« 冬籠り | トップページ | 体感温度0度 »

2010年2月 5日 (金)

朝青龍引退

相撲協会の説得が効いたのか、朝青龍が突然の引退となった。

それまで彼の行状の悪さを、さんざん攻撃してたのが、引退表明を境にして、惜しむ声が増えてきた。

力はだれでも認める一級品だが、品格がないと叩かれる。

高砂親方も、監督不行き届きで、二級降格となった。

でも思うに、あの高砂親方の、ずぼらさ、いい加減さ、言いかえれば、大らかさの元だったから、朝青龍は、野放図に強い力士に育ったのだろう。

もし躾、教育に熱心な親方だったら、途中で辞めてしまったか、続けていても、委縮してしまい、こんな強い横綱には、なれなかったのではないだろうか?

一人横綱で、大相撲の人気を支えて来て、教会を潤した二人が、引退、降格となったのは、世論の流れによるのか、不思議な気がする。

いいコンビで、どちらが欠けても、この結果は生れなかったと思う。

スター不在で、大相撲の人気が低落することのないように祈るのみだ。

|

« 冬籠り | トップページ | 体感温度0度 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬籠り | トップページ | 体感温度0度 »