« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

音波振動歯ブラシ

通販で音波振動歯ブラシを求めた。

振動数40000回/分という歯ブラシだ。

40000回/分の振動とは、どんな振動なのか?

実際使ってみると、本当に40000の振動があるのかは、実感としてはない。

敏感な所に触れた時は、痺れの様な感覚がある。

細かい振動があるのは確かだ。

最初は慣れてないから、歯磨き粉を使わないでやっている。

歯磨き後は、ぬるぬる感は取れてるから、効き目はあるように思う。

口を漱ぐ時の液は、そんなに汚れてる感じはない。

同じ個所にブラシを当ててる時間が、長くなってるから、

以前の手磨き時より、歯磨き時間も長くなっている。

まだ使用して2日目だから、はっきりした効果は出てないが、

思ってたよりも楽に使用できるので、続けて行くのに負担はない。

1ヶ月も使用したら、何らかの変化効用が見られればいいものだ。

| | コメント (0)

2011年5月29日 (日)

軽い風邪の症状

先々週の土曜日以来、軽い風邪に罹る。

始めの3日間は、直ぐ治るだろうと思っていた。

でも治らず、喉の痛みも増してくるし、熱っぽさもあって、

力が出ない。

勿論、計ってみれば36度の平熱に近い微熱に過ぎない。

その内に、夜寝る前だけ、薬を飲み出す。

依然として、好転はせず、喉は益々、咳を伴いだして不快だ。

ついに、三度の食事ごとに、服薬する。

天候も外出には適さないので、自分を納得させ、

家の中での養生気味の生活にする。

ここ2日間は、寝こそしないが、じっとして風邪さんのご機嫌をうかがう。

その甲斐あってか、今日は喉の異常もかなり薄くなっている。

もうちょっと体の熱っぽさが消えれば、完治と言う事になる。

結局、風邪って、10日間~2週間くらいは、付き合っていかなければ、立ち去ってくれないようだ。

引き始めたら、引き始めのままで、直ぐに治ることはない。

1回ある程度まで侵攻させて、風邪細菌を居候させてあげないと、お帰りにならない。

最初は、どうしても無視しちゃうから、それが気に食わないのだろう?

風邪菌の来訪を認めて、歓待はしなくとも、世話を焼くことぐらいはしないといけない。

そうは前々から、漠然と思っていたのだが、認識を新たにした。

風邪菌さんとお付き合いしてると、ブログも更新する気も起きない。

頭も体も心も、風邪菌とじっくり付き合っていた毎日でした。

| | コメント (2)

2011年5月25日 (水)

野菜直売~トマト直売~ブレーキパッド取り替え~石楠花

前から気付いていたのだが、寄らずにいた。

今日は、野菜がたくさん並べてあるようなので、

北岩岡の野菜直売所を覗いてみた。

10種類近くの野菜が置いてある。

大根、蕪も大きめでみずみずしい。

オカヒジキもおいしそうだったので買い求める。

シュンギク、ホウレンソウ、スナックインゲンを加えて、6種類買った。

野菜類を買う時は、ここにしようと思った。

 

トマトの生産直売所が、中富にあった。

決して安くはないが、もぎ取りだから新鮮である。

熟したもの6個で400円と、小粒8個で700円の2種類を買う。

熟したトマトを、帰ってきてすぐ食べたら、甘くてトマトの味がする。

形良く大きめのトマトは、1個160円はする。

自分で食べる分には、小粒、柔らかいトマトでもOKである。

午後より、サイクルベースあさひに行く。

後輪のブレーキシューが摩耗したので取り替えてもらう。

R3を乗り始めて、もう4年になる。

最初の年は、ロング(自分は100km)も含めて、

結構乗りまわしたが、去年からはFCR ZERO

2台になり、近間(30kっまで)や、買い物用となったので、

それほど走ってる訳でもない。

タイヤにひびが入り、膨らんできたので、タイヤは前後輪とも取り替えている。

ブレーキを直してもらい、公園に寄る。

3時過ぎの公園は、子供広場を除けば静かだ。

ウォーキング、ランニングの人達は、殆ど午前中で消える。

Blog2011_05250004

Blog2011_05250005

Blog2011_05250006

一番遅咲きの石楠花が咲いていた。

ここに3種類の石楠花があり、順次咲いて行く。

一本が枯れかかっているが、来年は花を咲かせることが出来るのかな?

| | コメント (0)

2011年5月24日 (火)

近所の花

22日に近所を散策した時の写真です。

2011_05220011

2011_05220012

2011_05220013

2011_05220014

2011_05220015

家の付近を散策。

家庭菜園の一角で咲いてた花達。

ネモフィラ(ルリカラクサ)、コバンソウでしょうか?

じゃが芋の花も、今が盛りです。

2011_05220016

ヒルガオツキミソウの園芸種なのかな?

野辺に咲いてる、それよりも大きい。

2011_05220018

マンネングサが家の前で、蔓延してます。

2011_05220017

2011_05220019

2011_05220020

或るお宅の庭先の薔薇を失敬しました。

この後、家で転寝してたら、軽い風邪にやられたようです。

なので、珍しくもない写真で、ごまかしのブログです。

| | コメント (0)

2011年5月22日 (日)

金山公園

東川では、川底にコンクリートの板を敷設していた。

四角い突起の付いた板である。

川水を浄化するための、新しい製品のようだ。

この工事は、もう少し下流で行われていた。

Blog2011_05210017_2

城山神社から、金山公園に向かう。

途中、大きなタンポポの綿毛が、膨らんでいた。

Blog2011_05210029

金山調節池は、緑を増して静まっていた。

Blog2011_05210030

Blog2011_05210031

調節池の石垣から、黄色の小花が咲いていた。

帰ってから調べたら、マンネングサと云う名のようだ。

Blog2011_05210032


| | コメント (0)

2011年5月21日 (土)

城山神社ポタ

相棒R3に乗って、本郷地区の城山神社へ走る。

走ると言っても、早く走るわけではない。

東川沿いの道から、外れてみたり、また戻ったりして、

城山神社へ行きつく。

Blog2011_05210027

Blog2011_05210028

Blog2011_05210023_2

Blog2011_05210024

ここ城山神社は、南北朝時代には「滝の城」という城があった。

今、神社のある場所が、本丸で三の丸や四足門の跡も有る。

これらは、発掘して調査し、土塁はその形をはっきりと示している。

Blog2011_05210025

Blog2011_05210026

城山の崩落を防ぐために、畳状の防止ネットで覆われてる。

正式な神社の入り口は、この石段を登って行く。

Blog2011_05210020

Blog2011_05210021

Blog2011_05210022

神社本殿も、なかなか立派なものだ。

境内には、稲荷神社や、伊勢講を始めとして、

小さな祠も、2,3祀ってある。

Blog2011_05210018

Blog2011_05210019

滝の城の説明板を読むには、画像をクリックして下さい。

平和で発展の一途を辿ってきた今の世、古の歴史に触れるのも、

大震災の後だけに思う。


| | コメント (0)

2011年5月20日 (金)

三姉妹と遊ぶ  撮り置き画像館

知人が三姉妹を連れてくる。

一番下の娘も、赤ちゃん顔から、幼児の顔になってきている。

子供たちは、早い速度で成長する。

とにもかくにも元気盛りで、パワーももらえるが、

子達の相手をし続けることは、勢いがあるだけに疲れもする。

ただ、いつも一人なので、偶の賑やかさには、

乾いた土地を潤すような働きがある。

雨も降らなければ、カラカラに干からびてしまう。

子達は、老人にとっては、慈雨のような

必要のあるものだ。

いろんな世代が、交流し合ってこそ

人間も人間力を養えるのだと思う。

 

撮り置き写真館

Blog2011_05140033

Blog2011_05140034

小手指ヶ原古戦場の碑。写真をクリックすれば拡大します。

鎌倉幕府軍と新田義貞が、この地を中心として戦った。

南は府中、北は入曽までが、戦場となり、

結局、1333年5月22日幕府軍が破れ、

鎌倉時代が終わった、歴史の区切りの重要な場所とは

感慨深いものです。

 

Blog2011_05140036

Blog2011_05140037

Blog2011_05140038

Blog2011_05140039

北野天神も、歴史に名を刻む由緒ある神社のようだ。

今も県の文化財として、県社に寓ぜられている。

境内には、歴史を忍ばせる建物、石碑、新しい石碑などあり、

じっくり観れば興味深いものだ。

2011_05190031

2011_05190032

2011_05190033

2011_05190034

公園のピラカンサスが雪で覆われてるように真っ白です。

これだけたくさん花が付けば、秋には賑やかな朱色になるでしょう。

一番下は、ヤマボウシです。

ハナミズキと同じミズキ科ですが、葉と同時に花が咲く分、

白と緑で奥ゆかしい感じです。

| | コメント (0)

2011年5月19日 (木)

公園で花を撮る

かなり暑くなり、昨日、紫外線でやられているので、今日は遠出はせずに、公園にちょこっと出て花を写す。

2011_05190018

2011_05190019

2011_05190020

2011_05190021

2011_05190022

図書館脇の芝生地に生える庭石章

沢山群れで咲いてます。色も三色ほど見られました。

2011_05190023

2011_05190025

2011_05190024

ウツギ、ノイバラ、イヌムレスズメ(?)。

万葉園の植物です。

2011_05190026

蝋梅の実。少し赤くなってきました。

梅ではないので、食べられません。

2011_05190027

2011_05190028

2011_05190029

人の顔みたいな、目玉おやじみたいな紋様の石楠花です。

2011_05190030

カキツバタ。

余り手入れされてなく、葉も痩せて、花も少ないです。

以上の花は、図書館周りに咲いています。

 

 

相棒R3で行ったのですが、余り走らず帰ってきた。

北中のスーパーへ買い物に走ったのも入れて、10kmくらいです。

| | コメント (0)

2011年5月18日 (水)

入間川CRポタ

自分にとって適度な距離なので、入間川CRから上江橋へ出て、帰って来るコースを選ぶ。

いつものように、新富士見橋からCRにのる。

平日のサイクリングは、人も少なく気持ちが良い。

Blog2011_05180013


西武文理大学の建物は、緑のとんがり帽子が印象的だ。

Blog2011_05180014

Blog2011_05180015

自転車を置いた場所に、ピンクの花が群生していた。

多分、赤花夕化粧だろうと思う。

Blog2011_05180016

Blog2011_05180017

Blog2011_05180018

そこから少し走れば、安比奈(あいな)親水公園だ。

グランド傍と、小川の橋の上で、相棒FCR ZEROを撮る。

この公園は、入間川沿いに細長く続く散策路と、CRを挟んで、スポーツ広場、グランドがあり、多くの人が集まる。

Blog2011_05180019

Blog2011_05180020

Blog2011_05180021

Blog2011_05180022

Blog2011_05180023

公園の花畑は、ポピーとヤグルマギクが咲き誇っていました。

赤と青紫の花の対比が良いね。

しばらく眺めて、また走りだします。

Blog2011_05180024

CRの終点、入間大橋に着きました。

橋の真ん中で、入間川上流方の眺めです。

橋を渡り、入間川右岸を上江橋まで走り、R16に上がってきます。

いつものように、南古谷、上福岡を抜けて、帰ってきました。

今日は、最初からセーブして走ったので、いつもより余力が残っていました。

もう若くないんだから、時間、距離を気にせず、楽しんで走ろうと思う。

 

 Dis  51.21km           Max  37.5km

  Tim  2+36+8            Ave  19.6km

 

| | コメント (2)

2011年5月17日 (火)

彩湖へ行く

いつものコース、中富、三芳、鶴瀬、富士見市役所から、R245へ出て羽根倉橋に出る。

今日は、荒川左岸に有る貯水湖、彩湖を目指す。

秋ヶ瀬橋を渡り、彩湖へ下りる。

園児達の野外学習があるのか、続々集まって来る。

その賑わいも手前の方だけで、進むにつれて、大人だけになる。

Blog2011_05160009

管理橋近くの彩湖名を刻んだ大石の前。

本日のポタの相棒は、FCR ZERO。

Blog2011_05160010

Blog2011_05160011

彩湖に着いた頃より、風が強くなる。

満水の湖面も、風に弄ばれている。

管理橋を渡り、対岸に行く。

突き当たりの階段を、FCRを土手上に押し上げる。

荒川の対岸に見えるのは、朝霞水門。

Blog2011_05160012

いつもは、向こう右岸から見てるんだが、荒川土手に阻まれて

彩湖は見えなかったんだね。

今日、やっと位置関係を確認した。

Blog2011_05160013

このまま土手上を走ると、彩湖の下流水門だ。

舗装もここまでで、笹目橋が直ぐなのだが、引き返す。

Blog2011_05160014

彩湖上流部。流入部の機場と、少し先に水門があった。

Blog2011_05160015

この土手上の道路は、広くて気持ちが良いが短い。

彩湖の長さのみ舗装されている。

遠くに見えるは、JR武蔵野線。

この前は、反対側、右岸の鉄橋下に来た。

帰りの秋ヶ瀬橋上は、風に前、横と煽られ、なかなか進まない。

Blog2011_05160016

羽根倉橋近くの土手上から、大宮アルデージャの寮があった。

どうして、ここ志木にあるのだろうか?

河川敷に有るサッカー場のような緑のコートは、アルデージャの練習コートなのかな?

 (これは5月16日のポタリングです)

 Dis  46.53km          Max  42.5km

  Tim  2+25+25         Ave  19.1km

| | コメント (0)

2011年5月16日 (月)

ユニット名「お中元」  北野、小手指ポタ

番組「徹子の部屋」に、奄美出身の歌手,中孝介・元ちとせの二人が出演していた。

二人は歌手と言うより、歌い手と云った方が合うように思う。

奄美の島歌のコブシを使う歌唱方だから、何ともいえぬ味がある。

二人が、被って歌う箇所は、癒しのハーモニーである。

この二人が組んで歌う時の名が、お中元なのだ。

二人の名前を、そのまま合わせればユニット名である。

時節がら、ぴったりだし、曲も優しさあふれている。

CDジャケットがまた良い。

熨斗紙に、上にお中元の文字、下に中孝介・元ちとせの連名が記されている。

こんなお中元なら、是非戴きたいものだ。

 北野、小手指ポタ

12日に小手指、北野地区の畑の中の道路をポタした。

Blog2011_05140021

Blog2011_05140022

Blog2011_05140025

Blog2011_05140023

Blog2011_05140026

Blog2011_05140027

Blog2011_05140028

Blog2011_05140029

Blog2011_05140030

Blog2011_05140024

先ず、北野の花畑に寄る。

今年は、ワスレナクサ、ハナビシソウ、シャレーポピー、カスミソウ、

ムラサキハナナ、ヤグルマキクなどが植えられていた。

今までより、小区画に割って、近づきやすくしていた。

Blog2011_05140031

Blog2011_05140032

Blog2011_05140035

Blog2011_05140040

長閑で爽やかな畑の道沿いには、桐の花、アイリスアヤメ、紅色栃の花が咲いてる。

最後のサクランボは、帰り道の所沢新町の民家の庭で実っていた。

栽培種と違うから、小さな実を沢山付けてるのだろうか?

花摘みなどをしてやれば、もう少し大きくなるのかな?

| | コメント (0)

2011年5月15日 (日)

狭山湖・多摩湖

昨日から、小手指、北野の農道を走りまわっている。

この付近の道は、花咲き、緑燃え、そよ吹く春の風の、今の季節は最高です。

今日は、稲荷坂の手前で、県道を横切り、北野の高台を、ゆっくりと登る。

西部給水場の大きなタンクを巻きこんで走れば、狭山湖に出る。

Blog2011_05150012


狭山湖堰堤路にて、今日の相棒ESCAPE R3を写す。

Blog2011_05150013

Blog2011_05150014

空も狭山湖も、碧く澄んでいた。

上の写真には、富士山がみえるかな?

F100fdだから、引っ張れきれない。

肉眼では、大きく見えてたが。写真をクリックすると見えるかな?

Blog2011_05150015

多摩湖自転車道で、多摩湖に着き、狭山公園に下りて行く。

公園の花壇のあるロータリーで撮影。

Blog2011_05150017

園路も整備されて、きれいです。

Blog2011_05150016

Blog2011_05150019

Blog2011_05150021

多摩湖堰堤を望む。

① 園路から  ② 堰堤下道路からの階段

③ 堰堤真下から仰ぐ

Blog2011_05150020

堰堤下の道路。其々が映えている。

Blog2011_05150018

宅部池と周りの緑が美しい。

Blog2011_05150022

多摩湖畔からの、日本一美しい給水塔。

春の柔らかな日差しが、青色、緑色を最も美しく演出している。

多摩湖自転車道を、1周して狭山湖へ出て、小手指経由で帰宅。

のんびりと約3時間のポタリングでした。

日曜日なので、何処も人の出が有り、走るのには注意が必要です。

| | コメント (0)

2011年5月14日 (土)

公園の今は・・・

昨日に続き、公園の今を撮ったものです。

2011_05130024


2011_05130027

2011_05130028

栃の花、1枚目と2枚目では、花姿、大きさとも違っています。

樹が大きくなると、花もそれなりの貫禄が付いてくるようだ。

2011_05130029

2011_05130030

タンポポの綿毛を、マクロとスーパーマクロで撮ってみました。

2011_05130032

2011_05130033

ハクウンボクの花です。

似たような房状のエンジュの花も咲いてますが、高木なので写真には撮れません。


2011_05130026

公園の雑木林には、好ましい日陰が出来て、安らぎを与えてくれます。

こんな色合いの、こんな世界に、どっぷりと浸っていたい自分です。

| | コメント (0)

2011年5月13日 (金)

航空公園散策

昼過ぎより航空公園に行く。

15日のリサイクルカーニバルの準備で、出店の区割りがテープで示されている。

公園の木々の緑は、益々鮮やかに緑が増している。2011_05130020


2011_05130018

2011_05130019

ユリノキにチューリップの花が咲いた。

得も言われぬ色合いが好きだ。

2011_05130021

2011_05130022

彩翔亭庭園に入ってみる。

ヤブレガサが葉を大きく広げている。

正に傘が破れている風だ。

この一角は、木々の根元に、山野草が植えられている。

2011_05130023

2011_05130031

彩翔亭を出て、イロハモミジの種を写す。

下は、梅園傍のイロハモミジ。鮮やかになってきました。

2011_05130025

2011_05130034

上はアカマツ、下はクロマツの花。

何もかもが、いつもの生存活動をしています。

植物は、何が起きても、泰然と生を繋いでいます。

| | コメント (0)

2011年5月12日 (木)

タレント上原美優の死

突然テレビで上原美優の自殺が報じられた。

今朝未明に、自宅で亡くなってるのが発見されたらしい。

バラエテータレントで、クイズ番組などで、トンチンカンな答えの、おバカタレントで売り出し、成功した。

また種子島の10人兄弟の貧乏育ちタレントをも、売りにして、明るい性格で、可愛がられていたように思う。

仕事も順調で、仲間にも恵まれていたのに何故?

遺書はないようだが、ブログなどから推測されるのは、恋愛の悩みだったのか?

死ぬほどの恋の悩みとは、どんな苦しみなのか?

普段は明るくふるまってるのに、落ち込んだ時は、とことん突き詰める性格も、あったような。

この前自殺した俳優田中実さんも、周囲には死を悟らせることなく自死した。

発作的に死の誘いがあるのだろうか?

震災で、命の尊さ、一人じゃないこと、支え合う命など、みんなで生き抜く時に、何故一人で死んじゃうのだろうか?

死ぬことの怖さを、超えるほどの、悲しみ苦しみが有ったのだろうか?

順調に生きてる人が、どうして死を選ぶのか?

懸命に生きて行こうとしてる被災者の姿を、どのように見てたのだろう?

  撮り置き写真館

2011_05060049

2011_05060050

つつじが岡の園芸店で、買い求めた躑躅。

もう花は終わっています。(5月6日撮影)

2011_05060051

株分けした君子蘭。

花茎が伸びずに開花したので、葉と葉の間で、つぶれて咲き始めたので、片方の葉を切ってあげました。

2011_05060052

FINEPIX S3200のズームの試し撮り。

FINEPIX F100fdと比べると、かなり引っ張れるようだ。

| | コメント (0)

2011年5月11日 (水)

多聞院 (2)

5月6日 多聞院パート2です。

2011_05060030

2011_05060034

2011_05060036

2011_05060038

2011_05060039

   多聞院の庭の様子です。

庭いっぱいに花々を育てています。

今は牡丹が主ですが、コデマリも満開でした。

2011_05060043

本堂に繋がる参道も良い雰囲気です。

2011_05060044_2

2011_05060045

隣に併設されてる神明社本堂と、さつまいもを祀ってる社です。

狛犬に守られて、さつまいもの像(?)が、恭しくも端坐してます。

2011_05060047

2011_05060048

帰り道、ミズキが白いお皿のような花を付けて、低い位置で咲いてました。

ミズキが、公園とか、街中の林で、こんなにも身近にあることを、最近になって知りました。

注意深く自然を観察すると、だんだん楽しくなります。


 


| | コメント (0)

2011年5月10日 (火)

権現堂公園

9日昼から、権現堂桜堤、行幸湖周辺を歩く。

桜の終わった公園は、静かでひっそりとしていた。

Blog2011_05090013

桜堤土手下の新しい散策路も完成した。

Blog2011_05090014

Blog2011_05090015

Blog2011_05090016

新設された池(水が少なく、水たまり状態)には、直径10cmくらいの蓮が花開いていた。

よくもこんな淀んだ泥水のような環境でも、咲く蓮に驚く。

Blog2011_05090029

Blog2011_05090018

あじさい橋と紫陽花の咲く斜面。

力強く緑濃くなっています。

Blog2011_05090019

桜堤中間地点の広場。

まるで初夏のような雰囲気の中、ベンチには誰も腰かけていない。

Blog2011_05090020

葉の茂った桜並木は、涼やかな印象です。

Blog2011_05090033

外野橋より上流方を見る。

川中の洲も青々と草が茂り、大きく成長してきたようだ。

Blog2011_05090022

行幸湖の散策路も、静寂そのままの姿です。

Blog2011_05090023

散策路傍の五霞町の公園の案内マップ。

公園にも、誰もいません。

薔薇が咲くまでは、静かな公園です。

Blog2011_05090024

公園から、五霞の工業団地をパチリ。

晩春の公園周辺は、ゴールデンウィーク明けの所為なのか、

ほとんど、人の姿を見かけない程の静かさでした。

| | コメント (0)

2011年5月 9日 (月)

多聞院の牡丹

6日にR3号で、中富多聞院へポタがてら、牡丹の花を見に行く。

ここ多聞院は、花の寺として知られる。

所沢観光の一つとしても、力を入れてるようだ。

花の時期には、カメラを担いだ、素人カメラマン、コンデジ片手の中高年が集ってくる。

2011_05060027

2011_05060028

2011_05060029

2011_05060035

2011_05060037

2011_05060040

2011_05060041

2011_05060042

2011_05060031

花の色、形、蕊の色、花の大小と違いが合って、なかなか味わい深いです。

今日は、花のアップを主に載せてみました。

マイチャリR3号で、15分位で来れるので、度々おじゃまします。

| | コメント (1)

2011年5月 8日 (日)

荒川CRで朝霞水門まで

自転車日和の天気の中、荒川CRを目指す。

中富~日大~三芳町役場~鶴瀬駅~富士見市役所~R254バイパス~羽根倉橋のコースで、40~45分、荒川土手に行きつく。

土手下の田圃は、田植えも終わっていて静かだ。

Blog2011_05080011

Blog2011_05080012

志木市宗岡地区の田圃と土手上のCR。

予想してたよりは、少ない人の影です。

秋ヶ瀬橋手前を、河川敷のCRに下りて行きます。

Blog2011_05080013

今日の相棒は、FCR ZERO号。

荒川をバックに撮影。

Blog2011_05080014

Blog2011_05080015_3 

ここは武蔵野線の鉄橋の手前です。

こちら側にも、向こう岸にも、釣り人で賑わっています。

上の写真の船が係留されてるのは、個人所有の釣り船か?

簡単な桟橋のような物も有ります。

 

風は殆ど無く、気持ちよく25km/hで走行できます。

今日は、朝霞水門で引き返す予定です。

Blog2011_05080016_2

朝霞水門に着きました。水門からの荒川。

手前広場では、ラジコン飛行機を飛ばしてました。

アクロバットな飛行もしてましたので、暫し見ております。

一番手前の土手中段では、ラジコングライダーの操縦をしてます。

ハンマー投げのように、グライダーの羽根をつかんで振り回し、空高く放り投げてから操縦するようです。

ここ朝霞水門は、ラジコン飛行機の溜り場となっています。

次の飛行を待つ人、手入れする人の車で、水門上は満車になってました。

30分ほど眺めて帰ることにしました。

土手上から河川敷に下りる時は、気持ちのいいスピード感です。

予想はしてましたが、帰り道に志木のトマト直売所に寄ってみましたが、やってませんでした。

帰りもほぼ同じ道なのですが、一ヶ所間違えて、少し遠回りになってしまった。

中富のスーパー オザムでオレンジ、豆腐など買い物して、昼前に帰宅です。

 <本日の記録>

Dis  41.75km               Max  38.5km

Tim 2+3+16                Ave   20.3km

| | コメント (0)

2011年5月 7日 (土)

映画「岳 ダケ」を見る  躑躅売り場の花

雨降りの予報なので、映画「岳」を見に行く。

行くのは、ワーナーマイカル大井。

ここは駐車場代が無料なので助かる。

今日がロードショーの初日なので、混むかなと、思って行ったが、そうでもなかった。

小栗旬、長沢まさみ出演だから、若い観客が大勢いてもいいのだが、中高年者の登山ブームそのままの状態でした。

Blog2011_05070004

Blog2011_05070003

私は山好きなので、山の映画は好んで観る。

前に話題になった映画、点の記録 劔岳よりは、私の好みだった。

劔岳は、映像カメラマンが監督と言う事で、映像には力が入ってたが、物語性が軽い感じで、余り感動しなかった。

この度の「岳」は、原作がコミックと言う事も有り、現実離れしたアクションもあるのだが、人間ドラマと云う点で、感動する場面があった。

命に対する敬虔な思いと人間愛が、びっしり描かれて、普段一人暮らしで、感動することの少ない自分を、優しく泣かせてくれた。

小栗旬は、はまり役ですね。明るさ、優しさ、力強さを兼ね備えた、島崎三歩役が、ドンピシャです。

長沢まさみは、本当に久しぶりの出演です。

4,5年前は、あんなに売れっ子で、ドラマ、コマーシャルと活躍してて、自分も携帯の待ち受け画面にしていた。

なのにプッツリと消えてしまい、ネット上には良からぬ噂まで流れていた。

久しぶりに見る長沢まさみは、ちょっと大人びいてきた感じで、少し緊張気味に見えた。

しかし、内面、演技面と難しい役を、こなしていたので安堵した。

雨降りの日が、有意義に過ごせた日になった。

 躑躅売り場(つつじが岡公園前)

2011_05010164

2011_05010166

黄花の躑躅もあるんですね。

もう、花の色は自在なんでしょうか?

2011_05010168

2011_05010169

石楠花の花の中には、緑色の花も有ります。

2011_05010167

2011_05010165

2011_05010170

2011_05010171

2011_05010172

ブルーっぽい紫の石楠花(3枚目)もありましたし、

ブルーの躑躅の花も有りました。

自分は、ピンクの小花を、一杯付けた躑躅を購入してきました。

もう、そろそろ花が終わりに近づき、葉が出て来てます。

| | コメント (0)

2011年5月 6日 (金)

つつじが岡公園

5月1日、フラワーパークの帰り道、館林のつつじが岡公園に寄ってみる。

ここは県立公園になっていて、躑躅の季節には、600円の入場料となる。

園内通路に面したところから、何処からでも入れるから、そういう場所には、入場券を売る人が居るのだ。

躑躅は、さすがに全園真っ盛りに咲きそろっていた。

2011_05010151

2011_05010152

2011_05010153

2011_05010154

2011_05010155

さすがにツツジの名所だけあって、色とりどり、花の形色々である。

2011_05010156

2011_05010157

2011_05010158

2011_05010159

2011_05010160

2011_05010161

一番下の写真のように、まるで石楠花のように、丸くなってる花も有る。

小さな花びらを、沢山付けた樹もある。

2011_05010162

2011_05010163

巨木群には、樹齢800年を超す(上の写真)樹も有り、普段、街路などで目にするものとは大違いなのだ。

まさに木というよりは、樹というべきなのです。

躑躅の丘を抜けた所には、大きな池も有って、夏には蓮の花が咲くようです。

将に、花三昧の一日で、綺麗を再確認した日でした。

| | コメント (0)

2011年5月 5日 (木)

足利フラワーパーク(4)  公園ポタ

足利フラワーパークの続きです。

土産物などを売ってる店内に入ります。

2011_05010138

2011_05010139

胡蝶蘭のコーナーに入ります。

その表情が面白いので、接写します。

2011_05010140

2011_05010141

2011_05010142

2011_05010143

まるで仮面舞踏会に紛れ込んだ感じです。

怪しい仮面の淑女が一杯です。

2011_05010144

2011_05010145

見たこと有るような、見たことないような花が売られています。

少しばかり土産物を買って、外へ出ましょう。

2011_05010147

2011_05010148

2011_05010149

出口付近のアメリカアカヤナギの下の休息所にも、ルピナスガ配置されて、ほっこりとさせてくれます。

2011_05010146

最後に、一番良く咲いてた紫藤をアップして、足利フラワーパークを終わります。

 公園ポタ

薄曇りの、ひんやりした空気の中、R3号でいつもの公園に向かいます。

公園は、ミズキの大木が、まっ白いお皿のような花をたくさん上向きに付けています。

このところ頻繁に行われてる、美女と自然を撮る撮影会に、沢山の男性カメラマンが集まっています。

ケヤキ、銀杏、榎、楠、椚、コナラ等の木々が、だんだんと濃い緑色になってきてます。

今日は汗も出ないほどの気温ですが、自然は速足で初夏に向かっています。

| | コメント (2)

2011年5月 4日 (水)

足利フラワーパーク(3)  あてのないポタリング

2011_05010122

2011_05010123

2011_05010124

2011_05010125

2011_05010126

2011_05010127

藤、躑躅、石楠花の足元にも、沢山の花が植えられてます。

これも園芸デザインとして、工夫をしてるのでしょう。

2011_05010131

2011_05010132

2011_05010133

2011_05010134

2011_05010135

2011_05010136

2011_05010137

こちらは、販売用の花卉です。

他にもいろいろ有りましたが、綺麗なもの、目を惹いたものを撮りました。

 三芳、富士見、志木、新座ポタリング

R3号に乗り、近所をポタのつもりで出る。

志木のトマト直売所に行ってみようと走りだす。

三芳町役場傍から、鶴瀬駅傍を抜け、富士見市役所から、R254バイパスに出る。

R643を超えて志木に入ったが、トマト直売所は休みだった。

志木市役所から、柳瀬川を登り、柳瀬川駅下を通り、土手道から英橋に出る。

坂の下地区、亀ヶ谷、日比田から中富に出て、スーパー オザムでフライドチキン、ビールを買って帰宅。

約30km、2時間半のポタでした。

| | コメント (0)

2011年5月 3日 (火)

足利フラワーパークの花(2)

足利フラワーパークの、藤以外の花を追ってみます。

2011_05010087

駐車場からの入り口を入ると、すぐにオオデマリが咲いています。

2011_05010092

2011_05010093

2011_05010094

藤で覆われた橋の際に、ルピナスの寄せ植えがあります。

橋を覆う藤の花は、まだ咲き始めたばかりです。

2011_05010095

2011_05010096

2011_05010097

池も整備されて、観賞路も造られてるので、間近に寄ることもできます。

夜9時までは、照明が当てられ、昼とは違った趣となるでしょう。

2011_05010098

2011_05010100

2011_05010101

2011_05010102

ツツジ、シャクナゲ等の花も、園内のそこかしこに咲いて、色の変化も楽しいです。

一番下の花は、ペチュニア サクラサクラと云う名で、桜の花を敷き詰めた感じです。

2011_05010103

別の池では、花の植え替え作業をしてました。

2011_05010104

紅栃の花も咲いています。

山側の斜面も、躑躅の増殖が盛んに行われ、5年もすれば花で埋め尽くされるでしょう。

 写真をクリックすれば、拡大します。

 <つづく>

| | コメント (0)

2011年5月 2日 (月)

足利フラワーパークの花達

5月1日(日)藤の花を見に、足利フラワーパークへ行った。

白藤のトンネル、大藤と云ったメインの藤がまだ咲いていない。

朝方は、弱い雨にもたたられ、花の色もくすみがちです。

2011_05010088

2011_05010089

2011_05010090

2011_05010091

2011_05010092

2011_05010099

2011_05010105

巨木の藤は、咲いてなかったが、青年期と言える藤は満開状態ですね。

巨木は、水分、栄養分を吸収するのに、隅々まで運ぶのに、時間を要するのでしょうか?

2011_05010110

2011_05010106

2011_05010107

白藤、大藤は、やっと開花寸前と云ったところです。

2011_05010111

2011_05010112

2011_05010113

小雨が降ったりの天気なので、発色が弱くきれいに色が出ません。

2011_05010114

2011_05010116

2011_05010117

2011_05010128

白藤とは違う、アイボリーホワイトの藤が一本あり、花開いてました。

2011_05010130

2011_05010150

八重黒龍という品種で、花が幾重にも丸まって咲いてます。

藤の花は、もう一つでしたが、他にも色んな花で、園内を演出してました。

写真はクリックすると大きくなります。

 <つづく>

| | コメント (0)

2011年5月 1日 (日)

足利フラワーパークその2

ルピナスの花が効果的に配置されてます。
小雨に少し当たりましたが、程なく止んだので、園内の花達を楽しみます。

| | コメント (0)

足利フラワーパーク

雨の心配の中、藤の花を見に足利フラワーパークに来ました。
残念ながら、大藤も白藤のトンネルも、殆ど咲いていません。
でも、他の花々が、それを補うべく咲いてました。
明日から、写真をアップしたいと思う。

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »