« 所沢買い物ポタ | トップページ | 大掃除 »

2011年12月27日 (火)

99年の愛~ジャパニーズアメリカンズ

昨日に引き続き、今日も北風が吹き寒い一日です。

なので今日も家に引き籠りです。

昨晩見たドラマ「ジャパニーズアメリカンズ」が大作で見ごたえがある。

二日で9時間の一挙放送なのだが、ぐいぐい引張ってくれるので、飽きが来ない。

今晩はPM6時30分から5時間の放送だ。

戦前の貧しい農家が、新天地アメリカで迫害にもめげず、奮闘する物語だ。

現代から回想する形なので、人物の評定が、やや困難ではある。

主人公の一人、長吉役の草彅剛が、長男の一郎役をしてるので、ちょっとややこしい。

その長吉は、中井貴一に変わっている。

長吉一家の3代にわたる物語だ。

戦前でさえも、蔑まされてた日本人は、戦争状態に入ると、敵になるので、更に難しい立場になる。

長吉は、娘二人を、日本の兄の許に帰すが、日本は相変わらず貧乏で、姉妹は引き離されるというのが前篇だ。

日本に帰っても地獄、アメリカに残っても地獄という悲惨な時代が、描かれている。

渡米して成功しても、アメリカに滞留するのは、敵国なので、日本に帰った人もたくさんいた。

が、せっかく築き上げたアメリカでの生活を捨てることができない長吉たち1世。

アメリカ国籍の一郎たち2世は、アメリカ兵となり、母国日本と戦わざるを得ない状況が予告されていた。

戦前戦後の過酷な時代を生き抜いた人々と、東日本大地震の被災者たちの姿が重なってしまう。

今晩は早めに食事を済ませて、じっくりと先人たちのご苦労を感じて、自分への戒めとしよう。

|

« 所沢買い物ポタ | トップページ | 大掃除 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 所沢買い物ポタ | トップページ | 大掃除 »