« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

蝋梅もそろそろ終わりを迎え

ここのところ毎日約2時間のウォーキングは続いている。

花、草、木の少ないこの時期は、無心に歩く他はない。

心乱される要素がない分、場所を変えて、歩きに専念する。

そんな中で、公園の蝋梅も、見頃は超えたのかなと思う。

Blog2010_01280025

Blog2010_01280026

Blog2010_01280027

Blog2010_01280033

Blog2010_01280030

Blog2010_01280028

ちらほらと、紅梅、白梅が早いものから咲き出している。

2月は、各所の梅園に群がり、一歩一歩の春の到来を待ち焦がれる。

| | コメント (0)

2010年1月30日 (土)

看板は変わったけど

久しぶりに、市内の方に足を延ばしてみる。すると、こんな風に変わっていた。Blog2010_01250047

社会保険事務所が年金事務所になった。○○機構って、よくある独立法人?

理事長や理事が高給をとる機構かな?

働く人も、前と殆ど変らないんでしょ?名前だけ変えて、これで良しと、ならないでね。

Blog2010_01250048

旧町内、北有楽にある老舗の深井醤油の屋敷門。ほとんど使用されてないようだが、なかなか立派な貫禄のある門です。

今は、たまり醤油と、たまり漬けを造ってるが、昔はもっと盛大にやってたような、面影が偲ばれる。

Blog2010_01190023

↑ 公園の桜の老木。全面2/3は朽ち果ててるのに、後ろの僅かな部分が、その生を繋いでいる。もう、痛々しいほどなのだが、まだお役御免にはならない。

| | コメント (0)

2010年1月29日 (金)

公園冬景

何もない時は、2時間を目途に歩くことにする。ただ服装が問題である。

家を出る時、あまり寒いと、ウォーキングの服装ではなく、普段の外出の仕様となり、がっちり着こんでしまうのだ。

だから寒いとはいえ、歩けば暑くなる。セーター、防寒服など脱ぐ羽目になり、煩わしい。

Blog2010_01190019

Blog2010_01190020

Blog2010_01190021

この道は、両側に馬酔木が植えられた、散歩道です。花芽が膨らみ始め、早いものは咲きだしています。

Blog2010_01190024

Blog2010_01190026

Blog2010_01190027

寒さの厳しいい時の池は、ひっそりと静まり返ってます。

Blog2010_01190022

Blog2010_01190029

ユリノキ、メタセコイアも静かに春の訪れを、じっと待ってるような気がします。

Blog2010_01190028

Blog2010_01190030

ススキ、セイタカアワダチソウの綿毛の中には、春を待つ種子が、たくさん守られてるのでしょう。

冬は、生きるもの皆、眠りの中で、力を温存して、春に備えています。

| | コメント (0)

2010年1月28日 (木)

デジテレと大型映像館

26日にデジタル対応のテレビが、やっと入った。実に購入後3週間待ちだった。

エコポイントの対象期限が迫ってるから、購入が増えてるのだろうか?

買ったのは、32型の液晶テレビで、フルハイビジョンではなく、ハイビジョンである。

違いは走査線がフルは1080本、HDは720本である。フルハイじゃなくとも、かなり鮮明に映り、画像を見る限りは、あまり違ってるようには見えない。

うちでは前からBSアナログも観てたので、今度からはBSデジタルも観れるようになったのがいい。

NHKハイビジョンで、風景とか旅番組など、放映されてるので、観る機会が増えると思う。

地デジ、BSデジ合わせて20チャンネルほど観られるようになった。

Blog2010_01280019

Blog2010_01280020

↑ NHKハイビジョンの欧州トレッキングの映像です。ムーミン谷のアニメを書いてた家と周りの風景です。

☆大型映像館

所沢航空発祥記念館の中にある大型映像館で、「アルプス」という映画をやってるので、山好きの自分は、当然観に行く。

壮大なアイガー北壁を舞台に、父を乗り越えるために、立ち向かう男の物語です。

この映像館に入ったのは4度目ですが、映像の迫力は、3D映像は初期のものしか観たことはありませんが、凌ぐのではと思うくらい凄い。

電車や飛行機などに、実際乗ってるような臨場感があるので、車酔いする人は駄目かも?

