« 一周忌法要 | トップページ | 煩わしさと孤独 »

2010年10月18日 (月)

ゆるポタ 多摩湖

20km/h以下の、ゆっくりとした速度で、多摩湖方面へ向かいます。

負荷の感じない回転で進みます。登り坂は少しは力を入れます。

下り坂は、自然の降下力に任せます。

そんなユルいポタリングです。

西武園球場前の坂を、少しだけ頑張って登れば、家から10km弱の道のりになります。

Blog2010_10180046

Blog2010_10180047

CRの多摩湖橋の下に、GIANT FCRを車止めに縛り、反対側の慶性門へ向かいます。

湖底に沈んだ寺、慶性院の山門が慶性門です。

寺には珍しい長屋門造りです。寺は東大和市に移転されたのですが、山門だけ残ったのを、ここに移築されたようです。

Blog2010_10180038

Blog2010_10180036

説明文を読まれる方は、画面をクリックすれば、少し大きくなります。

Blog2010_10180037

Blog2010_10180045

門の前からと、後ろからの写真です。

Blog2010_10180039Blog2010_10180044 Blog2010_10180040_2

Blog2010_10180042

慶性門をくぐり抜けると、湖底に沈んだ集落の産業、泥染に使用した植物とその説明が有ります。

更に一寸登りますと、大巨人伝設大多羅法師(だいたらぼっち)の碑があります。

Blog2010_10180041_2

それによると富士山は、大多羅法師が土運びの際に落したもの、また伊豆七島は、法師が滑った時に足から落ちた土の塊となってます。

この伝説は、関東至る所で語り継がれてるようです。

Blog2010_10180048

Blog2010_10180049

CR多摩湖橋の反対側、鹿島休憩所。豊鹿島宮奥宮跡地を知らせる標柱あり。

半袖、短パンで木々の中、日蔭を下るときは寒さを感じます。

Blog2010_10180050

Blog2010_10180051

所々で道草を食いながら、多摩湖を一周して、狭山湖に立ち寄り帰宅です。

狭山湖と秋の花の佇まいです。

走行距離 35.36km     Max 36.5km(下り坂)

走行時間 2+8        Ave 16.5km

                                  

|

« 一周忌法要 | トップページ | 煩わしさと孤独 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一周忌法要 | トップページ | 煩わしさと孤独 »