« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

羽根倉橋~上江橋~入間大橋~新富士見橋

いつもの逆コースで廻ろうと、8時10分に家を出ます。

中富~三芳~富士見から羽根倉橋に出ます。

Blog2011_09300009

Blog2011_09300010

8時50分   羽根倉橋   13.4km

橋の真ん中で、記念撮影と荒川上流方の景色。

荒川を渡り、左岸を遡ります。

初めは,ゴルフ場、過ぎると田圃の中の農道兼用の道を走ります。

土手上に登って走れば、程なく上江橋です。

橋を渡り、荒川左岸に下り、遡上を続けます。

入間川が左手に見えてくると、入間大橋です。

Blog2011_09300011

9時30分   入間大橋   28.17km

入間川の上流方の景色。

川幅が、狭くなってきてます。

入間大橋を渡り、入間川CRにのりました。

Blog2011_09300012

入間川CRは、両側に曼珠沙華が咲いてます。

ここは河川の管理道路です。

前方左手の、赤い彼岸花のところがCRですが、見晴らしが良いので、行けるところまでここを走ります。

堤防の外側、内側と2,3度繰り返しながら走り、初雁橋を渡って、左岸のCRに出ます。

予報に反して、空が曇ってきてます。

Blog2011_09300016

Blog2011_09300013

Blog2011_09300014

Blog2011_09300015

安比奈親水公園   10時15分着    43.24km

ここのコスモス畑は、色別に分けないで、混色植えなので、変化があり綺麗ですね。

写真を撮ってる内に、パラパラ降り出した雨が、大きくなってきました。

15分位で切り上げ、早々に帰路を急ぎます。

狭山市新富士見橋を渡る頃には、かなり降ってきました。

橋の下で、雨宿りしているサイクリストやウォーカーがいますが、自分は走り続けます。

16号から狭山市役所へ上る道は、最後の難所です。

フロントアウターに切り替え、へべれけの登坂です。

所沢に入る頃には、雨も止んできました。

陽も差し始め、家に着く頃には、晴れの天気です。

今の季節は、暑さ、寒さも程良く、自転車乗りには最適ですね。

Dis 62.02km                   Max 37.5km/h

Tim 2h42m55s                Ave 22.8km/h

| | コメント (0)

2011年9月29日 (木)

日高巾着田

天気に誘われて、急に巾着田へ行くことにする。

8時半出発。FCR ZEROが相棒である。

水野東急団地~新富士見橋~豊水橋を通過。

9時10分  豊水橋  15.15km

根岸交差点から上り、馬引沢から、狭山日高線に入る。

この道路は、登り坂が多く、かなり辛い。

川越日高線に入れば、目指す高麗本郷は、もうすぐだ。

9時40分  巾着田  24.95km

Blog2011_09290065

Blog2011_09290064

曼珠沙華公園入り口で記念撮影。

Blog2011_09290035

電車で来た人は、この河川敷を50mも行けば、入り口になる。

Blog2011_09290036

Blog2011_09290039

Blog2011_09290040

なんと、曼珠沙華は、自分の望んでた緋色の世界です。

いつもの年より、1週間は遅れているのは本当でした。

Blog2011_09290037

Blog2011_09290038

Blog2011_09290041

台風で倒れた木の根元でも、曼珠沙華は咲いていました。

Blog2011_09290042

Blog2011_09290043

ここの曼珠沙華は、草丈も高く、花も大きいから、隙間なく赤で覆われる。

コナラ、エノキ、ニレノキの林に、黒と赤の対照的な世界が広がる。

Blog2011_09290049

Blog2011_09290051

Blog2011_09290052

Blog2011_09290057

遅咲きのゾーンに行けば、まだ蕾の状態だ。

早咲きの場所では、花がくすんでしまっている。

下の写真は、まるでドラマのワンシーンのように、ロマンチックでもある。

Blog2011_09290045

Blog2011_09290046

お店もたくさん出ていて、その中の一つで杓子菜漬け(塩と醤油の2種)、しば漬けを求める。

加藤牧場の搾りたてミルクアイスも食べてみる。

トロリとはしてたが、そんなに濃い味ではない。

Blog2011_09290048

Blog2011_09290056

今日は、曼珠沙華を中心に書きました。

明日は、周辺状況をと思っています。

Dis 49.95km              Max  45.0km/h

Tim 2h15m32s           Ave 22.0km/h

| | コメント (0)

