« 桜&君子蘭 | トップページ | 金仙寺ポタ »

2010年4月 5日 (月)

納豆汁

読売の投書欄で、郷土料理にまつわる声を載せている。

郷土料理と言っても、お店の料理ではなく、自分ちの料理なのだが。

遠い昔を偲べば、肉じゃがらしきものと、やはり納豆汁が記憶の中にある。

むろん肉じゃがと言っても、その当時の東北の片田舎では、肉なんぞは手に入らず、じゃが芋、にんじんを油で炒めて、麩が入ってるようなものだったように思う。麩に汁がしみ込んで、おいしかったように思う。

納豆汁も、家庭ごとに入れる具は違っていて、ちくわ、さつまあげ、こんにゃく、芋がら、油揚げなどで、納豆と味噌を、すり鉢ですり潰した汁が、とろみをつけて熱々の具だくさんの汁だった。

高級な素材こそなかったものの、各家庭で工夫を凝らした惣菜を、母親たちは作ってくれ、育ち盛りの子供に食べさせていた。

今、それらのものを再現してみるが、それなりのおいしさはあるが、昔ほどの味にはならない。

環境、状態が、著しく違った今では、同じ感覚を持つことは難しいことなのだろう?

|

« 桜&君子蘭 | トップページ | 金仙寺ポタ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜&君子蘭 | トップページ | 金仙寺ポタ »