« 法定相続 | トップページ | 南米チリ大地震 »

2010年2月26日 (金)

女子フィギアスケート

バンクバー五輪の華、女子のフィギアスケートは、予想どおりキム・ヨナの圧勝となった。

キム・ヨナのフリー演技は、円熟、滑らか、柔らかさに加えて、技術の正確さが、素人目にも優劣の判断は下せるほど、はっきりとしたものだった。

真央ちゃんは、あまりにトリプルアクセルに拘り過ぎた結果、円滑さ、明るさなど、特有の良い点が萎んでしまった。

トリプルアクセルの成功後、気が抜けた訳でもないだろうが、考えられないミスを犯し、得点を伸ばせなかった。

しかし、まだ誰も跳べなかった技を克服出来たのは、真央ちゃんの非凡な才能であるのは間違いない。

キム・ヨナの失敗待ちみたいな報道も有ったけど、お互いベストの出来なら、やはりキム選手の方が、頭一つ上なような気がする。

真央ちゃんも、安藤美姫ちゃんも、自己ベストには届いてないが、それに余りある成果を上げたように思う。

鈴木選手も含め、3人ともベスト8に入ったのだから、団体戦が有れば、ぶっちぎりの金メダルだよね。

そうそう、影がちょっと薄くなったけど、男子フィギアも3人とも8位入賞なのだから、現れてない金メダル2個と思いたい。

|

« 法定相続 | トップページ | 南米チリ大地震 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 法定相続 | トップページ | 南米チリ大地震 »