« 小さな恋人たち | トップページ | 行幸橋から »

2010年2月14日 (日)

バンクーバー冬季オリンピック

冬季オリンピックが始まった。いつもの事だが、外野雀たちが、メダルの予想でうるさい。

概して始まる前は、ちょっとでも見込みがあると、金銀銅に割り振る。

希望的観測が多勢を占めて、如何にも取れそうな前評判である。

まぁ、応援する気持ちが昂じてのことだから、止むをえないか?

ジャンプ、ショートトラック、スキー・モーグルなどの種目が行われたが、上村愛子が4位になっただけである。

服装の品格で、話題を提供した國母選手は、あれだけ叩かれて、力を発揮することが出来るだろうか?

朝青龍のように、非難を力に変えることが出来ればと思うが、ちと若すぎるかな?

せっかく代表に選ばれて行ったのだから、開会式に出て、応援される方を選べば良かったのに。

逆に不貞腐れて、競技に悪影響が出ないことを望むが、本人はもちろん、監督、コーチがしっかり教育すべきだったのでは?

|

« 小さな恋人たち | トップページ | 行幸橋から »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小さな恋人たち | トップページ | 行幸橋から »