« ESCAPE R3のチューンナップ | トップページ | ゆるゆる30キロ走 »

2011年9月 5日 (月)

映画「神様のカルテ」 & バーエンドバー

病院の窓、屋上から日本アルプスを臨める救急病院で、医療に忙殺される若い医師が主人公。

そんな連日繰り返される煩瑣な医療業務で疲労して、疑問を感じてる時、大学病院の研修会の案内が来る。

参加してみると、病気に対する探求、治療法のディスカッションがあり、日頃の自分の治療に抹殺されてる現状と比較して、目を覚まされるような刺激を味わう。

大学の教授からも認められ、大学付属病院でのチームに誘われる。

先進医療に携わる誘惑に、心動かされる一止(医師)だったが、末期癌患者との出会いで、患者に寄りそう医師を目指し、大学病院行きを断る。

信州の山々や風景を撮る、癒しの写真家の妻(榛名)や、先輩医師、看護師に見守られて、成長していく。

また、一止達が住む旅館が良い。

今時ない昭和の味のする建物で、学士(万年浪人)、男爵(描けない画家)との関わりも暖かい。

そんな色んな暖かい味のする映画でした。

Blog2011_09050004

 

 バーエンドバーの交換

今付けてるバーエンドバーは、細過ぎて、握りずらいし疲れる。

なので、もう少し太いのを取り付けてみた。

台風接近による雨降りの連日で、まだ試乗はしてない。

ハンドルバーと同じ太さなので、安定感はありそうだ。

端部が内に曲がってるのも、握りを変えられて良さそうである。

が、曲がりが、ブレーキレバーやシフトレバーの操作に、悪い影響がないことを望む。

Blog2011_09050005

Blog2011_09050006

|

« ESCAPE R3のチューンナップ | トップページ | ゆるゆる30キロ走 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ESCAPE R3のチューンナップ | トップページ | ゆるゆる30キロ走 »