去年話題になった「点の記・剣岳」を観たが、スケール、迫力、壮大さは問題にならないくらいです。

Blog2010_01280021

Blog2010_01280023

思わず、感嘆、驚愕の声が、自ずと出てくるのは、映像の中に自分が包まれ、取り込まれてしまうからでしょう。

詳しくいことは、コチラ所沢航空発祥記念館のHPを見て下さい。大型映像館をクリックして下さい。

| | コメント (0)

2010年1月27日 (水)

水仙まつり

記事が前後するが、関宿ウォーキングの前日に一人で、権現堂堤に行く。

「水仙まつり」の幟が立てられてたが、まだまだ客を呼べるまでには、なってない。やはり3,4年経たないと、花が育たない。

それでも、平日にもかかわらず、人出が有ったのは、読売埼玉版に記事が載ったからだろう。

Blog2010_01250025

中川に架かる行幸橋際の護岸工事も、くい打ちが終わり、いよいよ護岸本体の工事が始まりそうです。

Blog2010_01250026

Blog2010_01250027

Blog2010_01250028

種類が一つなのと、日本水仙の清楚さが、おとなしすぎて物足りない。

Blog2010_01250029

Blog2010_01250030

行幸湖の人工浮島は、鵜の格好の溜り場となってます。ダイサギも一羽、紛れ込んでますね。

水面は満々と水を貯え、鏡のように凪いでいました。

Blog2010_01250031

幸手総合運動場の公園では、沈丁花が花芽を膨らまして、暖かくなるのを待ってるようです。

| | コメント (0)

2010年1月26日 (火)

埼玉~茨城~千葉を跨ぐウォーキング

行きは、権現堂堤から宇和田公園を通り、江戸川に架かる関宿橋に出る。

橋を渡れば、千葉県野田市関宿だ。利根川と江戸川の狭間に、細長く延びてるんですね、野田市は。

Blog2010_01250033

Blog2010_01250032

↑ 江戸川左岸のサイクリング道路。堤防下には、小さな牧場があり、サイロなども有りました。

Blog2010_01250040

Blog2010_01250041

Blog2010_01250042

↑ 立派な天守閣のある関宿城博物館です。入場料は200円と安かったが、時間の都合で割愛です。

Blog2010_01250043

Blog2010_01250044

↑ 歩行者、自転車専用の橋を渡り、中の島へ渡れば、関東最大と言われる辛夷の大木があります。もう小さな花芽を付けていました。花の時期に、もう一度来ようと思う。

Blog2010_01250046

↑ 管理橋を渡り、右岸に出れば、夥しい数のテトラポットが広大な場所に、整然と並べられていた。

護岸工事には、使わないだろうから、海まで運ぶんだろうか?

右岸を200Mほど上流い進むと、左手に行幸湖の大噴水が、ちょうど揚がってたので、それを目指して、堤防を下りる。

そこは茨城県五霞町である。かくして五霞町を横断して、行幸湖噴水に辿り着く。

もう、ここは散歩コースなので、10分余で埼玉県幸手市の弟宅なのだ。

3県に跨る散歩は、約4時間を費やして終えました。

| | コメント (0)

2010年1月25日 (月)

怪獣建機?

昨日の関宿博物館の続きです。ここは公園になっていて、川下側の駐車場の傍らに、見なれない建機のようなものがありました。

見て、すぐ判る人は、そう何人もはいないのではないでしょうか?

