« 幸手・権現堂散策 | トップページ | 東京スカイツリー »

2011年1月19日 (水)

映画「僕と妻の1778の物語」

友達が観たいと言うので、新所パルコ・シネマに行く。

作家眉村卓の夫婦愛の物語で、テレビでも前宣伝をしてた作品だ。

癌を宣告された妻の免疫を高めるため、笑いが効果のあることを、医師から聞き、妻を笑わせるために、毎日小説を書くことをする。

その免疫効果があったのか、5年弱生きながらえ、闘病生活を共に送る。

妻は、夫の好きな分野での執筆を望み、夫は高価な新薬の投与をするため、不得意な恋愛物まで引き受ける。

愚直なまでの愛を妻に注ぎ、妻一人に読ませる小説を、最後まで書き通した主人公。

その愛に感謝しながらも、気遣う妻。

静かな愛の交換が、画面から漂う。

夫婦二人の押さえた愛の表現だったので、感銘度はいまいちだった。

涙もろい自分としては、ぐずぐずになるかと思っていたが、少し滲んだ程度だった。

 

 <ベランダからの夜明け>

Blog2011_01170007

Blog2011_01170008

Blog2011_01170009

自宅ベランダからの夜明け前の風景。

まだまだ遅い夜明けです。

|

« 幸手・権現堂散策 | トップページ | 東京スカイツリー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント


もう見ました、面白いですね

投稿: 空の境界同人誌 | 2011年1月27日 (木) 11時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幸手・権現堂散策 | トップページ | 東京スカイツリー »