2011年9月28日 (水)

所沢駅~643BP

身体を動かしてるにも拘らず、メタボ気味なお腹は一向に減らない。

それを期待して、特定検診を延ばしてたのだが、しびれをきらし、今日行う。

結果は、一週間後くらいに、郵送される。

 

午後にR3で、所沢駅東口に行く。

駅舎の工事は、かなり進んでいる。Blog2011_09280009

Blog2011_09280011

Blog2011_09280010

駅ロータリーの大楠の1本が、切り倒されている。

これも台風で、傾いたのであろうか?

西住吉~南住吉~久米へと下って行くと、工事中の道路がある。

Blog2011_09280012

Blog2011_09280013

何処から続いてるのか、追ってみる。

ここは久米地区である。

Blog2011_09280014

Blog2011_09280015

Blog2011_09280016

切れ切れの、細切れ工事だ。

この辺は、荒幡地区だ。

ここからは、少し離れているが、廻り込んでいくと、

R643バイパスの山口地区の岩崎交差点に、接続されるようだ。

予算や、土地買収などで、細切れ工事になるのは、常套である。

Dis 20.21km                Max 34.7km/h

Tim 1h13m                 Ave 16.6km/h

| | コメント (0)

2011年9月27日 (火)

権現堂堤の曼珠沙華

2週間ごとの、眼科医通院で、26日に幸手に入る。

権現堂堤を散策する。

Blog2011_09260013

Blog2011_09260014

Blog2011_09260015

今年は、例年より、一週間は遅れているようだ。

テレビ中継された、日高巾着田の曼珠沙華も、まだ咲き揃っていなかった。

ここも、斑に咲き出している。

Blog2011_09260016

Blog2011_09260017

Blog2011_09260018

蕾が,まるでアスパラガスやタケノコのように、にょきにょきと生えている。

曼珠沙華は、一面真っ赤の緋の世界が好きだ。

Blog2011_09260019

Blog2011_09260020

Blog2011_09260021

単体を、アップの目で見るのも趣があるが、異様なぐらい、赤で覆われる怪しげな世界の方がいい。

今年は、一斉に咲くのは難しそうだ。

Blog2011_09260022

Blog2011_09260023

Blog2011_09260024

堤の中央、橋のところに、一ヶ所だけ、白くぼやけてる場所がある。

フジバカマが群生してる場所だ。

花蜜がおいしいのだろう、蝶や蜂が群がって、蜜を吸っている。

こんな小花の集合体の蜜を吸い集めるのは、大変なことのように思うのだが。

| | コメント (0)

2011年9月25日 (日)

近辺ゆっくりポタ

日高巾着田へ曼珠沙華を見に行こうかと思ったが、

昨日の荒川CRでも、終わり際の彼岸花を、何度となく目にしたので、今年はカット。

トマトが食べきってしまったので、北中ヤオフジへ行く。

他のスーパーに比べて、トマトを沢山扱っている。

普通サイズとミニサイズを、2山買ってくる。

甘さが足りないトマトには、砂糖を一匙振りかけて食べる。

最近は、トマトがないと物足りなく思う。

 

帰ってから、新所、小手指方面を、ゆっくりと回る。

のんびりポタの相棒は、R3である。

緑町中央公園では、リサイクルバザーが開かれていた。

小手指方面を、ゆるゆる走る。

所沢へ来て、最初に入居したアパートが、上新井に今も有る。

自分は、新築したてに一番入居したものだが、もう35年も前のことになる。

その当時は、荒れ地の中に、細い道路があり、1棟だけの建物だった。

現在は、住宅がびっしり、道路も広く、縦横無尽に延びている。

当時は、この辺は、雑木林や荒野が、かなりあったものだ。

新しい住民が、新しい自治会をつくり、すっかり様変わりしている。

 