Blog2010_01250034

Blog2010_01250038

Blog2010_01250039

後ろ、横、正面からの写真です。

Blog2010_01250035

もうひとつ別な物もありました。

答えは、↓下の説明文を見て下さい。画面はクリックで大きくなります。

Blog2010_01250036

Blog2010_01250037

赤い方は、浚渫船。緑の方は、水陸両用で使用できるのですね。

緑の浚渫機は、かなり大きいのでびっくりしました。

Blog2010_01250045

実際に、江戸川に浮かんでる浚渫船。作業はしてないようでした。

| | コメント (2)

2010年1月24日 (日)

関宿博物館

関宿博物館
暇なので、暖かいし、弟と利根川堤防目指して歩きました。権現堂堤を過ぎて、4号線バイパスを渡り、江戸川に架かる関宿橋から上流に、お城が見えます。なので江戸川左岸を北上し、着いた所が、関宿城を模した関宿博物館です。ここまで、幸手の弟宅から約8.5KMでした。

| | コメント (0)

2010年1月23日 (土)

権現堂堤の水仙まつり

権現堂堤の水仙まつり
弟の用事で幸手に来た。昼で片付いたので、権現堂堤に行く。水仙まつりの幟を立ていたが、あまり見応えがない。去年植えた分が、まだ咲いてない所為もある。3〜4年もすれば見事になるかも。(携帯からの投稿)

| | コメント (0)

2010年1月22日 (金)

モブログの練習

モブログの練習
今日は色々試しています。先ず携帯で記事と写真を送ってみます。大丈夫かな?

| | コメント (0)

秋模様 色々

今年の秋に撮り貯めたコンデジ写真をアップします。

航空公園と後半は、高尾山の紅葉が入ってます。

ちょっと長いですので、入り口だけでも覗いてやって下さい。

| | コメント (0)

デジブックの写真の公開

デジブックの写真をブログに載せる練習です。

8月20日に袋田の滝へ行った時の写真です。

| | コメント (2)

2010年1月21日 (木)

地デジテレビ  蝋梅園

7日に買った地デジテレビが、まだ来ない。一昨日、コジマに電話したところ、まだメーカーからテレビが入荷してないとのこと。

そんなに間に合わないほど、売れているのだろうか?まだ1年以上の余裕があると云うのに。

自分の買ったのは、HDD内蔵の録画出来る機能付きのだから、売れ筋の型式なのかな?

それに春には新品種が出るらしいが、HDD内蔵の種は、継続製造とか言ってたようだが?

アナログ放送終了の間近になれば、もっと集中してきて混雑するに違いない。

まだまだ地デジ対応してない家がかなりありそうだ。テロップでアナログ終了を告げてはいるが、切実な問題とは、捉えてないからなのだろう。

   蝋梅園

4月下旬のような暖かい天候と言うので、昨日、公園に蝋梅を見に行った。

かぐわしい香りが漂ってる蝋梅園は、平日なので、程良い人の群れである。

去年と比べると、うっすらと煙ってるような黄色の世界で、明るさが少ないように感じた。

Blog2010_01190016

Blog2010_01190017

Blog2010_01190018

| | コメント (0)

2010年1月20日 (水)

日航問題  

ついに日航は会社更生法の申請をした。負債総額は、2兆3200億円を超すと言う。

とてつもなく馬鹿でかい負債だ。どうしてこんなになるまで、放って置いたんだ?

そんなに借財が嵩んでるのに、高い給料、高い企業年金をそのままにしてたんだ?

不採算路線を、どうしてもっと早く整理しなかったんだ?

生産コストが掛かり過ぎてるのに、何故早く手を打たなかったんだろう?

そんなぐうたらな経営をして、行き詰ったからと、泣きついて税金を投入するとは、虫が良過ぎはしないかい?

日航の役員は当然、自分の資産を出して再生の足しにする。

労働組合も、自分たちの事ばかり、要求しないで、会社の再生に、給料減額して貢献する。

退職社員も、高い企業年金を、もっと減額してもいい。

小企業ばかり勤め上げた多くの人は、企業年金なんてないんだから。

利益が上がってないのに、社員の福利厚生を高水準のままにしてきた罪は、現社員、退職社員を問わずある。

あなた方は、自分会社を食い物にしてたのだから。会社の出が親方日の丸で、それに甘えてきた訳ですから。

| | コメント (0)

2010年1月19日 (火)

日本の国力

カリブ海に浮かぶハイチで、M7.0の地震が起きて1週間が経つ。

ハイチは世界の中で、最貧国だと言う。国際社会の援助なしでは、復興することは出来ないだろう。

国民の1/3にあたる300万人が被災者で、死者も10万人~20万人になるだろうと言う。

ハイチ政府は、何の対策も立てられず、国民を鼓舞するメッセージも発することが出来ない。

国力が全然ないからだ。

ところで、日本の国力って、どれぐらいあるの?日本は外国からの借金がないから、アメリカやヨーロッパ諸国より、国力は上なの?

