« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

冬の権現堂堤

暇にまかせて、冬の権現堂堤を歩いた。

車を洗ったり、玄関周りの清掃をしてから出かけたので、体は温まっていたので、防寒服なしで歩く。

冬の権現堂は、散歩する人も少なく、時折歩いてる人達も完全に防寒服、コートで身を固めている。

まだ期間中の水仙まつりにもかかわらず、人出は少ない。

水仙ももう盛りを過ぎたようで、寒風の影響で、なぎ倒されてるように見える。

Blog2012_01300010

Blog2012_01300008

見ごたえのない水仙より曼殊沙華、葉が青々と茂り、根に養分を取り込んで旺盛だ。

この寒い時期に、葉を伸ばして、夏になると姿を隠す。

Blog2012_01300006

Blog2012_01300007

ほかの草木が、枯れてる間に、旺盛に光合成をしている。

水仙の緑より、なお生き生きしている。

Blog2012_01300009

行幸湖の排水機場。

雨不足で、利根川の水量も少ないのだろう、水門は閉じられていました。

歩いても、暖かくはならず、だんだんと寒さを感じてきたので、1時間弱で切り上げる。

まだまだ色のない黄土色の世界です。

| | コメント (0)

2012年1月29日 (日)

ドラマ「キルトの家」&大阪国際女子マラソン

NHKのドラマ「キルトの家」を見た。

訳ありで故郷を追われた若いカップルが、老人の多い住宅に身を寄る。

そこで一般の住民とは、ちょっと馴染まない老人たちと、キルトの家で交流する話だ。

キルトの家は、持ち主夫婦が入院して、掃除をすることを条件に、自由に使わせてもらってる家だ。

キルトとは布切れに綿を挟んで縫い合わせ、縫い広げていくもの。

老人一人一人が、キルトを作る布切れなのだ。

個性の強い老人たちが、お互いを認め合って、手を携えていく様は、キルトを連想させる。

人生、老後の生活、老人たちの経験などから、若い二人が何を学んでゆくか興味ある。

前後篇の2回放送なのだが、この時間帯のNHK土曜ドラマは、いい作品ばかりだ。

三浦友和、百恵さんの次男、貴大は初めて見るが、いい俳優に育ってるようだ。

 

大阪女子国際マラソンを見た。

トラックスピードの第一人者、福士加代子が注目されていたが、22キロ過ぎに失速、天満屋所属の重友梨佐選手が好タイムで優勝した。

タイムも最近では、いちばんいい方なので、恐らくロンドンオリンピックの候補選手になるだろう。

最近は、後半に失速する選手が多い中で、タイム落ちせずにゴールできたのは快挙です。

天満屋は3回連続で、マラソン選手を送り出している。

今回決まれば、4度目となる。

武富監督の指導法が、女子マラソン選手に合うのか、これまた素晴らしい快挙である。

| | コメント (0)

2012年1月28日 (土)

ケヤキキョウダイ&富士五湖地震

NHKの新日本紀行を見た。

山形県鶴岡市浜中地区に伝わるケヤキキョウダイを取上げていた。

ケヤキキョウダイは契約姉妹の訛ったもので、小学生高学年になると、藁で作ったくじを引き、お互いつながった相手と、助け合う風習である。

この地区は、昔は殆どが大工さんを生業としてたため、出稼ぎに行って、いつも家を留守にする。

家を守る女性たちは、助け合っていかなければ、乗りきれない状況だったのだ。

今は、会社員が増えて、男性がいない家はなくなったのだが、この仕来たりを守っていくということである。

ケヤキキョウダイとなった大晦日には、掛け布団、敷布団をそれぞれ持参して、一つの布団で眠り、絆を結ぶということだ。

現在は、少子化で、子供の数も減ったので、3年ぶりに行ったという。

ケヤキキョウダイとなった相手とは、人生いろんなことで助け合うように意識させることが重要なことなのだろう。

半強制的にも見えるが、こうした制度は、人間をプッシュして、側面から絆を作ってくれる。

 

朝5チャンを見ていたら、地震を感じた。

それも2,3分おきに2回も来た。

番組では、富士山の景色のロケで、富士五湖に行っていた。

富士五湖では、震度5を記録してた。

震源地が、富士五湖なので、地面が振動して、蠕動したようにアナウンサーは言っていた。

この間、地震予知で震度7クラスの起きる確率が、3年以内で70%といってたので、内陸部の方に、震源地が増えてくると怖い感じがする。

東日本大地震で、地殻変動が起きてるので、いつ起きても不思議じゃないらしい。

これを書いてるときにも(PM2:30)茨城で、震度4の地震が起きている。

あれ以来、地震の回数が極端に多くなってるので、その内に大きな地震が来たらと、不安になる。

| | コメント (0)

2012年1月27日 (金)

公園ポタ&蝋梅

今日も近間の公園ポタで茶を濁す。

団地の建物の影になっているところなど、陽の当らない場所は、まだ1週間も溶けるまでかかりそうだ。

大寒波の襲来は、北日本、北陸地方に豪雪をもたらし、除雪、生活に支障をきたしている。

太平洋側は、乾燥と低温状態が長く続くらしい。

そんな寒中の自転車は、やはり乗り続けるのはつらい。

漕げば漕ぐほど、寒さが身に浸みてくる。

なので公園を一周して、自転車を止め置いて、ゆっくり歩く。

早く歩くと、余計に寒くなる。

これほどの寒さだと、運動で体を温めるのには、かなりの運動量と激しさが必要だ。

公園では、幼稚園児が、駅伝の練習をしていた。

来る31日に所沢の幼稚園の駅伝大会が予告されていた。

子供は風の子、というように寒さには強い。

この寒中の中、半袖、半パンツで走ってるのだから。

あやかりたいが無理なので、早々に切り上げてしまう老チャリダーでした。

Blog2012_01270004

Blog2012_01270005

Blog2012_01270006

今日の蝋梅園。

寒さにもめげず、絵を描いてる人もいました。

何事も、熱中してれば、克服できるのでしょう。

| | コメント (0)

2012年1月26日 (木)

買い物ポタ&雪写真

雪降って以来の、久々の自転車である。

小手指の新鮮市場までのポタである。

ポタとはポタリングの略である。

ポタリングとは、行き先を定めない自転車散歩のこと。

スポーツバイクが浸透して、愛好者が増えてから、とみに使用されるようになったものか?

ロングライド、サイクリングがある程度の距離と、ある程度の人数であるのに対して、一人で行うものなのでしょうか?

だから自分が使ってるポタリングは、全然合致していない。

行き先も決まってるし、短い距離、短い時間でも使ってるから。

でも、ただ自転車で走った、というよりは何か洒落てるというか、恰好よいように思えて頻繁に使っている。

本当のスポーツバイク乗りの人からすれば、容認できないかもしれぬが、老チャリダーに免じて許していただきたい。

 さて本日の外気温は、5℃くらいなのだろう?

冷気がほほを指す。手袋を貫通して、冷たさが指に痛い。

それでも自転車で走るのは爽快だ。

特に連なってる車列を横目に走り抜ける快感だ。

それでも帰りのころになると、指の痛さも消えた、たった10kmの極寒のポタでした。

 

雪写真の最終章

2012_01240070

2012_01240071

2012_01240073

2012_01240074

2012_01240075

雪に覆われた蝋梅園。

黄色に輝く蝋梅も、冷たく白い雪に蔽われて、香りも断たれてしまいました。

2012_01240076

2012_01240077

2012_01240078

雪の彩翔亭の庭園も、静かで凛とした雰囲気でした。

2012_01240079

2012_01240080

2012_01240081

航空記念館前の広場の雪景色。

ちょっと見、大雪原の様相に見えますね。

2012_01240082

最後は雪景色とは関係ないですが、青、赤、白、黄の配色の妙に惹かれて撮ったものです。

お付き合い、有難うございました。お疲れ様です。

| | コメント (0)

2012年1月25日 (水)

湯楽の里~散歩~雪写真

まだ日蔭の場所や、道の傍には雪が残ってるので、車で湯楽の里へ行く。

まず1000円カットで散髪をする。

頭頂はほとんど無くなったのだが、耳の後ろが伸びてくるので、煩わしい。

なので1カ月余では、カットしないと気持ちが悪い。

椅子に座れば、ほんの10分で終えてしまう丸刈りカットだ。

野天風呂の温泉は、開設当初よりは濁りが消えたが、温泉成分も薄くなってきてる気がする。

平日の午前の風呂は空いている。

とっかえひっかえいろんな湯船につかっても、40分もすれば飽きてくる。

風呂上がりの噴き出る汗を鎮めるため、ザルソバを食す。

冷水で洗ったソバは、冷たくて喉越しがいい。

 

午後は、公園方面に散歩に出る。

一部の日蔭地帯をのぞけば、雪は解けて乾いてきている。

昨日の雪景色が、嘘のようにかき消されている。

太陽は出ていても、外気の温度は上がらず、歩いていても冷気を感じてしまう。

刈ったばかりの頭は、毛糸の帽子を被ってるので汗をかいてしまう。

雪の残ってる所や、濡れてるところは歩きたくないので選んで歩く。

7kmくらい歩いて散歩は終わりにする。

 

2012_01240056

2012_01240057

2012_01240058

池の周りの道は、降り積もった雪で、竹が垂れて塞いでいた。

2012_01240059

2012_01240060

2012_01240061

2012_01240062

2012_01240063

池の中央のヒマラヤスギも綿帽子を被り、池の傍のハンノキやコナラの枯れ枝には、まっ白い雪の華が満開に咲きました。

2012_01240064

ユリノキの枝や花後にも、綿毛が付いてきれいです。

2012_01240065

桜の枝にも雪が纏い、ほんの今だけの雪の華です。

2012_01240066

2012_01240067

2012_01240068

一日だけの限られた公園の雪模様は、それだけに美しく愛おしく感じます。

今日散歩に行って、なお強く、夢のような世界に感じました。

まだもう少ししゃしんがあるので、次にアップします。

| | コメント (0)

2012年1月24日 (火)

雪景色

雪が降るとの天気予報が出ていたが、遮光カーテンを引いてるので気付かずにいたが、9時過ぎに知人よりのメールで、降雪を知る。

覗いてみると、本格的な降り方で、のしのしと降り注ぎ、かなり積雪していた。

朝起きて外の世界は、雪景色と変わっていた。

2012_01240042

2012_01240043

2012_01240044

2012_01240045

2012_01240046

2012_01240047

2012_01240048

先ずは7時過ぎに撮った、ベランダ、廊下からの映像です。

朝日が柔らかい色合いを付けた、早朝の雪景色。

全てが黄金色に彩られ、雪景色とは思えない。

8時過ぎには、航空公園に雪の世界を撮りに向かいました。

すっかり雪の止んだ道路は、がちがちの凍結状態です。

雪用の保温長靴をはいて歩くと、凍った路面の突起が足底を刺激します。

車道は、のろのろ運転を余儀なくされた車が、長蛇の列をなしていました。

信号の先から詰まってる状態なので、遅々として進みません。

これではいつもの3倍、4倍の所要時間となることでしょう。

焦らずに安全な運転をするしかないですね。

2012_01240049

2012_01240050

2012_01240051

2012_01240052

2012_01240053

2012_01240054

2012_01240055

公園に着きますと、木々の枝には雪の華が咲いてます。

芝生の丘は、積りやすいのでしょう、8cmくらいの積雪になっています。

歩道や生活道路で、5cmくらいの積雪でしょうか。

歩いた跡はあるのですが、流石にウォーキングしてる人はいません。

歩きにくいですもの、当然なことですね。

雪の写真はたくさん撮ってきたので、おいおいにアップしていきたいと思う。

| | コメント (0)

2012年1月23日 (月)

トマト直売&錯覚の出来事

今日ちょっと焦った出来事がありました。

ホームセンターの駐車場にバックしてた時のことです。

左側に駐車していた車の横に沿ってバックしてました。

顔はもちろん左側を向き、視界には左の車があります。

もう少しで止めようとしてた時、今までの速度より早くバックしてるのに気がつきました。

思わずブレーキを踏みましたが、止まりません。

前にも増して、速度が速くなってきてます。

ブレーキを力いっぱい踏み込みますが、止まる気配がありません。

もう後ろの車に当たっちゃうなと観念した時、車が止まったのを感じました。

何のことはない。

隣の車が前進で出て行ったのです。

もちろん自分の車は停まっていました。

自分の車がバックしていて、次に左の車が前進したので、自分の車が速度を速めてバックしてるように錯覚してたのでした。

思えば、電車に乗ってるとき、隣の電車が走り出すと、乗ってる電車が走ってるようなことがありました。

目線が、そこだけを見てると、反対方向に動くときは、錯覚で自分の方が動いてるように感じます。

時間にしてみれば、恐らく1分にも満たない、ほんの瞬間の出来事です。

でも本当に焦りました。

自分はブレーキじゃなくアクセルを踏んでるんじゃないか、などと一瞬思いましたよsweat01 sweat02

最近とみに多くなってる高年者のブレーキとアクセルの踏み間違い事故なども、脳裏をかすめて行きました。

幸い正常な自分で、安堵したひと時の出来事でした。

 

トマトの直売

志木の知人を送って行った時、市役所そばのハウスでトマトの直売所があります。

この冬の時期に、ハウスとはいえ、栽培してるのは珍しいことだ。

正月明けに通った時に買い求めて食べている。

その時は、中玉サイズとミニトマトの大きい種を買った。

その小さいトマトが甘くておいしかった。

で、今日はミニと小粒トマトを買い求めた。Blog2012_01230003

Blog2012_01230004

左の細長い方が、より甘いトマトです。

右のミニトマトは普通かな?

菜花も置いてたので、柔らかそうな色に惹かれて買ってきました。

お浸しで、鰹節をかけて十分な味と思う。

| | コメント (0)

2012年1月22日 (日)

老人と犬と放射能

フジテレビのドキュメンタリーを見る。

福島浪江町に住む老人と犬が、原発事故で離ればなれになる。

81歳の老人と犬が、自給自足の穏やかな暮らしから、追われるドキュメントだ。

奥さんに去られ、子供とも別れ、2000万円余の金も騙し取られ、それでも人の役に立ちたいと、子供たちに電気紙芝居や万華鏡で喜ばせている人なのだ。

山里の自由で、自然の恩恵の中の生活から、老犬とも別れる避難生活を送る。

避難所から犬の世話に一時帰宅、餌を置いているから、犬は家を離れず待っている。

避難所でも、電気紙芝居を見せ、語り、避難所生活に安らぎを与えている。

二転三転、避難所を移り住み、最後は仮設住宅で、愛犬と暮らせることになる。

放射能に汚染された畑に、ジャガイモを植え付けて去る。

主人のいない畑に、ジャガイモの芽が伸びているのが哀れである。

土地から追われ、畑も耕せない生活で、何を楽しみに生きれるのだろう?

| | コメント (2)

2012年1月20日 (金)

モノトーンの世界

起きてみると予報通り、外は雪降りになっていた。

冷えもこの冬一番のようで、うそ寒く薄暗い世界だ。

9時ころからは、本降りになって、うっすらとした雪景色だ。

これくらい降ると、観念してしまい、何もしないことになる。

手持無沙汰に、ベランダからシャターを押す。

2012_01200051

2012_01200052

2012_01200053

2012_01200054

降る雪に煙るモノクロの世界は、静寂ながら心が躍ったり、沈んだりの繰り返しだ。

妙に神妙な気持ちになったり、嬉々としたりしている。

| | コメント (0)

2012年1月19日 (木)

新装DK完了

自分の階のDK工事が終わったので、久しぶりにR3で買い物。

今まで、廊下に工事道具、中から出した家具などが置かれていたので、自転車を遠慮してたもの。

中新井の直売所にて、白菜、小松菜、サラダ菜などの葉物を買う。

久しぶりの自転車だけど、やはり走るのは気持ちがいい。

午後から、購入したダイニングボードの搬入があるので、これだけで本日は終了。

電話があり、約束より早めに、DKが届いた。

思ってたより、家に入れると高さがある。

自分の好きなように、棚板を取り付ける。

段数があるので、処分して少なくなった食器は、ガラガラ悠々である。

真ん中に、引き出しと、箸入れ、引き出し棚があるので便利である。

物入れに、仮置きしていた食器、小物などを早速移動する。

余裕なので、使い勝手が良さそうである。

Blog2012_01190003

Blog2012_01190004

| | コメント (2)

2012年1月17日 (火)

幸手権現堂堤散策

昨日昼過ぎに、権現堂堤を散策した。

曇り日の冷たい冬日の散策は、行き交う人も疎らだ。

Blog2012_01160013

国道4号線の行幸橋から、東武線鉄橋を望む中川の冬河原。

Blog2012_01160015

堤の東斜面にも、下方3列が水仙、上方には曼殊沙華が植えられました。

初め曼殊沙華、真ん中に紫陽花、後方に曼殊沙華と水仙が法面を彩ります。

Blog2012_01160016

Blog2012_01160017

中央広場の周りで咲いてる日本水仙。

Blog2012_01160018

Blog2012_01160019

後方西側斜面は、水仙群が見られます。

撮るためにしゃがみ込むと、ほんのりと甘い香りがします。

Blog2012_01160020

Blog2012_01160021

東側の散策路と、中川の堤防上の道も、全部舗装されて

春には何処からでも菜の花、桜を楽しむことができるでしょう。

Blog2012_01160022

Blog2012_01160023

権現堂堤の東側の光景。

川沿いから、峠の茶屋を望む。

Blog2012_01160024

中川にかかる行幸橋。

河川敷は、きれいに刈り取られ、丸裸状態できれいですが、寒そうな風景です。

歩いてても、寒さが身にしみ、一回りで終了しました。

| | コメント (0)

2012年1月14日 (土)

流し台・床張り工事

朝8時になると、予定通り工事が始められた。

流しの排水管も取り換えられるようで、床板の切り取りから始まった。

流しの排水口も大きくなったので、流れが速くなった。

ステンレスの新しいのは、顔が映り込むようにピカピカで気持ちいい。

蛇口も大きくなり、水の出が勢いを増した。

吊り戸棚下の蛍光灯も、15Wから20Wに代わって、明るさを増した。

ガスソケットも新式の新しものと交換され、器具の接続が、ワンタッチにできる。

床は、木目調の薄いクッション性のあるCFとかいう製品だ。

ロール状の物を広げて、部屋の凹凸に合わせてカッターで切っていく。

さすが職人さんである。

排水パイプの難しい丸みにも合わせてしまう。

大工さん、水道屋さん、ガス屋さん、電気屋さん等が、入れ替わり立ち替わりに、自分の仕事をしてゆく。

最後にガス漏れの点検をして、11時には終了した。

もう毎日やってるから、見事なチームワークと仕事の流れだ。

Blog2012_01140009

Blog2012_01140010

Blog2012_01140011

Blog2012_01140012

Blog2012_01140013

Blog2012_01140014

Blog2012_01140015

一部ではあるが、新しくなるのは嬉しいことだ。

片づけた物を元に戻して、19日にダイニングボードが来れば終了となる。

| | コメント (0)

2012年1月13日 (金)

空っぽのDK

明日の工事に備えて、食卓付近の片づけと、床の拭き掃除をする。

ひかり電話のルーターから、すべての配線を抜き取る。

一時、電話もパソコンも、非接続状態なので、使用不可となる。

全てが終わりに近づいたころ、業者が明日の工事の念押しに来る。

冷蔵庫をのぞけば、すっかり撤去してるので、いつでもどうぞという感じだ。

Blog2012_01130008

Blog2012_01130005

Blog2012_01130006

Blog2012_01130007

空っぽになったDKと、引き換えに物置化となった自転車部屋。

仕舞支度を兼ねて、前々から不要物を整理、処分してるので、物は最小限です。

昼から、ルーター床に直置きで、電話、パソコンを仮につなぐ。

夜になったら、配線が床に張ってるので、引っかかってしまいそうなので、再び外そう。

明朝と昼は、流しを使えないので、パン類で済まそうと思う。

これから食料買いと、粗大物シールを買いに行こう。

| | コメント (0)

2012年1月12日 (木)

キッチン周りの片づけ&マイ自転車歴

いよいよDKの工事日が近付いてきたので、水廻り面と流し台の中の片づけをやる。

片づけそのものは、この間空けた物入れに移動するだけだから、どうってことはない。

ただ吊り戸棚下の棚や、炊事用具を架けるパネルの油汚れの方が大変だった。

洗剤を吹きかけても、乾いた油汚れなので、きれいにはならない。

とりあえず軽く洗って、そのうちにいい物があったら取り替えようと思う。

食器戸棚の瀬戸物類も、物入れに運ぶ。

不要と思えるのは、かなり処分したので、だいぶ少なくなったので、短時間で終了する。

計量米櫃付きの細長いラックも、きれいに拭いて、自転車部屋に移動する。

これで残ってるのは、テーブルと上に載ってる電子レンジと、ラック込みの固定電話だけだ。

もう前日13日に、さくっとやれる状態になった。

空にした戸棚も、物置部屋と化した自転車部屋に、明日に移動しよう。

その戸棚も、18日に粗大ごみ引き取りに来てくれるから、19日に入る新食器棚と入れ替われば終了である。

 

マイバイク歴

★2007年5月 GIANT ESCAPE R3購入

初めてのスポーツバイクなので、入門編のクロスバイクである。

サイコン無しで4年以上乗る。

購入初期は、かなり乗ったが、途中あまり乗らない時期もあった。

脚も出来てないのに、100km、70kmと走ると、疲労で4,5日乗れないこともあった。

★2010年4月 GIANT FCR ZEROを購入する。

上位級のクロスバイクである。

バイク重が8.3kgと軽量で、サイコンを初めから取り付ける。

走りが軽いのと、4年間の自転車乗りで、いくらか脚力も付き、100km、70km走行しても疲労が残らなくなった。

現在は50km以上の距離はFCR、それ以下のご近所ポタは、R3と大体分けて乗っている。

★2011年8月 ESCARE R3の変速をシマノのレバーシフトに換え、サイコンも装備する。

グリップ式変速は、一発変速とならないことが多く、スムーズな作動が得られなかったから。

サイコンは、走行距離、速度を知って乗る方が、励みにもなり、面白味も増す。

★走行距離

2007年5月~2011年8月

  サイコン無しのG3 6000kmくらいだろうか?

2010年4月~2012年1月

  FCR ZERO 3612km

2011年8月~2012年1月

  G3    1144km 

合計すれば1万キロ以上は、走ってるだろうか?

最近では、車よりも自転車の走行距離が多くなってる状況である。

Blog2012_01120007

Blog2012_01120009

Blog2012_01120010

Blog2012_01120011

改造後のR3. シフトレバー、グリップ、サイコンが取り付けられた。

Blog2012_01120008

Blog2012_01120012

FCR バーエンドバーとサイコンが装備されてます。

若い人なら、クロスからロードにステップアップしますが、

老チャリダーは、クロスからクロスの上級車に止まって、自転車を楽しみます。

    

| | コメント (2)

2012年1月11日 (水)

自転車生活

ダイニングボードを見に家具店にG3で行く。

最初に向かったのは、島忠家具。

あまり種類もないし、値段が高い。

最近のダイニングボードは、従来の食器戸棚とは違う。

DKに置いて、テレビや炊飯器等の電気製品を置けるようになり、色や形も洋風になっている。

だから昔ながらの木製の食器戸棚は少ない。

次に大塚家具に向かったが、インテリア重視の高級店に感じて、恐れをなして、入らずに退散する。

最後に向かったのが、宮本町交差点際の大川家具。

ここでやっと目指す家具に遭遇する。

もう型落ちになったのだろう、¥12600の商品が¥59800で売り出されていた。

大きさも作りも申し分ない。

真ん中の引き出しが、箸やスプーン、フォークやナイフなどの薄い引き出しと、2段になってるのもいい。

早速購入、工場問い合わせで、在庫有りとのこと、19日の配送に決まる。

流し台と床張り工事が、14日なのでちょうどいい。

市のクリーンセンターに連絡して、使用中の戸棚を回収してもらおう。

これで安心して公園に向かって行った。

Blog2012_01110010

Blog2012_01110011

航空公園駅のクロガネモチの木に、たくさんの赤い実が生っていた。

こんなに実を付けたのは、初めてじゃないかな?

Blog2012_01110012

Blog2012_01110013

Blog2012_01110014

公園の池では、キンクロハジロ、マガモが賑やかに泳いでいた。

対照的に、池の佇まいは静寂そのものです。

Blog2012_01110015

花畑の現在の芝桜。

手前から、ピンク、シロ、アカの花色によって、色模様が付いてるのも面白い。

Blog2012_01110016

Blog2012_01110017

ユリノキの冬花(花後)と凧の花が咲いてました。

ここ3日間の買い物ポタで、48.7km走行。

寒さにかまけて、老チャリダーは、怠けています。

| | コメント (1)

2012年1月 9日 (月)

金山公園

水仙の花が咲いたかどうか、金山公園にG3を漕ぐ。

気温8度Cの中での、自転車乗りは、突き刺さる感じの痛みを感じる。

成人の日の今日は、所々で晴れ着を着た娘さんを見かける。

これから式場に出かけるのだろう、パパさんが玄関先で晴れ姿を撮っている。

本郷の東福寺裏の坂を下れば、すぐに金山公園に行き着く。

Blog2012_01090006

水仙はやっと咲きだしただけで、月末くらいには満開になることだろう。

此処の水仙も、日本水仙がほとんどのようだ。

自分は、花房の大きなラッパ水仙の方が、華やかさもあり好みではある。

Blog2012_01090007

Blog2012_01090008

金山公園にの池辺では、マガモとチュウサギが仲良く休息していた。

Blog2012_01090009

Blog2012_01090010

調整池畔を歩いてみる。

水は冷たく澄んでいた。

カモ、サギ、コイの同居する静かな水辺である。

歩いても寒いので、長居する気はおきない。

帰りに、東所沢のヤオコー裏の東所沢生鮮市場に寄る。

八百屋、肉や、魚やさんが集まった小さな市場である。

中でも八百屋さんが元気である。

サトイモ、トロロイモ、レンコンが安かったのでゲットして帰る。

今日も約15km未満の短いポタで、お茶を濁してます。

| | コメント (0)

2012年1月 8日 (日)

電池ポタ&蝋梅園

暮れの電子キー電池切れ騒動に対処すべく、埼玉トヨペットへG3で走る。

温度の低さもあるが、寒風に悩まされる。

追い風なら、さほど応えないが向かい風には閉口する。

まっ、書くとこんな風だが、10分も漕げば販売店に着いた。

プリウスの弟分のアクオスも今年から仲間入り、表に展示されていた。

一回りしたのハイブリッドカーである。

電池は1個だけしかないとのことで、切れてる方だけ交換する。

電池切れになっても、差し込んで使えば、微弱な電波を拾い、車は動くらしい。

 

次はキッチンタイマーの電池切れ。

ケイヨーD2へ行き、適合電池を購入する。

500ccのウーロンチャが安いので購入、ボトルケージに差し込み、航空公園に向かう。

寒さにもめげずランニングやウォーキングに励む人たちは健在だ。

彩翔亭横の蝋梅園では、微かな香りを漂わせ、花が開き始めた。

Blog2012_01080009

Blog2012_01080011

Blog2012_01080010

Blog2012_01080012

早咲きの花が咲き始めてるだけで、順次これから咲き2月末までは楽しめる。

あと2週間もすれば、香りも強くなり、あたり一面、黄色に蔽われる。

Blog2012_01080013

蝋梅園の足元には、落ちこぼれの菜の花がぽつんと咲いていた。

Blog2012_01080014

Blog2012_01080016

彩翔亭の池には、薄氷が張って、鈍い光を反射させていた。

Blog2012_01080015

彩翔亭の休み処。

もう1カ月もすれば、紅白の梅が彩り、賑わいを見せるでしょう。

まだまだ彩りのない冬のたたずまいでした。

本日は、15km足らずのポタで切り上げです。

| | コメント (0)

2012年1月 5日 (木)

いつもと変わらぬ新年

今年初の更新です。

31日から4日まで幸手で過ごしました。

2日に兄弟姉妹、皆が集まって新年とそれぞれの健康を祈り、日頃の疎遠を取り戻すべく、話をしました。

毎年毎年、これからは平穏に過ごし、無事に齢を重ねていくことになるのでしょう。

甥っこ達も、壮年期に差し掛かり、世代交代を感じます。

箱根大学駅伝では、東洋大が大幅な記録更新をしました。

特別な鍛錬、目的意識を持って努力しているものは、進歩成長するのでしょうか?

何の向上心も持ててない自分は、一抹の不安と、疎外感を意識させられる新年なのです。

ささやかに健康維持のため、時折、自転車を走らせることの繰り返しの生活なのだ。

Blog2012_01010004

Blog2012_01010005

Blog2012_01010006

高須賀池の復旧工事も、やっと開始されたようです。

1日に弟と高須賀池、中川堤防沿いを散歩してきました。

河川敷も、新しく公園に整備されていたのが変化です。

 

今年初の買い物ポタ。

小手指の新鮮市場へ向かいましたが、今日まで休みでした。

なのでヤオフジに行きます。

年明けなので、商品が少なく、葉物は高い値が付いていました。

大浦ゴボウが安く売られてましたので、フキなどとともに購入。

帰り道、北岩岡の野菜直売所が開いているのを見て、リュックを空にしてから行ってみます。

カブやホウレンソウは、痛んでるように感じたので、ミズナだけを購入した。

帰途、中新井の直売所で、小松菜と葱を買い求めた。

次は、ケイヨーD2に行き、卓上電波時計、自転車のライト2点、柔軟仕上げ剤を買って、今年初めての買い物ポタは終わりです。

午後になると、風が強くなり、砂を舞いあげ始めました。

約24km走行が、2012年の自転車始めとなりました。

| | コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »