« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月29日 (金)

空堀川を遡る フェスティバル準備

GIANT R3で皇帝ダリアを見に走るも、まだ咲いてない。

空堀川の続きを走ろうと、清瀬橋に出る。

右岸を上れば、多摩全生園を左に見て過ごせば、清瀬市から東村山市に入る。

野口橋を過ぎれば、東大和市だ。

川沿いの道路はなくなり、新青梅街道で西武多摩湖線を跨ぐ。

降り切った所で、川沿いに戻り走れば、清水新大橋に出る。

この先は、川から離れるので、ここより多摩湖へ向かう。

Blog2010_10290007_2

流域図に依ると、水源は野山北公園とある。

この川は普段は水量が少ないため、魚、昆虫、鳥などの生物が、生育しにくいので、改善を目指し、地域、市が協力してるらしい。

なので川幅だけ広く、真ん中に細い流れのある一級河川なのだ。

ただ一旦降雨になれば、急激な増水する、典型的な都市型の川なのだ。

これより先は、川沿いの道はないので、多摩湖へ抜けての帰路とする。

西武遊園地から坂を下れば、山口城址。西所沢駅前より、航空公園に出る。

Blog2010_10290009_2

Blog2010_10290008_2

Blog2010_10290010

Blog2010_10290011

Blog2010_10290012

公園では、土日のフェスティバルに向けて準備の真っ最中である。

台風の接近もあり、雨の予想もされるが、市のビッグイベントなのだから、やらずばなるまい。

サイコンの付いてないバイクだから判らないが、30キロちょっとは走っただろうか?

全然、汗のかかない季節になったようです。よって全然疲労はなしのポタでした。

| | コメント (1)

2010年10月28日 (木)

畑に街の装い

権現堂公園の新調なった部分の続きです。

Blog2010_10250021

Blog2010_10250022 Blog2010_10250023

Blog2010_10250024

外野橋から公園中央に通じる道、階段がなどが広く明るくなりました。

道路の交差部は、まるでミニステージのようで、ソーラーシステムによる照明みたいなものもあります。

まるで小さな街区が出来たような雰囲気になりました。

まだちょっと周りからは浮いてる感じはしますが、だんだん馴染んでくることでしょう。

Blog2010_10250027

Blog2010_10250026

Blog2010_10250030

Blog2010_10250029

堤下のさくらサミットin幸手記念樹が、30~40本各県からの参加が有る中で、エドヒガン冬桜が小さな花を開いています。

土手上から土手下の広場へ、菜の花畑へと誘う園路も増え、舗装もされたので歩きやすくなりました。

来年春の桜の時期が待たれます。沢山の人々が、新装なった公園で楽しまれることでしょう。

| | コメント (0)

2010年10月27日 (水)

10/27ウォーキング 権現堂公園

25日に幸手に行き、権現堂公園を散策する。

園路、設備工事もあらかた終わりに近づいたようだ。

Blog2010_10250017

Blog2010_10250018

Blog2010_10250019

新しく出来た物の中に、この池がある。

が、極めて水位が低い。春先になったらもう少し水を入れるのだろうか?

Blog2010_10250020

茶屋から下りた所の橋は、まだ養生中である。

Blog2010_10250032

橋からの園路も通じて、菜の花、紫陽花の観賞、散策もしやすくなった。

Blog2010_10250025

堤の肩が土で覆われて、埋まってしまってた曼珠沙華。

今年は、花を咲かせず、終わってしまうのでしょうか?

Blog2010_10250031

フジバカマも花の盛りを過ぎ、綿毛っぽくなってきてます。

明日も、外野橋からの園路をアップします。

<ウォーキング>

久しぶりに公園ウォーキングをしました。

この間までの暑さが、嘘のようで、汗ばんだ体が、すぐ冷えてきます。

公園では、土日に行われるフェステバルの準備で、沢山のテントが設置されてました。

歩数 11360歩  距離 9.6km  消費カロリー 617kcal

脂肪燃焼量 44g  いきいき歩数 10710歩

歩行時間1時間27分  活動量 10.5Ex

| | コメント (0)

2010年10月26日 (火)

