« 湯楽の里・三芳スマートインター | トップページ | 確定申告書 »

2010年2月10日 (水)

記念硬貨、銀貨、金貨

昭和天皇在位60周年を記念して、10万円金貨、1万円銀貨、500円硬貨が昭和61年に発行された。

金貨なんて見たこともなかったし、持ってれば、後々、値上がりするのかな、なんてことも思い、その当時の同僚が知人を介して、手に入れることが出来ると云うので、いくばくかのプレミアムを付けて買い求めた。

日本政府の発行する記念硬貨の類は、発行する数量が多いので、希少価値など付く訳がなく、コイン売買では、値が付かないのが現状だ。

Blog2010_02090034

Blog2010_02090038

Blog2010_02090035

Blog2010_02090036

10万円金貨、1万円銀貨は、パッケージ未開封のまま。

Blog2010_02090039

Blog2010_02090040

上記2枚のほか、瀬戸大橋開通記念の500円硬貨も持っている。

この間、郵便局へ行き、瀬戸大橋の硬貨で切手を買ったら、窓口係の人が決めかねて、別の人に相談して、やっと使えた。

通常の500円硬貨より、二回りほど大きいし、デザインも異なるので、通常使用は面倒なようだ。

まして、10万円金貨、1万円銀貨など推して知るべしだろうと思われる。

Blog2010_02090041

Blog2010_02090042

序でに、小渕内閣の時に発行されて、使い勝手の悪さで不評だった弐千円札もある。

額面道理の価値はあり、使用できると言っても、面倒に思えるし、残していく子孫もいない身なので、銀行預金で使用しようと思うこの頃です。

|

« 湯楽の里・三芳スマートインター | トップページ | 確定申告書 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 湯楽の里・三芳スマートインター | トップページ | 確定申告書 »