« 北半球に大寒波発生 | トップページ | 通信用アンテナの解体 »

2010年1月13日 (水)

寒風の中の散歩

地デジのテレビが来る前に、VHSのビデオテープをラック内より片づけた。

今日が燃やさないごみの日なので、半分は処分する。

今のテレビは、ビデオデッキ内臓のテレビだから、買い換えると、もう見られなくなる。

殆どが、録画したテープで、再度観たものは少ない。なのであとの半分も、次回のごみの日に処分と云うことになる。

外は風が吹き、外気はかなり冷たい。この頬にピリピリする感じに誘われ、近辺を歩いてみたくなってしまった。

いつも知ってる所で、とりたてて注目するものとてないが、この冷気の中では、逆に新鮮に見えてくる。

この寒風の中、ニュータウン通りの街路樹、プラタナスの枝切り作業をしている。しかも秋口に切られて、やっと伸び出したばかりの枝を切っている。どんな意味があるのだろう、二度切りするってことは?

歩くってことをしてる時は、何も考えていない。特に花も咲いてないし、変わった建造物が有るわけではないから、見なれた景色を安心して見て歩くだけだ。

山歩きの時も同じで、何も考えずただ歩いている。何処に足を置いて登るかとか、あそこは崩れてるから注意しようとか、無事に歩くことに専念している。

だから頭の中が空っぽになって、体は疲れてくるが、気持ちはすっきりしてくるように思う。

寒風の中のウォーキングも、周りに目を凝らして、歩くことに集中した1時間でした。

Blog2010_01100023

Blog2010_01100024

中国帰国児センター前の生垣から、季節外れのススキの穂が、寒風の中、踊ってるようでした。子の風で、白い綿毛も飛んでってしまうんじゃないでしょうか?

|

« 北半球に大寒波発生 | トップページ | 通信用アンテナの解体 »

散策、ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北半球に大寒波発生 | トップページ | 通信用アンテナの解体 »