もし日本が、国民の1/3にあたる4000万人が被災しても、復興できるのだろうか?

焼土と化した終戦直後の日本は、戦勝国であるアメリカの庇護のもとではあるが、約10年かけて復興したのだ。

それから20年後には、オリンピックが開催され、新幹線、高速道なども整備され、経済大国にまで昇り詰めた。

そして勤勉な日本国民は、貯蓄に励み、今や、国の予算を支えているのだ。

ただし、国力とは、経済力だけではない。

国際的指導力、国際平和を司る軍事力(?)などもなければ、世界の指導的立場にはなれない。

日本は、小金を貯めたが、世界的には、あまり貢献しない国と云うことになりそうだ。

| | コメント (0)

2010年1月18日 (月)

パソコンも自分もフリージング

昨日、アウトルックでメールを見てたら、セキュリティのグレードアップの推奨がされたので、

インストールして、その最中にアウトルック画面を消そうとしたら、フリージングしてしまった。

どうしようもないので、強制シャットダウンしたものの、なかなか作動しない。

電源などを抜くのは、パソコン内部に悪影響が出るとかいうので、最後の手段まではやりたくないし、自然にシャットダウンするまで、2時間以上かかってしまった。

その後、念のために、電源コードを抜いて、今日新しく立ち上げたものの、何かインストールの最中で、今もパソコンの動作が遅い。

自分も昨日から、また風邪気味で、フリージング気味です。自分もパソコンも今日は休ませて、回復させたいと思います。

| | コメント (0)

2010年1月16日 (土)

さすがに寒中は冷える

寒に入ってもう半ば近くになり、ここのところ、2台の電気ストーブもフル稼働です。

眠る時も、寝室の1台は点けっ放しです。冷気が、敏感な我が気管支をいたぶるから、マスクも付けて寝てます。

年を跨いでの風邪も、やっと治ったと思っていたら、また鼻がぐずぐず、喉がいらっぽくなっています。

それに寝てると、口呼吸になり、口がカラカラになって目覚めてしまう。だから風邪ウイルスが侵入してしまうのかも?

口呼吸の人は、ウイルス、細菌を吸いいれてしまうので、肺から血流に乗って、全身に回ってしまうから、病気になり易いとも云う。

また口が渇くと、唾液がなくなって、歯周菌が活動的になり、これまた胃に入り、体に悪い影響を与えるようです。

こんなに冷えると、用事以外は、外に出ることもなく、ジャージなどの楽な服装をしてるため、お腹に束縛も規律もない無法状態なので、自由に伸び伸びと大きくなるのは当然です。

それに、この寒さが、実を守るため脂肪を蓄えるのでしょうか、夏の検診時、84cmまで下げた腹囲が、89、90cmを行ったり来たりです。

食べる方は、食べ過ぎ、油物、菓子類などには気を使ってるのですが。

高年になってからの体力のコントロールは、無茶も出来ないし、甘やかしても駄目だし、加減が難しいのだ。

| | コメント (0)

2010年1月14日 (木)

通信用アンテナの解体

一週間前に買った舞茸を食べ終えたので、まだあるかしらんと、ポタリングがてら、4km先のスーパーまで買いに行く。

日射しの良いのに騙されて、手袋しないで出てきちゃったが、戻るのは面倒なので、そのまま漕ぐ。

1月の寒気の中での自転車は、さすがに、手がかじかんでしまう。我慢できずに、被ってる毛糸の帽子を交互に手に巻く、変な格好だ。

米軍の通信基地では、アンテナの一部を解体し始めている。もう既に5基ほど解体済みである。

Blog2010_01140004

Blog2010_01140003

どんな通信のアンテナなのか、米ソ冷戦時代の遺物なのか、ともかく御用済みとなってしまったのだろう?

