、趣を異にする。

Blog2009_10300042

自転車道を3/4周して、狭山湖に向かう。湖畔には、石原都知事の「五風十雨の味わい」の碑が建っている。

Blog2009_10300043

狭山湖堰堤も、かなり前に耐震工事を完了している。向こうの堰堤際の東屋には、鳥撮の方々が、望遠レンズでチャンスを狙っている。

手前のクロスバイクは、自分のもので、こんなんでポタリングしています。

| | コメント (0)

2009年11月12日 (木)

秋の想い

義兄が逝って七日過ぎ、森繁久弥さんが大往生し、市橋達也が捕まり、国会では事業仕分けを始めたとのニュースあり。

世の中は相変わらず、いろんなことが起こり動いている。

人は死によってこの世から忽然と姿を消す。

生きてる人は死者を弔い、墓を建て、戒名を送って成仏を願う。

日本は仏教の国だから、殆どの人が、使者を送るときは、俄か仏教徒になる。

nobaraさんのブログで、松永安左エ門さんは、遺言を時の宰相 池田隼人に託したとある。

死後の計らいの事、葬儀、法要、戒名、墓碑一切不要と強く頼んでいる。

財産も、息子を始め、遺族には一切やらぬ。彼らが堕落するからと。

電力王と言われ、日本経済界の重鎮の、なんとも天晴で、凄い遺言である。

我ら庶民は、なけなしの金で戒名と法要を行う。墓を求めて、死後の世界の安寧を願うのだ。

こういう松永さんのような毅然とした人生は、なかなか出来ない。

| | コメント (0)

2009年11月11日 (水)

雨の日の紅葉

蓮田の墓の方は、義兄の甥に当たる人が、早速動いてくれてるとのこと。

とりあえず、おまかせして連絡待ちです。

雨の日の一日、ベランダから見渡せば、もう平地にも紅葉前線が降りて来てました。

Blog2009_1111akigesiki0010

Blog2009_1111akigesiki0011

水道局給水場の木々にも、紅葉、黄葉が見られます。

Blog2009_1111akigesiki0012

雨に煙る雑木林も色づいて、柔らかな水彩画のような趣があります。

Blog2009_1111akigesiki0014

裏を走る道路の、ケヤキ並木も、様々な色合いを見せてくれます。

Blog2009_1111akigesiki0013

団地内の公園のドウダンツツジも、赤くなってきました。撮ってから、気づいたのですが、緑と赤の対比が、なかなかです。

雨なので、外へ出ずに、全部ベランダからの、手抜き写真でお茶を濁します。

| | コメント (0)

2009年11月10日 (火)

檀家と墓

義兄の告別式も滞りなく終わった。葬儀には、地域の皆さんが駆け付けてくれて、総勢百余人の通夜となった。

義兄は、蓮田市の寺の檀家である。

当初は気が付かなかったことなのだが、その墓は、五十余年前に、土葬されて以来、今日に至っている。

四十九日法要は、12月の下旬に決めてたら、土葬墓のままのことが、判明した。

骨壷を納められる造りにはなっていない。

至急に住職と打ち合わせなければならぬ。

墓は有ると、安心してたが、どうなることやら?

やはり、壺蔵をつくる工事をするようになるのだろう?

親戚に調べてもらってる手筈になってるが、なるべく早く動かずばなるまい。

| | コメント (0)

2009年11月 7日 (土)

義兄の死

前にちょっとだけ触れていた、脳梗塞を起こして入院してた義兄が、あまりにも突然に死んだ。入院して5日目の早朝である。

検査も済んで、胃ろうの手術を控えた当日の早朝に。死亡診断書には、急性呼吸不全とあったから、痰が喉に詰まったのであろうか?

ただ手術に耐えうる体力も有り、当日、手術を受けることだったから、正に寝耳に水の出来事で、遺族である姉の落胆と悲しみは、計り知れないものがある。

我ら兄弟姉妹、近所の方々も、突然の訃報には、驚きを隠せない。

明日の通夜、明後日の告別式、一人残された姉の心のケアなどで、時々、穴が開くことも、有るかもしれません。よろしく、お願いします。

| | コメント (0)

2009年11月 4日 (水)

浅間神社境内

前々回の荒幡富士ポタの続きです。Blog2009_10300039             

Blog2009_10300038

ここ浅間神社は、四つの神社を合祀して、村社になったとある。

Blog2009_10300037

金壱百円也の奉納碑があり、後ろに回ると、昭和15年と記されてた。戦前戦後で貨幣価値の切り替えがされたことが良く解る。

Blog2009_10300032

狛犬も風雪に晒され、顔貌分別し難くなってきてます。

Blog2009_10300036

Blog2009_10300035

荒幡富士の全容を前後から撮ってみました。Blog2009_10300033

Blog2009_10300034

ここら一帯は、荒幡市民の森となっており、野鳥、昆虫などを見る散策路も有ります。

生き物ふれあいの里センターには、標本、ジオラマ、図鑑なども有り、職員も常駐してるようです。夏休みの自由研究などに利用されてるのでしょう。

| | コメント (0)

2009年11月 3日 (火)

山形のお土産 入院

30日に荒幡ポタに行ってる間に、姉より電話があり、義兄の衰弱が進み、このままではどうしようもないので、29日夕に行きつけの病院で、点滴をしてもらった折、やはり入院の必要があり、31日に決まったとのこと、同行宜しくとのことだ。

31日に早速入院となり、先ずは点滴治療。もう胃ろう処置しか方法がないとのことで、承諾書を出す。

胃に管を付け、直接に流動食を流し込んで、栄養を摂る方法だ。

脳梗塞による嚥下障害は、治癒することなく、もう口からは食べれなくなり、味も満腹感もなくなってしまうなんて、哀れこの上もないが、しかたのないことだ。

1日に、山形から従兄夫婦が来た。自分より9歳上の従兄は、来る度にいつも、米、野菜、果物などを、乗用車に満載で、走って来る。

8,9軒分のお土産の総量は、300kgにも相当するだろうということだ。今年も、新米を始め、リンゴ、柿、里芋、白菜、大根などを主に、たくさんの農作物を持って来てくれた。

Blog2009_11020005

Blog2009_11020006

下は、もってのほかという山形名物の食用菊と、おみづけという漬物。どちらも、懐かしくも有り、口に馴染んでるので、おいしさ抜群です。夕食は、リンゴ、柿をせっせと食べようと思います。炭水化物抜きの食事です。

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »