« 台風6号 | トップページ | 所沢ポタ »

2011年7月21日 (木)

映画「コクリコ坂から」を見る

宮崎駿プロデュースの「コクリコ坂から」を、ワナーマイカル大井で見る。

アニメなのだが、子供向けとは言い難い。

今までの、スタジオジブリの作品とは、おおいに異なる。

少なくとも中学生以上でなければ難解だろう。

高校生の男女の純愛と、出生の秘密、学園騒動などが、骨子となっている。

時代は、昭和38年。

場所は、港横浜。

時代背景が、高度成長期に入る頃。

手動式の洗濯機や、オート三輪などが、未舗装の道路を走る時代。

今は、若者も何も主張しないが、当時は、古いもの、権力に反抗して、時代を切り開いていく若者が多くいた。

そんな時代の物語だから、若い人には共感が得られにくいのでは。

寧ろ、団塊世代にあたる人々が、郷愁を感じるかも知れぬ。

こんな青春物を、宮崎駿が手掛けてるとは驚いた。

2011_07210004

 

上の絵は、主人公が毎日、信号旗(UW旗・・安全な航行を祈る)を揚げてるところ。

主人公の家が、コクリコ坂を登った所の、港の見える丘にあったからのタイトルか?

 

 

台風前、4日前に撮ったベランダからの朝日。

まん丸くて赤い大きな太陽だったのですが、

そんな風には撮れていません。

 

2011_07210003_5


|

« 台風6号 | トップページ | 所沢ポタ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風6号 | トップページ | 所沢ポタ »