« 多摩湖自転車道 | トップページ | 久しぶりの荒川CR »

2011年1月24日 (月)

命の軽さ  ウォーキング

ここ最近は、妙なことで、軽く命を落とす事件が多い。

前にもあったが、姉が妹の命を、奪ってしまった事件だ。

前回は、親がすぐ傍にいての事件だったが、今回は親元からは、離れている。

妹は、大学を休学してまで、親元から姉の所へ来て、結果的に殺されてしまった。

姉と同居していた二人の男性の関係も、不可解だ。

男女の関係ではないらしい。

心の結びつきとか、報じられていたが、何のことか理解できない。

妹が姉の所に来た理由、親にも知らせない関係とは、どういう事なのだろう?

父親が言うには、仲の良い姉妹と言っていたが、虐待される妹を庇えない事情とは何なのだろうか?

食事も与えないとは考えられない。

妹は、何故逃げなかったのだろうか?

命の重さは、失われてしまったのか?

人の命、自分の命、どちらも軽々しく扱われる今の時代は、恐ろしく思う。

 

 <ウォーキング記録>

歩数 7570歩   歩行距離 6.1km   消費カロリー 409kcal

脂肪燃焼量 29g 歩行時間 1時間   活動量  7.0Ex

寒々として陽の射さない午前中は、外へ出るのも億劫だ。

午後になり、幾らか太陽も顔を出したので、近所を歩く。

夕食に、けんちん汁をと思い、里芋の売っている直売所を除く。

前にも買ってみたが、ここの里芋は、直ぐ煮えるのに、煮崩れしなく、こみがある。

5個入りを、一つ求める。

他の直売所も覗きながら、近辺を歩く。

今の時期は、ホウレンソウ以外の青菜は無い。

歩けば体は、汗ばんでくるが冷たい汗だ。

|

« 多摩湖自転車道 | トップページ | 久しぶりの荒川CR »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 多摩湖自転車道 | トップページ | 久しぶりの荒川CR »