清瀬と所沢の境界ポタ

写真を取りながらの、ゆっくりポタリングはGIANT R3で走るのが良い。

28Cタイヤなので、少しの砂利道にもOKだ。

本郷地区から、柳瀬川の川沿いを走り、清瀬橋に出る。Blog2010_10240035

清瀬橋から、下流方を望む。静かな風情である。

Blog2010_10240036

Blog2010_10240037

Blog2010_10240038

上記3枚は、柳瀬川と空堀川の合流部の写真です。

①柳瀬川から合流部方  ②清瀬橋際所沢市より撮影

③清瀬橋清瀬市側から撮影 右方が空堀川

空堀川を少し遡ると、清瀬せせらぎの小径に出た。

ここはポンプアップした水を流してる人工の小川である。

Blog2010_10240039

Blog2010_10240042

Blog2010_10240040

Blog2010_10240041

わずか600mくらいのせせらぎ公園だが、花や植物の説明などもされて、穏やかになれる所だ。

公園内に咲いていたマユミの実とコムラサキシキブの花。

Blog2010_10240043_2

明治薬科大そばの空堀川。名前のように、あまり水は少ない。

Blog2010_10240044

明治薬科大では、明薬祭が開かれてました。これは日曜日のポタリングの続きです。

大学祭は、多分土日で行われたのでしょう。

大学の裏手の、野塩団地より、所沢下安松地区に入り、上安松、北秋津と通って帰宅です。

最初の目論みの、登坂訓練はせずのユルポタとなりましたが、新しい所へ行けたり、懐かしい所へ行ったりで満足してます。

遊びながらのポタは、約3時間ですが、ほとんど草臥れることはありませんでした。

| | コメント (0)

2010年10月24日 (日)

東京との境を行く

R3に跨り、城山神社下を目指す。

最初の目的は、登坂練習のためである。

東所沢より本郷に出て、坂道を下りきった所を左に進むと、城運動公園がある。

ちょっと寄り道。野球場では、市の野球連盟の公式戦だろうか、試合をやっていた。

30年前の夏の暑い日、ここで自分等も試合をしていた。

Blog2010_10240023

野球場のすぐそばには柳瀬川が流れている。

橋を渡れば、清瀬市になる。

Blog2010_10240024

川沿いに続く清瀬台田住宅があり、川に沿っての散策路もある。

静かな憩いの場所のようだ。

Blog2010_10240025

住宅を過ぎれば、橋を渡り、清瀬金山緑地公園に出る。Blog2010_10240026

公園そばの河原では、バーベキューをやっている。

柳瀬川も綺麗になって、川遊びも出来るようになってたのには驚いた。

鯉は沢山見かけたが、鮎もいるらしい。

Blog2010_10240027

Blog2010_10240028

Blog2010_10240030

金山緑地公園内。①散策路 ②ホタル育成場所 ③葦原のある池

最近は何処の水辺にも、鳥撮隊が大砲望遠レンズで翡翠を狙ってる人達が、屯している。

所沢方に目をやると、大きな観音像のようなものが見えた。

Blog2010_10240031

来てみれば、東福寺の阿弥陀如来像が建立されていた。

Blog2010_10240033

Blog2010_10240034

境内の仏様、2体を撮影。

仏像の前では、凡庸な自分も敬虔な気持ちになりました。

ここよりなお柳瀬川沿いを遡るのですが、後半は次の機会にアップします。

最後に金山緑地公園の水辺に咲いていた溝蕎麦(?)をアップして終わりにします。

Blog2010_10240029

| | コメント (0)

2010年10月23日 (土)

近辺ポタ

晴天に誘われて、近辺をポタリングする。

田園風景の一面に、造園屋さんが幼木を育てている畑に出会った。

ドウダンツツジを色んな刈り込みをして、切り絵のようにも、墓石のようにも見える。

Blog2010_10230007

Blog2010_10230008

やや色づき始めた幼木と、肌に感じる風が、秋の近付いてくるのを実感する。

所沢~川越線を越えれば、花園地区と所沢新町の境を進む。

右手は畑地、左は住宅地である。

Blog2010_10230009

Blog2010_10230010

きれいに刈り込まれた茶畑と、ほったらかしの蕎麦畑の対比が面白い。

手入れされてない、撒きっ放しの蕎麦は花付きも悪く見えるのは、私だけか?

北岩岡のから西武フラワーヒルを抜け、水野東急団地の端をかすめて、狭山市南入曽、北入曽へ出る。

昔は汚染度NO1の不老川も、住民の努力のおかげで、きれいな水に変わっていた。

昔の思い出を探しに、住宅地を廻ってみたが、目指す場所は変わっていてわからない。

狭山台から上赤坂を結ぶ広い道路は堀兼地区までで、延長はまだ工事中である。

給食センターを左折して南下すれば、またフラワーヒルの交差点に出た。

朝とは少し違う道で、1時間半のゆっくりポタリングを終える。

Blog2010_10230011

Blog2010_10230012

当団地の現場打ちコンクリートで建築された建物が、耐震工事の全容を現してきた。

建物の外部に、鉄骨の柱と筋交いのようなものが見られる。

前面の一部だけの補強で、どれほどの効き目があるのか、不思議に思う。

| | コメント (0)

2010年10月22日 (金)

公園で駅伝予選会

しばらくぶりでウォーキングしようと公園にR3で向かう。

公園内では、埼玉県中学生駅伝所沢予選会の真っ最中だった。

応援する父兄や、生徒たちで公園は半分以上に渡り、使用されている。

ただ駅伝予選会の告示があまり徹底されてないため、知らずに公園に来た人は、コース内に立ち入ったりしてるのは、選手共々に危ない感じがした。

スタート、ゴール地点を見れば、かなりの重要さが判るが、途中のジョギングコースなどでは、普通の練習と勘違いしかねない。

道路使用許可を取るよりも簡単なため、公園内にコースを設定したのだろうが、立ち入り禁止をしてるわけではないので、幼児や老人などがコース内に入ったりもするだろう。

選手も人を避けながらの走りでは、力を出せ尽くせたのかと心配ではある。

Blog2010_10220008

Blog2010_10220009

ジョギングコースも、使用コースとなってたので、駅伝予選会の終了をみてから、2周して終える。

野球場の方、予選会の影響の及ばない所で、ちまちまとR3で走る。

Blog2010_10220010

Blog2010_10220006

Blog2010_10220007

公園のコスモス畑は、黄色コスモスが満開を見せていた。

一番最初から咲いてたキバナコスモスは、役目を終え引き抜かれていた。

この間芝生を剥いだ所は、まだ土の状態だが、今度は何を植えるんだろうか。

お花畑を広くとって、市民を楽しませてくれそうだ。

| | コメント (0)

2010年10月20日 (水)

煩わしさと孤独

自分はいま66歳、一人暮らしである。

ふだんは自由で何の煩わしさもなく、快適とはいかなくても、ほぼ満足な日々を送っている。

勿論、自分が選んだ暮らしと言うか人生なんだから。

でも時々、舞台が暗転して、奈落の底に落ちてくような時もある。

そんな時は、無性に寂しく心細くなる。そんな思いを断ち切るべく、少量のアルコールを摂取したりすると、尚更に増幅してしまうのだ。

体を動かしてる間は、そんなことにはならない。

ウォーキングしたり、軽いジョギングしたり、スポーツバイクを乗ったりとして、体の丈夫なうちはやろうとしている。

いつもは何にも感じないのに、ときたま未来が悲観的に感じるのだ。

これは一人身だから、感じることが出来る特典なのだとも思う。

忙しい人、周りに家族、友人など沢山いる人は、こんな事にはなれないだろう。

煩わしさを避ければ、孤独が生ずるのは、至極当然なこと。

もしかして自分は、こう言う事も楽しみの一つにしてるのかも?

| | コメント (0)

2010年10月18日 (月)

ゆるポタ 多摩湖

20km/h以下の、ゆっくりとした速度で、多摩湖方面へ向かいます。

負荷の感じない回転で進みます。登り坂は少しは力を入れます。

下り坂は、自然の降下力に任せます。

そんなユルいポタリングです。

西武園球場前の坂を、少しだけ頑張って登れば、家から10km弱の道のりになります。

Blog2010_10180046

Blog2010_10180047

CRの多摩湖橋の下に、GIANT FCRを車止めに縛り、反対側の慶性門へ向かいます。

湖底に沈んだ寺、慶性院の山門が慶性門です。

寺には珍しい長屋門造りです。寺は東大和市に移転されたのですが、山門だけ残ったのを、ここに移築されたようです。

Blog2010_10180038

Blog2010_10180036

説明文を読まれる方は、画面をクリックすれば、少し大きくなります。

Blog2010_10180037

Blog2010_10180045

門の前からと、後ろからの写真です。

Blog2010_10180039Blog2010_10180044 Blog2010_10180040_2

Blog2010_10180042

慶性門をくぐり抜けると、湖底に沈んだ集落の産業、泥染に使用した植物とその説明が有ります。

更に一寸登りますと、大巨人伝設大多羅法師(だいたらぼっち)の碑があります。

Blog2010_10180041_2

それによると富士山は、大多羅法師が土運びの際に落したもの、また伊豆七島は、法師が滑った時に足から落ちた土の塊となってます。

この伝説は、関東至る所で語り継がれてるようです。

Blog2010_10180048

Blog2010_10180049

CR多摩湖橋の反対側、鹿島休憩所。豊鹿島宮奥宮跡地を知らせる標柱あり。

半袖、短パンで木々の中、日蔭を下るときは寒さを感じます。

Blog2010_10180050

Blog2010_10180051

所々で道草を食いながら、多摩湖を一周して、狭山湖に立ち寄り帰宅です。

狭山湖と秋の花の佇まいです。

走行距離 35.36km     Max 36.5km(下り坂)

走行時間 2+8        Ave 16.5km

                                  

| | コメント (0)

2010年10月17日 (日)

一周忌法要

去年11月に亡くなった義兄の一周忌法要が、蓮田市の寺で行われた。

上福岡経由で行くと、1時間で寺に着いた。混んでない所為もあり、思いのほか近く感ずる。

義兄の親族と我ら兄弟姉妹の、こじんまりとした集まりである。

蓮田駅近くの寺で、お経をあげてもらい、黒浜地区にあるにしきという割烹屋さんで、お清めをした。

ここのお店は、旬の物を手を加えて出してくれるので、なかなかいい。

マツタケの土瓶蒸しや牡蠣のグラタン風などとアレンジしたりも楽しい。

野菜の煮つけも、秋を彩り、里芋のマツタケ、人参とオクラの南天といった具合だ。

稲穂を素揚げしたものは、爆ぜたところがポップコーン状になり、香ばしい味だ。

法事のお清めの席なので、写真は失礼と思い撮らなかったが、綺麗な調理だったので残念だ。

マツタケのおこわの下に、アマダイの照り焼きを忍ばせてるのも面白い。

懐石風なので、一皿の分量は少ないが、品数があるので充分である。

2時間ばかりかけて、ゆっくりと戴けたお清めの席だった。

| | コメント (0)

2010年10月16日 (土)

周回EX 11周

今日は周回コースを長く走ろうと、9時過ぎから始める。

ここ連日、目いっぱい走ってる所為か、脚が重い。

今日は頑張らずに長い時間走ろうとするが、いざ走るとそうもいかない。

結局頑張ってしまうから、後まで持たない。

アベレージ20km/h以下なら、もっと持つのであろうか?

苦しくない程度の走りなら、4~5時間走れるかな?

でも疲れてくると、だんだんスピードは落ちてしまう。

ほんとに疲れない走りなんてあるのかな?

要は脚力を鍛えなければならないのは判っているのだ。

脚力は、瞬発力も、持続力も一緒に向上してくるのだから。

確かに、3年前の乗り始めに比べれば、スピードも持続力も伸びてきてるのだ。

※本日のバイク GIANTO FCR ZERO 2010年

走行距離 55.52km     Max 33.0km

走行時間 2+25        Ave 22.9km

| | コメント (0)

2010年10月15日 (金)

FCRでいつものEx

午後からFCRでいつもの基地周回トレーニングです。

やはり涼しいのは楽で、汗が流れおちない分、快適です。

1周目は軽めの回転にし、体の温まった2周目より、ギアを1段階上げます。

回転数さえ上がれば、大ギアの方が速い速度を生むようです。

この道路は、殆ど平坦ですが、警察署と中央高校付近が幾らか高くなってるようで、同じギアで走ってると、スピードが落ちてきます。

今日は風もないので、8周まで回りました。

最後の集会で、中央高校付近で、ローディーさんに、いとも簡単に抜かれ、瞬く間に置き去りにされてしまいました。

自分は24km/hくらいで走ってたので、ローディーさんは30km/h近く出てたのでしょうか?

老体の身でトレーニングも甘いので、そこまでの脚力は望めそうにはありません。

今日のAveはタイ記録のように記憶してます。これを基準にして、レベルアップを図りたいと思う。

走行距離 40.48km    Max 36.0km

走行時間 1+40       Ave 24.2km

| | コメント (0)

2010年10月14日 (木)

全員生還 基地周回Ex

チリの落盤事故の救出が、全員生還で、無事に幕を下ろした。

チリに人々は、明るいね。悲壮感と云うのが、殆ど感じないね。

ラテン民族という気質が、そうさせたんだろうね。

日本でだったら、こうはいかないような気がする。

パニくって、暴れたり、泣いたり、自分だけの主張(ゴリ押し)を通そうとしたりする人が、出たような気がする。

それと二次災害が起きなくて、ほんとによかった。

カプセルも良く使用に耐えられたしね。土や岩に擦られてもね。

※基地周回Ex※

どんよりとした天気の中、通信基地周回、1周約5kmのコースを、今日も午後より走る。

GIANT FCRのメーターを0に戻し、スポーツドリンクのボトルをウエアのポケットに詰めて漕ぎだす。

回転はあまり軽くはない。連チャンの疲労なのだろうか?

体が少し温まった2周目辺りから、少しづつ戻りつつある。

あと今日は、信号に引っ掛かったり、お巡りさんが居たりで、止まったりすることが多かった。

日射しがないので、汗も出ないので、給水することもなく、7周して終わった。

8周したかったのだが、生理的欲求により断念する。まぁ、いつでもやれることではあるが。

走行距離 35.42km    Max34.5km

走行時間 1+32       Ave 23.1

| | コメント (0)

2010年10月13日 (水)

通信基地周回運動

朝方の雨も早くあがり、道路も乾いてきたので、ESCAPE R3で5km離れたスーパーに買い物に行く。

みずなが少し安くなってるだけで、野菜はまだまだ品不足のようで高い値のままだ。

葉物を食べなければいけないので、それでも選んで買ってくる。

チリの炭鉱落盤事故の救出は、昼近くになって、やっと一人が生還した。

660mと云う地下深い場所からの、カプセルの吊り上げなので、時間もかかるし、故障など起きないことを願うのみである。

昼過ぎからは、自宅前の通信基地を周回することにしよう。真夏の早朝エクササイズ以来である。

バイクもメーター付きのESCAPE FCRに替えての運動である。

早朝と違って、車の走行も多いので、信号でも停車する回数が増えるのは当然。

あまり力まず、6周して終えた。左回りすれば、走り易い道路であることには違いない。

家の近くで、20km、30km、40kmと手短に走行できるのは、恵まれてると云うべきだろう。

走行距離 30.39km     Max 35.5km

走行時間 1+17        Ave 23.6km

| | コメント (0)

2010年10月12日 (火)

眼科医通院

2週間に一度、加須の眼科医院に通院している。

最初の病は、網膜裂孔である。それは当日、光凝固術を行ってもらって、それ以降の進行はない。

これは飛蚊症を発症し、視界に帯状の黒い影が出て、目障りになり受診したら網膜裂孔が見つかったのだ。

これは幸い発見が早かったので、前述の処置でことなきを得た。

その際に白内障になり罹ってるから、押さえるための目薬と、術後の炎症を抑えるための目薬を処方された。

その後、6ヶ月くらい経過した頃に、ぶどう膜炎の発症を診断された。

最初は、半年くらいで治るだろうと言われてたが、症状が一進一退を繰り返すのみで、完治することはなく今に至ってるのだ。

今日の症状はかなりいいとのことだが、今まで通り繰り返しになるのであろう。

現在は、ぶどう膜炎を抑える薬と合わせ、3種の薬を処方されている。

幸い視力も落ちることなく、裸眼で1.0~1.2を保っているし、不都合な症状はない。

眼科でも、内科でも、かかりつけ医が有る方が、安心なのだが、なかなか解放してくれない。

Blog2010_10110006

Blog2010_10110007

Blog2010_10110008

11日に早く仕事を終えた弟と、権現堂堤から、行幸湖周辺をブラリ散歩した。

権現堂公園の園路や池の新設工事も、かなり進んでいて、今年中には終えるのであろう。

行幸湖隣接の五霞の公園では、花後に剪定された木から枝を伸ばした薔薇が咲いていた。

園内にはまだ辛夷の実が見られ、季節の移ろいが変化してしまっている。

| | コメント (0)

2010年10月10日 (日)

まつりのひとこま

雨上がりは自転車も駄目なので、テレビを見てた。

夕食の支度を終わってから、所沢まつりを覗いてみる。

家でじっとしてるのが、二日も続くと精神的に良くない。

道路も大分乾いてきたので、R3で公園まで行き、野球場の駐輪場に置いて、7分も歩けば会場のプロぺ通り、銀座通りだ。

山車が3基練り歩いている、東町の交差点付近で、祭りの時の常設する荒幡囃子連をのぞく。

天孤の踊りが有る時は、人垣がいっぱいとなるが、終えれば直ぐ引いてしまう。

夕方4時を回った所なので、昼から居る人は帰り、夜の部には少し早い時間帯なので、多少人混みがばらけているようだ。                                   

Blog2010_10100010_2

Blog2010_10100008_2

Blog2010_10100009

Blog2010_10100011

Blog2010_10100007

一番傍に来ていた有楽町の山車と荒幡囃子連の居囃子の様子を撮って帰ってきた。

山車も12基出てるとのことだが、詳しくないので、比較してもあまり違いは判らない。

ともあれ晴れてきたので、祭りが出来て良かったと云うべきだろう。

   

| | コメント (0)

2010年10月 9日 (土)

自分について(友達)

昨日は数少ない友達と、その子供と過ごした。

自分について思ってみるに、幼年期、少年期、青年期、中年期、そして今の高年期において、友達を考えてみる。

幼友達は、遊び友達であり、少年期を中学時代とすると、同じ学年友達だ。

幼友達とは、最近も含めて2度ほど会ってるが、ひとしきり昔の思い出を語れば、後は何もない。

またしばらくの疎遠となるのだ。幼い時を共有してるだけの関係に過ぎない。

高校時代は、同じ方面からバス通学を共にしてた友達がいたが、卒業後は完全な疎遠である。

社会人となってからの青年期、中年期においても、同じ仕事、同じ会社にいる時だけの友であり、所謂、長く付き合ってる友達はいない。

考えてみると、自分はバリアを作って、中までは踏み込まれるのを避けていたのだ。

だから親友と言う友は作らなかったし、またなれる筈もない。

自分の生い立ちや、コンプレックスや性格にもよるのだろう。

そんな自分にも、中高年にさしかかってから、バリアの築く必要のない友が出来た。

もう9年くらいの付き合いになるだろうか?

身構えたり、着飾ったりしない関係だから長く続いているのだろう。

また長続きしている要因としては、携帯電話があるから、連絡したい時にメール交換が出来る時代もある。

| | コメント (0)

2010年10月 7日 (木)

荒川右岸CRを遡る

荒川右岸CRを遡ろうと、8時に家を出る。本日使用のバイクは、ジャイアント FCRです。

前に練習したコース、多聞院、旧大井庁舎、上福岡、ふじみ野市役所、南古谷を抜けて、新上江橋に出て、CRに下りるコースである。

Blog2010_10070019

橋の中ほどより案内に従い下りれば、上流方向への右岸CRとなる。

Blog2010_10070020

降りてすぐのCRは葦が伸びてる状態だが、すぐに河川敷ゴルフ場となり、きれいに刈り取られている。

Blog2010_10070021

彼岸花が点在する中を、気持ちよく走れば、まもなくホンダヘリポートが左下に、右にエアポートが見えてくる。

帰りにエアポートに寄ることにして先を急ぐ。

Blog2010_10070022

Blog2010_10070023

左下には稲刈りの終わった田が関東平野を感じさせる。除草の終えたCRが真っ直ぐに何処までも伸びている。

Blog2010_10070024

吉見町のさくら堤公園は、終わりかけの曼珠沙華が名残を惜しんで咲き残る。

Blog2010_10070025

水道橋をくぐり、大芦橋の手前300mにあるCRの案内板を見て、ここから引き返すことにする。

ここまで家からやく40km、2時間15分の地点だ。

Blog2010_10070026

川幅日本一の地点に立ち寄る。吉見町と鴻巣市を結ぶ2537mとある。

Blog2010_10070027

Blog2010_10070028

3年前に来た時は、橋脚しかなかった圏央道がもう開通されている。

久喜市の方まで続けば、一度くらいは走ってみようと思う。

Blog2010_10070029

Blog2010_10070030

Blog2010_10070031

ホンダエアポートには、たくさんの小型飛行機が駐機している。

また、かなりの頻度で離着陸を行っていた。飛行してる所は、うまく撮れなかったのでボツにしました。

Blog2010_10070032

乗ることもない路線なので、JR川越線の南古谷駅に立ち寄ってみました。

所沢が近づくにつれて、空模様が暗くなり始めました。

走行距離 79.55km   Max 37.5km

走行時間 4時間    Ave  19.7km

以上が本日のポタリングでした。程良い疲れで充実です。

| | コメント (0)

2010年10月 6日 (水)

多摩湖方面ポタ

エスケープR3で多摩湖方面に向かう。

久米の所沢高校側の坂を下り、荒幡の交差点に出る。

荒幡バーべキューからの坂は、かなり長い登りだ。

前はヘロヘロになって登りきったものだが、今はかなり脚力が付いたのだろう、そんなに苦にすることなく登れた。

登り切った坂を下れば、松が丘からの道と合流し、西武園駅を左に見て過ごし、次の信号を右折して住宅地を抜ければ、狭山公園に行きつく。

Blog2010_10060014

Blog2010_10060016

狭山公園内の宅部池。池を望むデッキも新設され、デッキに立つとたくさんの鯉が寄ってきます。水が濁り加減なので、色つきの鯉だけ撮りましたが、いっぱい泳いでいました。

公園を抜けて、東大和市側の自転車道を登れば、多摩湖の堰堤にだ。

Blog2010_10060017

日本一美しいと言われる多摩湖第一取水塔。この絵は自分も好きです。

Blog2010_10060018

Blog2010_10060019

Blog2010_10060020

Blog2010_10060021

植物プランクトンの発生を抑制する装置が、8基浮かんでいます。

簡単に言えば、表面の水を回転して酸素を入れてるようです。

Blog2010_10060022

Blog2010_10060023

堰堤上から狭山公園方の風景。多摩湖町と東大和市が遠景になります。

Blog2010_10060024

Blog2010_10060026

Blog2010_10060025

多摩湖自転車道を1周半走りました。ここは狭くてウォーカーも多いので、スピードは出せないですが、上り下りの連続なので、脚の鍛錬には良いように思う。

前と比較すると、ここの周回も、大分楽になってきてます。

狭山湖に向かいます。ここは所沢市ですが、狭山湖は都民の水がめとなってますから、湖畔には、石原都知事の「五風十雨の味あり」の碑が建立されています。

知事自筆の書で、「世の中が安定している様」を現しているそうです。

所々で景色を眺め、良い風を身に感じながらの3時間弱の、気持ちのいいポタリングでした。

| | コメント (0)

2010年10月 5日 (火)

所沢ポタ

空に時々雲がかかる天気なので、近間ということで、所沢界隈をポタリング。

埼玉りそなの横から、旧町内に入り、所沢駅前から東住吉を抜ける。

西武線を下に見て、坂を下れば、右は東村山市、左には秋津町だ。

30代の頃、友達らと何度か来たラドン温泉が、ドライビングスクールになっている。

温泉が至る所で掘り当てられたので、商売が成り立たなくなってきたのだろうか?

突き当たり、ニチレイを左に走り、新秋津駅の方に曲がるが、行きつく前に左に入ったものだから、結局、所沢街道に出てしまう。

坂を上り上げ、所沢駅の方に向かうが、この道はあまり使われない道路になってしまった。

駅の東口ロータリーに寄ってみるも、改修工事もまだ下部の方なので、何も見えない。

カメラは持参してるのだが、撮りたい対象物がない。

住宅地の中の道路を抜け、旭町の交差点に出る。

もうここまで帰ってきたら、ホームグランドの航空公園に行くほかはない。

Blog2010_10050008

Blog2010_10050009

Blog2010_10050010

公園の中の彩翔亭に入る。

池に睡蓮の花が咲いていた。落ち着いた色合いの清楚な花色です。

園路にはゴンズイの実が赤く熟れて、今にも弾けそうです。

Blog2010_10050011

Blog2010_10050013

Blog2010_10050014

放送タワーの下では、金木犀が満開の状況で、あたり一面に甘い香りを漂わせています。

この香しさが気持ち悪いと云う人が居て、我が団地の金木犀と沈丁花は切り倒され、抜き取られてしまいました。頭が痛くなるほどの嫌悪感なのだそうです。

人の体、感覚はその人にしか判らないのですが、強烈な匂いアレルギーというものがあるようです。

エスケープR3で、約2時間の自転車散歩でした。

| | コメント (0)

2010年10月 3日 (日)

自転車ぶらぶら

相も変わらずエスケープR3で行く当てもなくぶらぶら散歩です。

今日は運動と云う要素の少ない走りで、近辺を廻ります。

Blog2010_1003pota0013

Blog2010_1003pota0014

Blog2010_1003pota0015

まずは昨日と同じ所へ行きます。

里芋も背の高いのと低いのがありますが、今日のは背の高い方です。品種が違うんでしょうね?

下の2枚は、胡麻と似た植物ですが、根撒き草(ねまきぐさ)と言ってました。

そうなんです、去年も刈り取ることなく、トラクターで踏みつぶしてましたから。

合点がいきました。土と混ぜ込んで肥料となるんだそうです。

もしかしたら土壌を中和する働きもあったりしてね?

Blog2010_1003pota0017

Blog2010_1003pota0016

Blog2010_1003pota0018

Blog2010_1003pota0019

柳沢吉保が奨励して起こした、三富開拓地を見ようと、中富小の後ろに回りました。

この辺りが全部三富開拓地です。三富とは、中富、下富、上富でかなり広い地域です。

その畑地の一部が、国有地になり、競売の告示がしてあります。

広さ1700平米以上と記されてるので、500坪以上でしょうか。

価格は3590万円となってますが、畑にしか使用できなかったら買う人もいないのでは?

手前には、大きい身の入った栗林が有り、落ちてるのもありましたが、校庭では少年野球の練習がありましたので、拾えないですね。

Blog2010_1003pota0020

Blog2010_1003pota0022

Blog2010_1003pota0021

Blog2010_1003pota0023

Blog2010_1003pota0024

以前働いていた倉庫会社の前を通る。懐かしさもあって、外周道路を一周する。

日曜日なので休みなのだが、自分が居た頃よりは、不景気な感じが外回りから感ずる。

そんな感傷に浸りながら、日大横から霊園を抜け、若松町から浦所を走ってると、出光のGSが工事中になっている。

撤退ではないようだ、セルフへの転換工事のような気がする。

結局、航空公園に辿り着く。コスモスは、何度となく分けて植えてるので、どうやら段階的に咲いて楽しませてくれる。

その下の緩やかな斜面が、削られて芝生がはぎとられている。

花畑を拡張してるのかな?はがされた芝生が、3か所に置かれてる。この行先は何処なんだろう?

丁度良い気候の中、ゆっくりポタの3時間でした。

| | コメント (0)

2010年10月 2日 (土)

近辺ポタ&ダッシュ

エスケープR3で近所で車の通りが少なく、まっすぐな道が有るので行く。

畑地の中の道路で、従来は農道みたいなものだったのが、宅地の広まりと共に整備されたものと思う。

とは言え、地元の人とか、知ってる人とかが通行する具合で、幹線道路と結ぶ抜け道でもないので、そんなには通らないのだ。

3,400mくらいの直線だろうか、ここで小ギアで回転数を上げるダッシュをやる。

8本もやると、汗ばんでくるし、脚も笑ってくるようだ。

クールダウンも兼ねて、周辺をゆっくりポタリングする。

Blog2010_10020005

両側は丈の中の道路は、ときおり地元の車が走るだけで長閑な感じです。

Blog2010_10020006

Blog2010_10020007

Blog2010_10020008

今耕してる畑は、ホウレンソウでも植えるのだろうか?

所沢は、里芋の生産が日本一なので、至る所が里芋畑なのだが、連作はだめなようで、人参と交互に植えられてる。

茎が枯れ始めたら収穫のようで、もう少しかな?

この辺は、昔からの農家が多いので、家の前とか、畑の傍に野菜の無人販売所が点在する。

カメラしか持って出なかったので、一旦家に戻り、小銭とリュックを背に、目星を付けた二か所の販売所で、冬瓜とじゃがいも、ネギ、ニラを購入する。

ほとんどが100円だが、冬瓜は200円。ちょっと大きいのを買ったら、皮が固くて厚く剥いたので生ごみが多量に出た。

今日食べる分のほかに、二袋を綿と皮を取って冷凍にする。

夏野菜が、猛暑で良くなかったのは、全国的で、秋野菜の巻き返しを望んでいる。

| | コメント (0)

2010年10月 1日 (金)

巾着田周辺(2)

曼珠沙華公園の周辺には、コスモス、蕎麦の花、農家さんが植えている花や野菜なども見られます。

Blog2010_09290090

Blog2010_09290091

Blog2010_09290092

Blog2010_09290093

花はその場で畑から掘り出して、一株づつ売っていました。

蕎麦花は、紅白の混じり咲きです。

Blog2010_09290094

Blog2010_09290095

コスモスもかなりの面積に植えられています。

Blog2010_09290096

農地の水路沿いにも、曼珠沙華の芽が出始めていました。

長閑な田舎道の散策です。

Blog2010_09290102

Blog2010_09290105

Blog2010_09290107

Blog2010_09290106

高麗川に設置されてる魚道の様子です。雨後の増水で、かなりの水勢でした。

これで今回の巾着田関係は終わります。

※今日は公園に行き、エスケープR3で、小ギアにして回転数を上げて、坂道や平坦地などでトレーニングです。

大ギアで少ない回転するのと、小ギアで回転数を上げて踏みこむのでは、運動量自体は同じなのでしょうね?

昔学生の頃、物理で習ったような気がしますが?負荷が違いますから、筋肉に与える影響は違ってるのでしょうか?

その都度、状況に合ったギアを選べば、楽に漕げそうな気はしますが、実際にはなかなかそうはいきません。

練習で筋肉と、感覚を身につけなければいけません。

| | コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »