« 所沢西口改修 今日から営業 | トップページ | 権現堂近辺 »

2012年3月11日 (日)

3・11を迎えて

あの悲惨な大災害をもたらした、東日本大震災から、1年が過ぎた。

それは、我々、被災地から遠くにいて、直接被害が被らなかった者が、言えることに過ぎないだろう。

実際、被災者の多くは、まだ震災の真っただ中から、逃れられていない。

今日は、マスコミ各社とも、震災特番を組んで、震災を検証している。

津波によって、破壊された原発の放射能漏れが、その被害を何倍にも大きくして、その復興を妨げている。

地震は天災だが、原発事故は人災であるのは、間違いのないところだ。

ただ残念なのは、東電初め、原子力に携わってる人々に、その自覚がないことだ。

あの日から、未来を奪われた人々の悲しみは、傍目にもつらく、無力感に襲われる。

事故直後は、その被災の大きさに、どんな協力も惜しまない人が殆どだったろう。

だが1年たった今、悲しいことに瓦礫の処理の受け入りを拒否する人たちも多い。

これは事故後の、政府発表などが、その場凌ぎであったり、嘘であったりして、不信感が否めないからなのだが。

だが、どこかで負の遺産を共有しなければ、復興は進まないのではないだろうか。

今日一日、テレビ、ラジオからは、震災被害が流れるのだが、せめて、忘れないためにも、もう一度直視して、心を新たにするよりほかはない。

人間、喉元過ぎれば、熱さを忘れがちだが、まだ震災被害の真っただ中で、苦しんでる人のことを、考えようと思う。

|

« 所沢西口改修 今日から営業 | トップページ | 権現堂近辺 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 所沢西口改修 今日から営業 | トップページ | 権現堂近辺 »