« 日航、会社更生法  蝋梅 | トップページ | 寒風の中の散歩 »

2010年1月12日 (火)

北半球に大寒波発生

先ごろドイツを始めとして、イギリス、フランスで猛威を奮った大寒波が、中国、日本を覆っている。

ヨーロッパに、30年、40年ぶりに、異常降雪をもたらし、交通のマヒ、雪に埋もれた建造物の記憶が生々しい。

その寒波が、裏日本、東北、北海道にかかり、降雪、竜巻、落雷、突風などを引き起こしかねないと言う。

もうすでに、かなりの積雪に見舞われ、除雪、屋根の雪降ろし等で、更なる労力、経費のかかることが、不安視されている。

冬の風物詩としての雪景色は好ましいが、生活を脅かすドカ雪となれば、厄介者以外の何物でもない。

最近の、世界から来る異常気象による災害を見るにつけ、過ってない恐怖を覚える。

文明は、我々の生活を豊かに、便利にしてきたが、その代償は大きい。

世界中で、もっと大きなCO2削減のうねりとならないと、この地球は人類の住める所ではならなくなってしまう。

|

« 日航、会社更生法  蝋梅 | トップページ | 寒風の中の散歩 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日航、会社更生法  蝋梅 | トップページ | 寒風の中の散歩 »