« 女性二人 | トップページ | 海老蔵結婚式  自転車エクササイズ »

2010年7月30日 (金)

貯蓄税

暑さは少々押さえられてる気候になったが、外へ出られないので、テレビで過ごす時間が増えた。

今日は借金大国日本を救うには、消費税を上げるよりも、貯蓄税を創設した方がいいと云うことだった。

消費税上げは、デフレスパイラルになる危険性があるが、貯蓄税は良いことずくめとのこと。

貯蓄税とは、1000万円を超過した分の貯金の元金に掛ける税金とのこと。

何も使わない、余ってる金(死に金)を市場に回す方法である。

税金を掛けられてはかなわないと、お金を使う様になる。日本に置いておかないで、外資貯金をするため外国に持ち出されれば、国債を買う金がなくなり、国債が国内で売れなくなる。

外国に持ち出せば、円安になり、企業の利益も上がり、景気も回復する。

銀行に預けておけば、自動的に減ってゆくから、タンス預金とか、金(ゴールド)に替えるとか対抗措置をするかも知れぬが、それに付帯する仕事が発生するだろうから、何もしない今よりはいい。

話を聞けば良いことずくめだが、勤勉な日本人は、財産を侵害されることには怒ることだろう。

また大金持ちは、財界、政界の人に多いだろうから、自分の財産を削る政策は、なかなか実現することは難しいが、小金しかない自分には、面白い話だった。

大所高所に立つことが出来ない、我が日本人には、ちょっと無理な理想が勝ってる考えだろう。本当にそんな風になって欲しいと思う。

|

« 女性二人 | トップページ | 海老蔵結婚式  自転車エクササイズ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女性二人 | トップページ | 海老蔵結婚式  自転車エクササイズ »