« まつりのひとこま | トップページ | 通信基地周回運動 »

2010年10月12日 (火)

眼科医通院

2週間に一度、加須の眼科医院に通院している。

最初の病は、網膜裂孔である。それは当日、光凝固術を行ってもらって、それ以降の進行はない。

これは飛蚊症を発症し、視界に帯状の黒い影が出て、目障りになり受診したら網膜裂孔が見つかったのだ。

これは幸い発見が早かったので、前述の処置でことなきを得た。

その際に白内障になり罹ってるから、押さえるための目薬と、術後の炎症を抑えるための目薬を処方された。

その後、6ヶ月くらい経過した頃に、ぶどう膜炎の発症を診断された。

最初は、半年くらいで治るだろうと言われてたが、症状が一進一退を繰り返すのみで、完治することはなく今に至ってるのだ。

今日の症状はかなりいいとのことだが、今まで通り繰り返しになるのであろう。

現在は、ぶどう膜炎を抑える薬と合わせ、3種の薬を処方されている。

幸い視力も落ちることなく、裸眼で1.0~1.2を保っているし、不都合な症状はない。

眼科でも、内科でも、かかりつけ医が有る方が、安心なのだが、なかなか解放してくれない。

Blog2010_10110006

Blog2010_10110007

Blog2010_10110008

11日に早く仕事を終えた弟と、権現堂堤から、行幸湖周辺をブラリ散歩した。

権現堂公園の園路や池の新設工事も、かなり進んでいて、今年中には終えるのであろう。

行幸湖隣接の五霞の公園では、花後に剪定された木から枝を伸ばした薔薇が咲いていた。

園内にはまだ辛夷の実が見られ、季節の移ろいが変化してしまっている。

|

« まつりのひとこま | トップページ | 通信基地周回運動 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まつりのひとこま | トップページ | 通信基地周回運動 »