小手指西友の真向かいの、スーパー丸三青果へ入ってみる。

肉屋、魚屋、総菜屋さんも入ってるから便利だが、野菜類はヤオフジほどではない。

偶に覗いてみる店の一つに加えよう。

Dis 27.39km                 Max 28.1km/h

Tim 1h32m17s              Ave 17.8km/h

| | コメント (0)

2011年9月24日 (土)

荒川CRで森林公園へ

川越上江橋より荒川CRへ出て、森林公園へ行ってみようと思い、8時20分に家を出る。

土曜の早い時間は、車も空いているので、走り易い。

本日の相棒は、GIANT FCR ZEROです。

久しぶりの登場です。

Blog2011_09240013

Blog2011_09240014

9時10分  上江橋下の荒川CRに出る。

ここまで、走行16.5km。 順調な滑り出しだ。

Blog2011_09240015

Blog2011_09240016

9時35分 ホンダエアポート着。 23.8km

飛行の準備をしていた。

Blog2011_09240017

Blog2011_09240018

Blog2011_09240019

10時 吉見桜堤公園着。 31.4km。

ここの曼珠沙華は、終わりかけていた。

絶好の自転車日和の今日は、走っていても爽やかで気持ちいい。

入間大橋から先の荒川右岸CRは、長閑な田園風景を目にしての走りです。

大芦橋まで走っても、まだ疲れはない。

森林公園へ向かって、荒川と別れ、案内に従って、森林公園へ向かう。

ここから先は、歩道と一緒の自転車道なので、走り易いとは言えない。

脚に自信のある人、道を知ってる人は、車道を走るだろう。

自分は初めてなので、案内を見ながら、自転車道を走る。

ちょっと長い坂道もあるが、それほど困難ではない。

案内に従い、2度ほど曲がれば、森林公園中央口に着く。

梨売りと、駐車場の客引きも賑やかだ。

Blog2011_09240021

Blog2011_09240020

10時45分 森林公園中央口着。 48.7km。

往の記録

Dis 48.74km             Max 38.8km/h

Tim 2h9m55s            Ave 21.5km/h

今日は、入場はせずに、20分程の休憩、トイレ等済ませ後にする。

帰りは、下り坂となり、楽ちんだ。

Blog2011_09240022

大芦橋下流の、水道橋下が日陰になってたので、少し早いが昼食のおにぎりを摂る。

大芦橋は東松山市と鴻巣市に跨る橋です。

11時30分着。  54.16km。

ここで一緒になったサイクリストと、自転車談義などして、30分ほど過ごす。

彼の愛車は、高校生の時に買って、今も大切の乗っている。

Blog2011_09240023

これよりノンストップで、上江橋下まで走る。

復路の方が、スピードアップしたのは初めてである。

追い風に乗ってるのか、28km/h~30km/hで巡航している。

上江橋下着 12時50分 76.88km。 13時発。

これより一般道なので、速度は落ちる。

所沢に入ると、疲労と気の緩みで、バテバテの速度。

ここを、もう少し早く走れるといいのだが。

2時ちょっと前に、家に着く。

本日の記録

Dis 92.92km            Max 38.8km/h

Tim 4h17m3s          Ave 21.7km/h

| | コメント (0)

2011年9月23日 (金)

東川~航空公園

いい天気の筈が、あまり良くならない天気だ。

曇り空が続いてる午前中、ケーヨーデーツー、オザムに買い物にR3で行く。

買い物してる間に、ぽつぽつ降り出して、オザムを出る頃には、かなり降ってしまった。

午後晴れ間が見えたので、再びR3を引っ張り出す。

東川沿いを坂の下の方に下る。

今まで、ギアチェンジが面倒に思われたので、フロントはミドルギアで走ってた。

レバーシフトに取り替えたので、チェンジは軽くなった。

で、最近はフロントをアウターにして走るので、スピード感が出た。

気持ちいい走りなので、近辺の走行では、FCRと遜色ない感じだ。

東川では、何も目に留まるものがないので、航空公園に行く。

休日で、秋の気温なので、ファミリーで来てる人で、久しぶりに賑やかだ。

Blog2011_09230007

Blog2011_09230008

Blog2011_09230009

藤棚の下のR3と、四隅の秋咲きの薔薇が咲きだした。

Blog2011_09230010

藤棚の反対方向から、R3を写す。

Blog2011_09230011

駅傍のトイレ横では、アカシアの樹が根っこ返りしている。

Blog2011_09230012

運動場際の崖上に、15,6本の曼珠沙華が咲いていた。

ここは暖かいのか、もう盛りを過ぎて、良さそうなのを撮ってみる。

Dis  20.73km                  Max  35.2km/h

Tim  1h6m46s                 Ave  18.6km/h

| | コメント (0)

2011年9月22日 (木)

台風一過

今回の台風は、上陸してからの速度が速いので、台風一過のピーカンとなった。

Blog2011_09220010

Blog2011_09220011

ベランダからの、澄みきった並木の風景と

遠く望んだ富士山には、笠雲もはっきりと見られた。

大震災と同じように、交通機関が止まってしまったので、帰宅困難者が、駅で留まった。

違うのは、台風通過後に、10時過ぎには回復したこと。

テレビでは、各所の被害を放映してたので、付近をR3で廻ってみる。

Blog2011_09220012

まず最初に目に入ったのは、中国帰国児センター傍。

樹が倒れ掛かって、柵をへし曲げている。

このままで良い訳はなく、その内に切り倒されるだろう。

Blog2011_09220013



Blog2011_09220014_3


Blog2011_09220014_2



Blog2011_09220014


公園に行くのは、手っ取り早く台風禍を知るのに丁度良い。

木々の枝は、台風によって、枝葉を落とされて、枝を避けながら走らねばならぬ。

Blog2011_09220014_4

プラタナスの実が、葉と共に園路の散乱している。

Blog2011_09220015

公園内は、葉っぱの絨毯を敷き詰めたようだ。

Blog2011_09220016

Blog2011_09220017

この一角は、松、桜が、へし折られている。

突風の通り道にあたったのだろう。

この後、東川に行ってみるが、水量も普段とあまり変わらない様子だった。

Blog2011_09220018

防大病院職員宿舎のプラタナスが、切り倒されていた。ほんの近間しか廻らなかったが、倒木以外の被害は、見受けられなかった。

これから新所を抜けて、北中のヤオフジへトマトを買いに行く。

10時少し前に着いたので、少し待って、リュックに入る量の野菜など買う。

一旦、家に戻り、再び北岩岡の直売所へ行く。

目指すジャガイモはなかったので、ミズナなど葉物を2点買う。

中新井、神米金などの直売所を廻るも、やってないので、金山調整池際の本郷で、やっとゲットする。

別に、決まったレシピがある訳でもないが、運動がてらに、色々廻り、欠品を補充する。

農家の直売所は、100円均一の料金だから、自転車乗りしながらの巡回も楽しいものである。

近辺を、彼方此方と廻るだけで、40km超の走りとなった。

同じところを廻るよりは、変化があるので楽しいかな?

本日のR3

Dis  43.45km            Max  35.8km/h

Tim  2h25m6s           Ave  17.9km/h

| | コメント (0)

2011年9月19日 (月)

所沢南部ユルポタ

3日ぶりの自転車乗りである。

野菜直売所で、野菜でも買って来れるように、

ナップザックを背負って出かける。

中新井~所沢新町~北岩岡~北所沢~松葉町~弥生町~並木へと抜ける。

Blog2011_09190016

北岩岡の茶畑は、鮮やかな緑でした。

2ヶ所ある野菜直売所は、休みのようでした。

Blog2011_09190017

R643沿いの航空公園傍の自転車道。

ケヤキ並木が、陽射しを遮って快適です。

ここからは、西新井町~旭町~くすのき台~北秋津~上安松~秋津町~清瀬市と走る。

秋津町で空掘川縁に出て、川に沿って走る。

Blog2011_09190018

Blog2011_09190019

空堀川沿いの道で、R3をパチリと。

名前の通り、今日も水量の少ない空堀川です。

Blog2011_09190020

Blog2011_09190021

Blog2011_09190022

空堀川から少し横にある清瀬せせらぎの小路に寄る。

もう曼珠沙華が咲いてます。

コムラサキも紫色の小粒の実を、沢山付けています。

この小路は、萩の花も、かなり有り、萩のトンネルもありますが、

見栄えが、もうひとつぱっとしないので割愛です。

Blog2011_09190023

ここで柳瀬川と合流します。

ちょうど橋の架け替え工事をしてるので、狭い歩行用道路を歩くような速度で通ります。

清瀬橋を渡り、東所沢グリーンヒル団地から本郷を通り、清瀬金山公園に出ました。

Blog2011_09190028

Blog2011_09190027

金山公園の池は、静かな水面でした。

公園横の柳瀬川の河原では、橋の上流、下流でバーベキューのパーティーが数組。

Blog2011_09190024

Blog2011_09190025

調整池の方に回ると、遊歩道は冠水して水の中。

なので鳥撮隊の皆様も、土手上から、大砲レンズで翡翠を狙ってました。

Blog2011_09190026

池上の畑では、パンパスグラスが、何もない畑で聳えてます。

この先の野菜直売所で、葉唐辛子、シシトウ、ゴーヤをゲットしました。

Blog2011_09190029

Blog2011_09190030

帰り道、本郷東福寺の裏の坂道に咲く、赤白の曼珠沙華。

かなり長い坂の途中で止めたので、ミドルギアで立ち漕ぎをして、登り切りました。

本郷からは東所沢~日比田~亀ヶ谷~南永井~中富と走り、帰ってきました。

途中、亀ヶ谷の所沢ぶどう園に寄ったら、巨砲、マスカット類は終わっていました。

あけぼのスターという中粒のぶどうを買いましたが、巨砲類と比べると、味は薄いですね。

Dis  26.05km               Max  31.5km/h

Tim  1h33m53s            Ave  16.6km/h

| | コメント (0)

2011年9月16日 (金)

公園ポタ

小改造したR3が物珍しさも有り、今日は公園ポタです。

シフターとディレラーを交換したので、変速が気にならない。

スムーズな変速は、走りにも好影響です。

長距離はFCR、中距離まではR3と区別して走れそうです。

午前早めの公園は、人も少ないので、ぐるぐる廻れます。

Blog2011_09160008

Blog2011_09160012

Blog2011_09160011

Blog2011_09160013

Blog2011_09160014

何も撮るべきものがないので、好きな池を撮ります。

池の中に鴨が居ないので、渡って行ったのかなと思ったら、

南側の岸で、くつろいでました。

この鴨たち30羽~40羽は、一年中この池に住みついています。

節電中も、池の撹拌機は、2機とも止めずに回っています。

そのおかげで、青子が発生することもなく、良い状態が保たれています。

Blog2011_09160010

その代わりに、この人工小川は、節電の犠牲になり、震災より流れを止めたままです。

ポンプで揚水して、流れ落ちる水がないと、涼味が感じられなく殺風景です。

Blog2011_09160009

池の畔のウメモドキは、小粒の真っ赤な実を沢山付けています。

連休後には、やっと秋が訪れてきそうな予報。

静かな、残り少ない残暑の公園は、少しずつ秋に近付いているのかな?

Dis  27.18km               Max  33.3km/h

Tim  1h18m27s            Ave  20.8km/h

| | コメント (0)

2011年9月15日 (木)

北野花畑~ヤオフジ

R3で北野花畑に行ってみる。

家から約6kmである。

秋の定番コスモスとキバナコスモスが咲いていた。

背が高い普通のコスモスは、所々倒れている。

花も終わりと云う訳ではないが、咲きそろってる感じではない。

キバナコスモスは、赤色と黄色が満開状態です。

オレンジ色の花は、普通のコスモス同様に、背が高い種で、疎ら咲きである。

Blog2011_09150007

Blog2011_09150012

Blog2011_09150009

Blog2011_09150008

Blog2011_09150010

Blog2011_09150011

残暑の陽射しが、容赦なく照りつけて暑い。

長居は無用と、北中のヤオフジへ廻る。

9時半頃に付いたので、10時の開店を、駐車場の日蔭で待つ。

キュウリ、トマトなど買い求め、豚のブロックが安かったが、自転車なので割愛。

サルナシの実が売られていたので、買ってみる。

山の紀行文や、山生活の本に出てくるので興味があったので。

Blog2011_09150014

早速に食べてみる。

ほんのり甘く、幽かに酸っぱい。

山歩きの途中で食せば、有り難い味となるのであろう。

ヤオフジより家まで、約6km。

Dis  16.98km            Max  29.0km/h

Tim  53m17s            Ave  19.1km/h

| | コメント (2)

2011年9月14日 (水)

新装R3試乗

昨日、加須から帰ってきたら、留守電にパーツが来ているからとの伝言が入っていた。

慌ただしく、昼食の素麺をすすり、CBあさひ所沢店へ行く。

ブレーキレバーと一体化のシフター、Rディレラー、Fディレラー、チェーンの交換と、取り寄せていたグリップ、サイコン、FCRのお下がりのバーエンドバーの取り付けもする。

なので、時間がかかるので、車に積んで持ち込む。

予想通り、時間がかなり掛かること告げられる。

対応してくれたのは、若い女性の店員さんだ。

男女差なく、みんな組み立て、修理の技術を習得したるのだろう。

結局、1時入庫で、6時過ぎに、作業完了の連絡をもらう。

もう6時時過ぎで、暗くなり始める時期になっている。

フロント車輪を外して車に積むので、取り付けは明日にして、そのまま部屋に運ぶ。

 

8時過ぎに、フロントタイヤを取り付けて、いつもの周回コースに行く。

フロントギアをアウターにして、リアを4番5番のギアで走れば、かなりスピードが出る。

平地なら、FCRと遜色ないスピードが出る。

Blog2011_09140008

Blog2011_09140009

Blog2011_09140010

Blog2011_09140011

新装備のESCAPE R3とシフター部分。

平地の走り、ミドルギアからアウターへの変換もスムーズだ。

坂道を試すべく、公園に向かう。

公園の坂で、フロントインナーに切り替えてみる。

スピードのあるうちに、シフトしないと、入りにくいようだ。

フロントのインナーは、あまり使う事もないだろうが、回転数が上がるから、自分は好きではない。

変速位置が、ひとつひとつ決まるので、概ね満足している。

R3の記録

Dis  26.45km                Max  35.1km/h

Tim  1h15m56s             Ave  20.9km/h

 

公園の藤棚の、藤の幹を撮る。

かなり枯れてるところが多いが、これでも水分、養分を吸い上げることが出来るんだね。

Blog2011_09140012

Blog2011_09140013

Blog2011_09140014

周りが明るいので、真黒になってしまった。

幹の状態なんて、見えやせんです。

| | コメント (0)

2011年9月11日 (日)

空に黒雲が途中で中断する

今日も朝8時過ぎに、周回コースに行く。

日曜の朝方は、静かである。

畑の中の直線コースの伸びが悪い。

幾分、向かい風なのだ。

で、20キロ走ったところで、住宅地のコースは止めて、畑地のコースと、一番短いコースを折り返す走行にする。

逆送すると、畑地のコースのスピードも伸びる。

いつものように、40キロ走を目指していたが、黒雲が空を覆い始めたので、途中ながら帰宅する。

結果的には、雨は降らなかった。

少しは、アベレージが上がったかなと期待したが、いつもと変わらぬ結果でした。

 

 Dis 37.65km                Max  33.5km/h

  Tim 1h45m34s             Ave  21.3km/h

| | コメント (0)

2011年9月10日 (土)

いつもの40キロ走&映画「デンデラ」

猛暑が復活しそうなので、8時頃より、いつもの周回を走る。

強い陽射しながら、まだ早い内だから、走れば涼しさが湧く。

土曜の朝は、車も少なく走り易い。

そんなご機嫌で漕いでたら、車と車の接触事故が合ったようで、警察官が二人出ていた。

軽い事故の様子で、一周してる間に処理は終えていた。

全然成長しないので、同じ記録しか出てこない。

 

 Dis 40.25km            Max 32.5km/h

  Tim 1h53m38s         Ave  21.2km/h

 

午後の室温は、32度を超えてる。

この暑さから逃れるため、今日から上映の「デンデラ」を見に、大井ワーナーマイカルへ行く。

土曜と会って、ホールはかなりの人だかりだ。

午後2時10分からの上映室に入ると、観客は2,30人といったところだ。

デンデラホームページ

1983年に今村昌平監督の「楢山節考」の後続版と云った感じで、子息の天願大介の作品だ。

東北の山間の部落では、貧しさのため、70歳を過ぎると捨てられる風習がある。

死を受け入れられない老女が、生き延びて、デンデラという女だけの集合体をつくる。

撮影地が、雪の山形庄内で、極寒の中での撮影は、映画を見ても、大変さが感じられる。

女達は、捨てた男社会への復讐の怨念で、生を燃えたぎらす。

熊との壮絶な戦いあり、雪崩の襲来ありで、村への攻撃は実らない。

老人は、要らないもの、価値のないもの、邪魔なものなのかを問う。

結局、生への讃歌が、強く訴えられていた映画でした。

東日本大地震の大惨事と重ねて、生きることへの後押しを感じた。

そうそうたる女優陣なのだが、穢い老女の役なので、浅岡ルリコ、草笛光子、倍賞美津子以外は、誰が誰やら判らない役作りです。

約2時間後、雪景色とエアコンで、寒さを感じた程でしたが、4時過ぎの現実は、むっとする暑さに戻されました。

| | コメント (0)

2011年9月 9日 (金)

湯楽の里&40キロ走

自転車走する前に、散髪をしに、湯楽の里へ行く。

この温泉施設の1000円床屋で散髪をする。

9時過ぎに付いたら、誰もいなかったので、すぐにやってもらう。

ほんの10分もあれば、終わってしまう簡単整髪。

Blog2011_0909h0009

Blog2011_0909h0013

駐輪場は、昔の長屋門のような雰囲気です。

Blog2011_0909h0012

理容所は、昔の蔵を改造しています。

Blog2011_0909h0010

Blog2011_0909h0011

裏手に回ると、東京デジタルフォンのアンテナが聳えてます。

 

散髪して軽く、さっぱりして、いつものコースを周回します。

走り始めは、涼やかな風が頬をよぎっていたのですが、時間と共に、暑さも感じてきました。

あまり無理せず、8分通りの走りで、約40キロ走って終了しました。

サイコンの記録は、ほぼいつもと変わりありません。

Dis 41.01km                 Max 32.5km/h

Tim  1h56m13s              Ave 21.2km

| | コメント (2)

2011年9月 8日 (木)

映画「ライフ」いのちをつなぐ物語

テレビでも前宣伝で、話題になっていた映画「ライフ」を見る。

BBC制作のネイチャードキュメンタリーの集大成である。

製作期間6年、総製作費35億円をかけて、地球上の全大陸で撮影した。

海の中、空中、険しい断崖、猛獣の間近での撮影と、どうやって撮ったんだろうと思える映像。

また樹上10mの水たまりの蛙の子育て、食虫花の生態、ハゲワシが骨を空中高くから落して砕いて食べる様子など、忍耐強い撮影があったものでしょう。

中で驚いたのは、オオトカゲが水牛を襲う場面です。

あんなに大きさの違う動物が、己より数倍も大きな水牛を、どうやって倒すのか。

脚に噛みつき、その傷口からバイ菌が入り、水牛が弱って倒れるまで待つという、すざまじい執念です。

副題が「いのちをつなぐ物語」と付けてある通り、種の保存、子育てに焦点を当てています。

それと並行して、生きていくための戦いの場面も、数多くあり、美しい、きれいだけの映像ではなく、むごたらしい場面、恐ろしい場面も出てきます。

それもこれも、命を繋いでいくための、神聖なことなのです。

命の重さを感じさせる映画でした。

Blog2011_09080004

Blog2011_09080003

| | コメント (0)

2011年9月 7日 (水)

ゆるゆる30キロ走

台風による雨で、一週間ぶりの自転車です。

バーエンドバーを換えてから、最初のFCR ZEROでの走行です。

新しいバーエンドバーは、太くてしっかりしてるので、楽な感じです。

手のポジェションも、三通りに換えられて、手の痛みも緩和されそうです。

が、一週間ぶりで、脚が鈍ってしまったのか、16キロくらい走ったところで、

左膝の横に違和感を感じた。

筋肉ではなく、腱の異常のようです。

痛くて走れないほどのことではないので、ゆるりゆるりと走行しました。

Blog2011_09070005

Blog2011_09070006

Blog2011_09070007

この3本の道路が、最近の練習コースです。

不等変3角形の、1周約2キロのコースです。

今日は久しぶりの台風一過の青空で、頬にあたる風も涼しい。

Blog2011_09070008

今日の相棒、FCR ZERO。

自転車は喜んでたのですが、老エンジンの調子が今一つで、30キロで終わりにしました。

 

 Dis 31.76km          Max 33.0km/h

 

 Tim 1h33m39s         Ave 20.3km/h

周回路走行後、もう1台の相棒ESCAPE R3に乗り換えて、あさひサイクルベースに行く。

かねてより思っていたグリップシフトからレバーシフトにするためです。

店員さんの話では、今のグリップシフトは、無段階シフトなので、必ずしも一回で変速しないこともあるとのこと。

坂道の変速の時、それでは困るので、フロント3段にきちんと変速するように、ディレラーも替えてもらう事にした。

パーツを取り寄せてもらい、入荷したら連絡呉れるように頼んできた。

サイコンを取り寄せてるので、その際取り付けてもらう。

サイコンは、ある方が数字に表れるから、より楽しい。

チェーンも少し伸び気味なので、交換してもらおう。

| | コメント (0)

2011年9月 5日 (月)

映画「神様のカルテ」 & バーエンドバー

病院の窓、屋上から日本アルプスを臨める救急病院で、医療に忙殺される若い医師が主人公。

そんな連日繰り返される煩瑣な医療業務で疲労して、疑問を感じてる時、大学病院の研修会の案内が来る。

参加してみると、病気に対する探求、治療法のディスカッションがあり、日頃の自分の治療に抹殺されてる現状と比較して、目を覚まされるような刺激を味わう。

大学の教授からも認められ、大学付属病院でのチームに誘われる。

先進医療に携わる誘惑に、心動かされる一止(医師)だったが、末期癌患者との出会いで、患者に寄りそう医師を目指し、大学病院行きを断る。

信州の山々や風景を撮る、癒しの写真家の妻(榛名)や、先輩医師、看護師に見守られて、成長していく。

また、一止達が住む旅館が良い。

今時ない昭和の味のする建物で、学士(万年浪人)、男爵(描けない画家)との関わりも暖かい。

そんな色んな暖かい味のする映画でした。

Blog2011_09050004

 

 バーエンドバーの交換

今付けてるバーエンドバーは、細過ぎて、握りずらいし疲れる。

なので、もう少し太いのを取り付けてみた。

台風接近による雨降りの連日で、まだ試乗はしてない。

ハンドルバーと同じ太さなので、安定感はありそうだ。

端部が内に曲がってるのも、握りを変えられて良さそうである。

が、曲がりが、ブレーキレバーやシフトレバーの操作に、悪い影響がないことを望む。

Blog2011_09050005

Blog2011_09050006

| | コメント (0)

2011年9月 2日 (金)

ESCAPE R3のチューンナップ

我が愛車1号車、ESCAPE R3のチューンナップを目論んでいる。

R3 2007は、変速に不満がある。

R3は、3×8のギアなのだが、フロントのミドルからインナーギアへの切り替えが悪い。

シフターが良くないのか、ディレラーが悪いのかと思うのだが?

以前サイクルベースあさひへ、調整に持って行った時、今度切り替えが悪くなったら、リアディラーを換えたほうがいいと言われている。

シフターもグリップ式なので、位置が決まらない感じだ。

本当は、3×8は使いにくいので、2×10にしたいのだが、そこまでやると、R3の価格を越えてしまう。

入門用のクロスバイクに、ロードバイク仕様をしても始まらない。

自分は機械関係、図面、展開図、組み立てなどは得意ではないので、あさひに持ち込んで相談して来よう。

最低でも、レバー式シフターとディレラーを、少しレベルアップして、スムーズな変速にしたいと思っている。

Blog2011_09020008

Blog2011_09020005

Blog2011_09020006

Blog2011_09020007

| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »