« 寒いウォーキング  梯子乗り | トップページ | 多摩湖自転車道 »

2011年1月11日 (火)

椿峰にて登坂練習

登坂力を鍛えようと、椿峰ニュータウンへ行く。

団地造成前の状態は知らないが、おそらく丘陵地帯のような所だったのだろう。

山口の方から、山口中学校の道を登る。

中学校入り口で、一旦緩やかになり、更に登る2段階の道だ。

1段階で、かなり目一杯になるも、ギアをインナー・インナーにして、やっとの思いで登り切る。

この道は、桜通りと名付けられたように、北野側へ下る道は、桜並木となる。

春になって花の咲く季節に、ゆっくり観賞したい。

さて、登り切って、ちょっと下った信号を左折すれば、椿峰の団地である。

戸建と集合住宅が、区割りごとに混在する、かなり広い住宅地である。

小学校は勿論、図書館分館もある。

この住宅地は、昔の地形のままに、登ったり下ったりと、道路が至る所で、乱高下する。

ここに住む人は、歩きでも自転車でも、坂道の洗礼を受け続ける。

高年者には、きつい状況と言える。

ニュータウンを半周して、旧公民館前を通り、青梅線を大六天まで戻り、新所沢駅へ出た。

まだ、1時間ほどしか経ってないので、マイホームグランド、航空公園に行く。

公園内の坂道で、立ち漕ぎ(ダンシング)の練習などで、1時間ばかり遊び、帰宅した。

帰って着替える時、胸に手が触れ、表面体温が、冷たくなってるのに驚く。

冷蔵庫の中のビールよりも、冷え切ってるように感じた。

 <本日の記録>

Dis 30.48km        Max 36.0km

Tim 1+47          Ave  17.2km

|

« 寒いウォーキング  梯子乗り | トップページ | 多摩湖自転車道 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒いウォーキング  梯子乗り | トップページ | 多摩湖自転車道 »