« 雪~確定申告~ウォーキング | トップページ | 医療保険の見直し »

2011年2月10日 (木)

、大相撲・八百長

朝のワイドショーに限らず、朝昼晩のニュースでも、流しっぱなしの大相撲八百長問題。

大相撲は、神事でもあり、伝統を伝える興業なのに、そこにスポーツを入れたから、今の問題があるのだと思う。

スポーツだから、フェアプレイ精神が生まれ、八百長などは断じて許せないと云う事になる。

スポーツと云う見方を取り払ってしまえば良い。

大体に、花相撲やショッキリや相撲甚句等がある大相撲と、スポーツは相容れないだろう。

スポーツを取り去って、興行に趣旨変えすべきであろう?

いくら興行でも、体の鍛錬(稽古)は、今まで通りにしなければ駄目だ。

お客を喜ばせる迫力がなければつまらないから。

その中でなら、人情八百長があっても、目をつむれるだろう?

その上で、組織、仕組み、給与体系などを、新しく構築すればいい。

相撲と言う伝統文化の継承として、生き残ればいい。

なまじ、スポーツなどと言わずに、伝統国技の興行とすればいいのだ。

そんなスポーツとしての厳しさがないものは、嫌だと云う人は見なければいい。

今までだって、暗に、慣れ合い、人情相撲があるのは、大概承知してたのだから。

勿論、興行でも勝ち負けが伴うのだから、金銭での八百長はご法度なのは当然だ。

厳しい修養に見合うだけの、仕組みに抜本的に変革しなければと思う。

自分も、大相撲は好きだから、存続できるような解決をして欲しい。

|

« 雪~確定申告~ウォーキング | トップページ | 医療保険の見直し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪~確定申告~ウォーキング | トップページ | 医療保険の見直し »