« 元に戻りつつある物流 | トップページ | 浦安市の被害 »

2011年3月24日 (木)

鎮まってくれ、原発よ

東北道もやっと通れるようになり、燃料、物資に明るい兆しが見え始めた。

矢先、原発の暴動が、なかなか鎮まらない。

低公害で、廉価で優等生の原発。

しっかり管理された中での原発は、おとなしく発電していたのだが。

津波で、それらの監視が破綻しだしたら、次々に暴れ、眠ってたものまで起き出した。

自衛隊、消防士、東電、いずれも危険を顧みずの作業には、感謝と安全を祈らずにはいられない。

放射線量も、低くなったと思ったら、また高くなり、野菜、水をも汚染してきた。

ただちに健康に害は及ぼさない、と云うものの、基準値を超えてきた。

出荷停止や、摂取停止、飲料停止となったら、不安にならざるを得ない。

政府の説明も不十分だから、冷静に、大丈夫、と言われても安心できない。

冷静で、秩序正しい国民が、だんだん苛立ってきている。

原発の鎮静なくして、復旧、復興はないのだから。

|

« 元に戻りつつある物流 | トップページ | 浦安市の被害 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 元に戻りつつある物流 | トップページ | 浦安市の被害 »