昔、自ずと入ってきた噂では、ベトナム戦争当時には、大変重要な設備だと言われていた。

また最近は、基地返還運動と合わせて、市道が基地を縦断する計画もある。そんなことも関係して、返還の準備なのだろうか?

緑町から向陽町を経て、北中の住宅街を抜けてみる。昔、仕事で走ってた道だが、新しい道路が出来て、大分様子が違う。

そんなことで、新鮮さと懐かしさの入り混じった道で、目指すスーパーの裏に出た。

道は狭いが、自転車なのだから十分で、車の通りも少ないから、次もこれにしようなど思う。

所望の舞茸は、1箱に大きな1株が入ってたのが、半分に切ってパック詰めされてたので、買わずに、代わりに、青菜の高菜が安く売ってたのでゲット。

愛知産の大きな蕗も安かったので、他の野菜と共に買う。

寒いので、汗もかかずに、運動を兼ねて、往復8kmのポタリングとなる。

| | コメント (0)

2010年1月13日 (水)

寒風の中の散歩

地デジのテレビが来る前に、VHSのビデオテープをラック内より片づけた。

今日が燃やさないごみの日なので、半分は処分する。

今のテレビは、ビデオデッキ内臓のテレビだから、買い換えると、もう見られなくなる。

殆どが、録画したテープで、再度観たものは少ない。なのであとの半分も、次回のごみの日に処分と云うことになる。

外は風が吹き、外気はかなり冷たい。この頬にピリピリする感じに誘われ、近辺を歩いてみたくなってしまった。

いつも知ってる所で、とりたてて注目するものとてないが、この冷気の中では、逆に新鮮に見えてくる。

この寒風の中、ニュータウン通りの街路樹、プラタナスの枝切り作業をしている。しかも秋口に切られて、やっと伸び出したばかりの枝を切っている。どんな意味があるのだろう、二度切りするってことは?

歩くってことをしてる時は、何も考えていない。特に花も咲いてないし、変わった建造物が有るわけではないから、見なれた景色を安心して見て歩くだけだ。

山歩きの時も同じで、何も考えずただ歩いている。何処に足を置いて登るかとか、あそこは崩れてるから注意しようとか、無事に歩くことに専念している。

だから頭の中が空っぽになって、体は疲れてくるが、気持ちはすっきりしてくるように思う。

寒風の中のウォーキングも、周りに目を凝らして、歩くことに集中した1時間でした。

Blog2010_01100023

Blog2010_01100024

中国帰国児センター前の生垣から、季節外れのススキの穂が、寒風の中、踊ってるようでした。子の風で、白い綿毛も飛んでってしまうんじゃないでしょうか?

| | コメント (0)

2010年1月12日 (火)

北半球に大寒波発生

先ごろドイツを始めとして、イギリス、フランスで猛威を奮った大寒波が、中国、日本を覆っている。

ヨーロッパに、30年、40年ぶりに、異常降雪をもたらし、交通のマヒ、雪に埋もれた建造物の記憶が生々しい。

その寒波が、裏日本、東北、北海道にかかり、降雪、竜巻、落雷、突風などを引き起こしかねないと言う。

もうすでに、かなりの積雪に見舞われ、除雪、屋根の雪降ろし等で、更なる労力、経費のかかることが、不安視されている。

冬の風物詩としての雪景色は好ましいが、生活を脅かすドカ雪となれば、厄介者以外の何物でもない。

最近の、世界から来る異常気象による災害を見るにつけ、過ってない恐怖を覚える。

文明は、我々の生活を豊かに、便利にしてきたが、その代償は大きい。

世界中で、もっと大きなCO2削減のうねりとならないと、この地球は人類の住める所ではならなくなってしまう。

| | コメント (0)

2010年1月11日 (月)

日航、会社更生法  蝋梅

いよいよ日航が会社更生法の適用になり、企業再生支援機構のもとに置かれそうだ。

15000人のリストラと、企業年金の減額も盛り込まれそうだ。

いかに一般社員に直接の非がないとしても、退職者が年金の減額に反対してるのは遺憾だ。

会社がつぶれたら、企業年金が停止になるかも知れぬのに、目先の損に拘るのは良くない。

公金をもって、再生支援するのだから、その金が高い年金に回されては堪らない。

社会保険庁も独法機構にしても、未来の展望もなく、高い年金設定や、利用者の少ない、要らない箱ものなどに、金を湯水のように使ってしまったから、現在にしわ寄せが来てるのだから。

大きい会社は、公共性、影響力の大なるが故に、公金を投入して救われる。

そんな大会社で、少なくとも、我らより良い思いをしてきたんだから、会社の存亡にかかわる時こそ、協力するのは当然だろう。

現社員の方が、退職社員より、減額される割合が高いのだから、30%の減額には応じるのが本当だろう。

  蝋梅つづき

Blog2010_01100020

Blog2010_01100021

Blog2010_01100022

去年より開花が20日も早いそうだ。花もどんどん咲く時期を早めて、植物環境が異常事態にならぬことを祈るのみ。

図書館前の蝋梅は、去年の実を付けたまま、開花している。これも、早く咲き始めたからなのでしょうか?

| | コメント (0)

2010年1月10日 (日)

蝋梅が咲き始めた

読売埼玉版に航空公園の、蝋梅の写真が載ってたので、ウォーキングがてら行ってみる。

三分咲きほどの蝋梅園には、カメラを手にした人々が、12,3人、色んな構図でシャッターを押していた。Blog2010_01100013

Blog2010_01100014

Blog2010_01100015

良く観ると、色の具合も、花弁も、微妙に違っている。

周りには、かぐわしい香りが漂い、ひと足早い春の前兆か?

Blog2010_01100016

Blog2010_01100017

Blog2010_01100018

真っ黄色の花も、明るくて素敵ですが、透明色に近い、まるで蝋細工のような花色も、か細い感じで趣があります。

ここには、ひと足早い、春の装いがあります。

| | コメント (0)

2010年1月 9日 (土)

正月の散歩

正月は弟も珍しく2日、3日と連休になったので、どこか出かけようかということで、冬の凍結した袋田の滝を提案し、最初の内は行くような素振りだったが、なんだかんだやってる内に取り止めとなり、結局、近辺の散歩になってしまった。

幸手から袋田の滝までは、茨城を縦断するような行程で、片道120kmの道程だ。10時頃の出発では着くのが昼過ぎになってしまうので断念も止む無しか?

腰の痛みを訴えてたので、歩くのが良いだろうとなり、行幸湖から利根川サイクリングロードを目指す。

2日の日は、北風が非常に強く、行幸湖も波立ち、恰も荒れ狂う大河の如し。こんな強風の中、散歩する人影もなく、早々に我らも撤退した。

翌3日は、風も収まったので、続きの行程を、行幸湖湖畔より始める。

Blog2010_01030007

↑ 対岸のユーカリの大木。昨日とは、うって変わって、鏡のような湖面でした。

Blog2010_01030008

Blog2010_01030009

↑ 工業団地の建物も、上下対称に、きれいに写りこんでます。

行幸湖を川妻迄遡ると、利根川土手にぶつかります。まだこの辺は砂利道で、少し下れば、舗装されたサイクリング道路になりますが、かなり狭いのは、土手上の道路では致し方なしか?

Blog2010_01030012

正月早々のサイクリングロードは、さすがに人もなく、1台のロードレーサーが通り抜けただけです。

河川敷では、ラジコン飛行機の操縦が交代で競ってるようで、急上昇、きりもみ、急降下などの技術を見せていました。

グループで来てるので、滑走路なども自分たちで手をかけてるのか、芝の平地が、彼方此方にあります。

Blog2010_01030011

利根川は、水が殆ど無いような状態です。河川敷の護岸工事が行われ、資材などが置かれていました。

Blog2010_01030010

土手下の民家の屋敷裏には、柚子の実がたくさん生っていました。全然収穫する様子もなく、放置されてるからなのでしょうか、実に雀斑状の黒い斑点が付いています。

4号線バイパス近くで、土手を下り、行幸湖方面を目指し、畑地の中の道路を、西へ西へと向かえば、1枚目の写真、ユーカリの木の所に辿り着きました。約3時間の散歩になりました。

| | コメント (0)

2010年1月 8日 (金)

光テレビ解約する

7月から2ヶ月間の無料視聴を経て、契約してた光テレビを解約した。

映画は古いものが多く、ビデオはマイナー制作で、期待するほどのものがなかった。

もっと新しい映画が見られるのかと思ってたが、かなり古い映画が殆どで、見たいと興味が湧くものではない。

そんな訳で、通常の地デジ放送を見ないで、光テレビを視聴するようにはならない。

月に2,3度観るか観ないかの頻度だったので、4000円/月の視聴料はもったいない。

またいつも家に閉じこもってるわけではないし、テレビを見る時間は、朝夕の限られた時間なので、余程面白いもの、興味をひくものでなければ、観ないことになる。

光テレビに限らず、スカパーやWOWOWなども似通った放送をしている。

1月末日で解約とのことで、2月上旬に佐川急便が、チューナー等の機材の受け取りにくるそうだ。

スマップの皆さんのコマーシャルが強烈で、どんなものかと思ってたが、視聴勧誘の電話があり、勧められて応じたが、自分には合わなかったということだろう。

| | コメント (0)

2010年1月 7日 (木)

エコポイント交換商品

エコポイント対応商品の購入が3月末日なので、地デジテレビを求めに、大型電器店に行く。

大体は決めていたので、2,3の質問をして、パナソニック32R1を購入する。

在庫がないため、納品は2,3週間かかるとのこと。了承して連絡を待つ。

エコポイント申請用紙を戴き、説明を受け、交換商品カタログをもらう。

今回のエコポイントは、15000点である。今使ってる、1都3県のバス(共通)カードが有ればいいんだが無い。

パスモに統一するようで、販売も3月いっぱい迄とかの情報もある。パスモは既に持ってるので、お米券、QUOカードにしようかと考えている。

本当は、生活に密着したスーパーの商品券などがあればいいのだが?

ホテルのレストランで食事なんて、服装からして面倒だ。

各地方の名産品などもあるが、弟の所で取り寄せて食したが、満足な物とは言い難い。

いざ、選ぶとなると難しい。送料、手数料なども、取られるものと、かからないものもある。

まぁ、ただなのだから悩むことはないのだが、どちらが得で、手短に利用出来るものと考えると、いろいろ迷ってしまうのだ。

| | コメント (0)

2010年1月 6日 (水)

今年初の訪問者

長らく休んでおりました。今日からまた更新しますので、宜しくお願いします。

昨日で母の喪も明けましたので、今年はもっと行動的になろうと思います。

とは言いながらも、また齢を重ねたわけですので、体の機嫌をとりながら、自転車、低山歩きなど、していこうと思っています。

知人が4歳と5カ月になる娘二人を連れて、我が家の初訪問者となる。

まだ赤ちゃんの時に会ったばかりの娘は、大きく成長して、明るく元気である。

自分にもすぐ懐いてくれたので、ことのほか可愛く思う。いつもうるさい子だからと、聞いていたが、そんなことはない。

5か月の赤ちゃんも、年を跨いで、しっかりした顔立ちになって、可愛くなっている。

小さい子供と接してると、その無邪気さゆえに気持安らぐ心地である。

自分は、時々会うだけで、子供のいい所取りしてるだけだが、親は大変なこともあるだろう。

新年にあたり、色んな事に感謝し、感動して過ごしたいと思う。

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »