« 権現堂付近 | トップページ | 散歩道 »

2011年4月27日 (水)

二人の田中さん

4月になって、二人の田中さんが亡くなった。

一人は、長い間がんと闘って、惜しまれて逝った田中好子さん。

もう一人は、突如自ら命を絶った田中実さん。

スーちゃんこと田中好子さんは、まだまだやりたい事があったのに、後ろ髪を引かれる思いで、天国に召された。

死後の世界で、先の震災で亡くなった人々の力にもなりたいと言う。

死を覚悟した3月29日に、世話になった人々、ファンの方々にメッセージを録音している。

彼女の声は、痛々しく、弱々しくも聞こえる。多分、残りの命を削っての録音なのが知れる。

その中で、確りしたメッセージを残す強さに感服する。

一方、田中実さんは、奥さんはじめ、マネジャー、周りの人々にメッセージは勿論、死の兆候さえ見せずに、突然逝ってしまった。

周りの人は、何故に死を選んだのか、全然解らぬ内に。

家族、とりわけ子供もいるのに、何のメッセージも残してない。

誰もが真面目できちんとした人だと言う。

そんな人が誰にも死の予感をさせずに、自ら命を絶った。

まだ死の原因が判らぬが、鬱だったとしても、兆候がないと云うのは、不思議である。

あの悲惨極まりない東日本大震災が、影響してるとは考えられないだろうか?

あの惨状と、夥しい被災者のことを思うと、何も出来ない自身を責めたりはしないのだろうか?

今度の震災で亡くなった人々が、寂しさのあまり連れて行ったような気もする。

そんなことのないように我々は、成仏を祈るしかない。

|

« 権現堂付近 | トップページ | 散歩道 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 権現堂付近 | トップページ | 散歩道 »