« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

近辺花ポタ

熱っぽさと耳の奥の痛みも引いたので、花探しポタに出る。

2012_04300016

2012_04300017

2012_04300018

先ずは家近くの歩道のツツジが、だいぶ咲いて綺麗になりました。

色違いの寄せ植えになってるので、明るい感じです。

2012_04300019

団地中庭の雑木林も若葉が出そろいました。

2012_04300020

2012_04300021

歩道のハナミズキも咲きました。

2012_04300022

2012_04300023

中新井の民家、ツツジの垣根も華やかです。

歩道のツツジとmy相棒R3号。

2012_04300030

2012_04300024

小手指を通り、北野の花畑に来ました。

青い小さい花が、咲き蔓延ってました。

最初は、雑草のオオイヌノフグリかな、と思いましたが、花も大きいし葉も違います。

2012_04300025

2012_04300026

2012_04300027

帰って調べたら、アネモネでしょうか?

白花と縁のある紫花は、葉も花も小さいです。

2012_04300028

2012_04300029

そばに寄ってみると、なかなかかわいい花です。

アネモネは風の花とも言われ、早春のそよ風とともに咲くそうです。

| | コメント (2)

2012年4月28日 (土)

昭和記念公園(4)

うす風邪気味なのか左耳の奥に、時々痛みを覚える。

そんなことで新しいネタもないので、撮り置きの昭和記念公園です。

2012_04250086

2012_04250087

2012_04250088

2012_04250089

また渓流ゾーンのチューリップです。

いつまでもこの中に身を置いておきたいのですが、移動したいと思います。

2012_04250090

2012_04250091

日本庭園の中の盆栽園で、目に付いた2点をアップします。

モミジとカリンの盆栽で、樹齢80年、100年ものです。

2012_04250092

2012_04250093

盆栽園を出ると、池の端で咲くピンクのシャクナゲが誘います。

他はまだ咲いてないのに、この1本だけが満開で、人々の注目を一人占めしてました。

2012_04250094

池に注ぐ滝の周りのツツジも、もうすぐ咲き揃うようです。

2012_04250095

亀の住む池には、亀の格好をした島があります。

一人、亀島と名付けて楽しんでます。

2012_04250096

2時間近く経ったので、帰ることにします。

最後に、お気に入りの噴水を撮ります。

立ち川口から入場した人は、一番先に目にする噴水です。

太陽の関係で、いつも後ろから撮る羽目になります。

園内の食事どころは、昼時間で混んでるので、帰り道、三ケ島のくら寿司で食べて行こう。

なので、帰りは多摩丘陵越えで、多摩湖、狭山湖を抜けるコースです。

多摩丘陵の登りは、変速がうまくいかず、R3を押して登りました。

細く曲がった道を、かなり大きなトラックも走るので、無理は禁物にしました。

約54kmの昭和記念公園ポタでした。

| | コメント (0)

2012年4月27日 (金)

昭和記念公園(3)

今日も雨です。

昭和記念公園の続きです。

2012_04250071

2012_04250072

2012_04250073

2012_04250074

チューリップとは思えない花の形です。

こんなたくさんの種類と数を育て、植えてるスタッフの努力が偲ばれます。

2012_04250075

2012_04250076

黒いチューリップも3種類くらいありましたね。

2012_04250077

2012_04250078

配色の妙が、余計に心躍ります。

2012_04250079

2012_04250080

隣の原っぱ広場では、もうじき満開を迎えるアイスランドポピーが咲きだしてました。

2012_04250081

2012_04250082

2012_04250083

淡い色のポピーが、なんとも柔らかい味で好ましい。

2012_04250084

2012_04250085

もう少し経てば、もっと咲き揃うことでしょう。

ポピーは、広場一面に広がり、正に花畑という感じです。

明日、もう一回、チューリップの回路に戻って終えることにします。

| | コメント (0)

2012年4月26日 (木)

昭和記念公園(2)

昨日の続き、昭和記念公園の花たちです。

2012_04250061

2012_04250062

華やかに彩るチューリップの咲く、渓流広場の奥は、毎年のことなのですが、静寂の世界、幽玄なムラサキハノハが醸し出す別世界です。

2012_04250063

2012_04250064

真っ赤に燃えるチューリップとの対比が面白い。

2012_04250065

2012_04250066

2012_04250067

2012_04250070

いったい何種類のチューリップが、植えられてるのでしょうか?

見たことのない形の花、色の花が、そこかしこに鏤められていて、いくら見てても飽きない。

2012_04250068

2012_04250069

チューリップの花を敷き詰めた渓流ゾーンは、まるで絵本から抜け出たような感じがします。

花を眺め、カメラに収める人たちの顔は、安らいで穏やかな表情になっています。

自分も、その中の一人になって、同化してるのでしょう。

| | コメント (0)

2012年4月25日 (水)

昭和記念公園

明日からまた雨模様、曇り空の下、昭和記念公園を目指す。

相棒はR3、目的は、チューリップを見るため。

行きは、新所~上新井~荒幡~多摩湖町から狭山公園内を通り、東大和に出て、狭山丘陵の裾を巻いて、芋窪街道に出た。

距離は、22km強で着いたようだ。

2012_04250049

2012_04250050

サイクリング道路からの入り口の芝桜は、ちょうどまっ盛りでした。

2012_04250051

2012_04250052

2012_04250053

2012_04250054

2012_04250055

やっぱり、すごいねsign03

来て直に見ると、その綺麗さに目を見張ります。

新しい品種も年々生まれてるようで、毎年見ても感動ものです。

2012_04250056

2012_04250057

2012_04250058

2012_04250059

2012_04250060

今年は、敢えてアップは2枚ほどしか撮らず、全体の雰囲気、レイアウトを楽しむことにしました。

編集もせず、撮ってきた順に、明日からも載せたいと思う。

4回に分けて、全部ベタ載せします。

| | コメント (1)

2012年4月24日 (火)

航空公園

幸手から帰って、何もない時の、航空公園詣でです。

Blog2012_04240012

Blog2012_04240013

芝桜が、咲き揃って、色のコントラスがきれいです。

まだここでは、桜、芝桜、菜の花の競演が見られます。

Blog2012_04240014

Blog2012_04240015

公園東側の縁に咲く、ムラサキナバナと菜の花も競演してました。

Blog2012_04240016

Blog2012_04240017

犬の放し飼い禁止の看板と、木製のワンちゃんが繋がれてました。

なかなか可愛らしいですね。

Blog2012_04240018

Blog2012_04240019

彩翔亭内のシャクナゲのアップと利休梅の花です。

Blog2012_04240020

Blog2012_04240021

新緑が鮮やかなトウカエデとユリノキの葉。

目に優しい感じがします。

Blog2012_04240022

最後は、クヌギの花が、行司軍配の房のように、黄金色に伸びてました。

隣のコナラと比べると、断然、目を惹くのはこちらです。

| | コメント (0)

2012年4月21日 (土)

彩翔亭の花

まだ何処へも出かけてないので、18日の撮り置き画像です。

Blog2012_04180029

彩翔亭の庭も、かなり色づいてきました。

Blog2012_04180030

Blog2012_04180031

ムラサキナバナ、ツツジ類が咲き、木々の緑もだんだん濃くなってきました。

Blog2012_04180032

Blog2012_04180034

Blog2012_04180033

シャクナゲも大輪の花を開き、春本番の序章が始まりました。

緑、ピンク、赤、紫と色が空間を泳いでます。

待ちに待った、色が溢れる世界に入ります。

Blog2012_04180035

Blog2012_04180036

まだ公園の中で咲いてる桜があります。

山桜とは違うようですが、白花たくさん花を付けています。

ここだけでなく、所々で見かけるので、交配種なのでしょうか?

| | コメント (0)

2012年4月20日 (金)

緑の金山公園

ここ2日間は、風邪気味で家に閉じこもっている。

18日に行った金山公園ポタです。

Blog2012_04180019_2

Blog2012_04180020

行く道すがらの菜の花と東川の調整池。

どちらも日比田地区です。

この菜の花畑は、あまり広くは無いんですが、綺麗な黄色の花が毎年咲く所です。

Blog2012_04180021

Blog2012_04180022

桜が咲き終えると、一気に緑の世界がやってきます。

池では、早くも黄菖蒲が花開きました。

Blog2012_04180023

Blog2012_04180024

Blog2012_04180025

湿地に生える柳、ハンノキなども、芽を開き、すっかり緑づき、春の到来です。

Blog2012_04180026

公園の池も、淡い春色になって、柔らかい印象です。

Blog2012_04180027

Blog2012_04180028

柳瀬川合流部の空堀川に新しくなった、境橋の歩道もきれいになってます。

この後、空堀川を明治薬科大まで遡り、北秋津に出て帰ってきました。

| | コメント (0)

2012年4月18日 (水)

中新井の花探し

中新井地区を、花探しに歩いた。Blog2012_04170039

先ず歩道の花壇に咲いている、雲南黄梅の黄色が、明るく春を呼ぶ。

Blog2012_04170040

Blog2012_04170041

Blog2012_04170046

今、花海棠が満開で、柔らかいピンクの花を、びっしりと咲かせている。

木は小さいが、花をたくさん付けるところは、桜並みである。

Blog2012_04170042

  Blog2012_04170043

三葉躑躅とハナズオウ。

Blog2012_04170044

ハナズオウも、何処の庭でも咲いています。

花其々が小さいので、綺麗さは少し減りますが、枝いっぱいに花を付けるので、目を惹きます。

Blog2012_04170045

傘のような、形の良い赤色花桃が、品良く咲いてます。

桜が散った寂しさを感じさせないように、次々と花が競って咲きだしたようです。

| | コメント (0)

2012年4月17日 (火)

航空公園の花

12日の航空公園の花です。

Blog2012_04170024

Blog2012_04170025

公園の枝垂れ桜は、1本だけ残って咲いていました。

芝桜も、今年の冬の寒さにも負けないで、きれいに咲いてくれました。

Blog2012_04170026

Blog2012_04170027

早咲きのシャクナゲも開花し、真っ赤な存在を示しています。

Blog2012_04170028

根元では、花韮が群生して、シャクナゲの露払い役をしてます。

Blog2012_04170029

彩翔亭の外では、ヒメツルニチニチソウが、かなり咲きだして賑やかになりました。

Blog2012_04170030

Blog2012_04170031

管理事務所前の椿と、スズランの対比も面白い。

Blog2012_04170032

Blog2012_04170033

ヤマブキの花も咲いて、すっかり春の装いに進んできました。

Blog2012_04170034

Blog2012_04170035

万葉植物園の白花、梨の花とスモモの花。スモモはピンボケ写真。

Blog2012_04170036

この淡い紅白が入ったボケの花が、控え目な柔らかい風情で好きです。

Blog2012_04170037

Blog2012_04170038

花桃とは違う桃の花。

これも1本の木で、紅白の花を付けます。

花が少ないことが、奥ゆかしく思えます。

 

公園から、小手指新鮮市場を目指したのですが、新所のスーパーイイダに、久しぶりには言ってみました。

漬物と漬魚が安い値を付けていたので、買ってみました。

その内の一つ、アブラカレイのキムチ漬けを、朝焼いて食べました。

キムチで、油が中和されて、おいしく頂きました。

| | コメント (0)

2012年4月16日 (月)

金仙寺

金仙寺の枝垂れ桜を見に行く。

場所は早稲田大学の裏手の方で、住所では堀の内という所。

Blog2012_04150039

この高台に金仙寺はある。

Blog2012_04150032

Blog2012_04150033

上に上るとウエルカム花壇が迎えてくれる。

今年の文字はきずなと花で書かれている。

Blog2012_04150034

Blog2012_04150036

やはり今年は散ってしまっていた。

桜の絨毯状態です。

Blog2012_04150035

Blog2012_04150037

Blog2012_04150038

寺の周りは、花々で彩られている。

Blog2012_04150040

Blog2012_04150046

金仙寺から少し上れば、そこも花一面。

Blog2012_04150041

Blog2012_04150042

Blog2012_04150043

Blog2012_04150044

Blog2012_04150045

どうもこの桜の様な、桃の様な花が気にかかる。

少し筒雰囲気は違ってるが、ほのかな柔らかさが好ましい。

Blog2012_04150048

Blog2012_04150049

Blog2012_04150047

この場所から、金仙寺を眺める。

花に囲まれた素敵な寺である。

自宅からは、約12kmで、こんな花の里山がある。

Blog2012_04150050

帰り道に、大きな三葉躑躅の木が、庭で存在を示していた。

これだけ大きいと圧倒されてしまう。

| | コメント (2)

2012年4月15日 (日)

小手指砂川掘

13日は小手指砂川堀の枝垂れ桜を見に行きました。

今年は、ソメイヨシノと同時に枝垂れ桜も咲いたようです。

いつもの年ですと、若干の間をおいてから、順番に花開くのですが。

もう白の枝垂れは、すっかり散ってしまいました。

Blog2012_04150026

Blog2012_04150027

Blog2012_04150029

Blog2012_04150030

Blog2012_04150031

ピンクの枝垂れ桜は、円熟の満開状態です。

枝垂れは、特にピンクは、花祭りを連想させる華やかさがあります。

Blog2012_04150028

いつもの民家の庭先で、源平桃が清楚で美しい。

これから、ヤオフジまで足を延ばし、買い物して帰ってきました。

| | コメント (0)

2012年4月14日 (土)

稲荷山公園 その2

狭山市博物館の所から、異種桜の木が植えられている。

だが、ソメイヨシノとは開花時期が違うらしく、まだ固い蕾のままだ。

唯一、館前で白いリンゴの花の小ぶりの様な花が咲き始めていた。

2012_04120025

2012_04120026

それから先は、左右に異種桜の蕾が続く。

2012_04120027

2012_04120028

2012_04120029

2本の桜のうち、手前の木が、白い桜だ。

大島桜との、交配種なのだろうか?

ここから管理事務所の方に下り、左手の木道を降りる。

ここは鵜木地区からの小さな入り口で、集落の鎮守、愛宕神社がある。

そこから左手に公園の裾を巻くように進んでゆくと、カタクリの花の案内があり、山裾の土手にカタクリの花が散見される。

やがて

ベンチと案内板のあるカタクリの群生地に着く。2012_04120043

2012_04120044

ここは、稲荷山かたくりの会の皆さんが、保護に力を入れてるので、見事な群生地になっている。

ツツジの植えられた斜面に広がる様は、なかなか近辺では見られない。

保護育成の賜で、その内に裾がカタクリに蔽われる日も来るかもしれない。

2012_04120045

2012_04120046

ここから木で土留めされた階段を登れば、見晴らし台に出る。

狭山市が一望できる、眺めの良い場所である。

ここも稲荷山公園になってるが、公園の方から来るには、一旦住宅地に出て来るようになる。

裾野は繋がってるが、上は公園の飛び地になっている。

 

行く道すがら、中新井地区の枝垂れ桜の畑。

すっかり満開に咲いていました。2012_04120024

| | コメント (0)

2012年4月13日 (金)

稲荷山公園

正式な名前は、県立狭山稲荷山公園というらしい。

飽きもせず、R3で桜廻りのポタです。

家から13kmの距離。

最後にある狭山市側から、稲荷山公園を結ぶ、長い坂も克服していた。

2012_04120037

2012_04120038

入口から真っ直ぐ方向と、左側方、博物館方向を、桜のトンネルが待ち受ける。

2012_04120031

2012_04120032

2012_04120033

2012_04120034

2012_04120035

2012_04120036

広い芝生広場では、花見の宴、太極拳を楽しむ人々、家族で、あるいは老夫婦でと、それぞれの方法で桜を楽しんでいた。

ここ稲荷山公園の桜は、本数は少ないが、それぞれが大木である。

土手桜よりも間隔が広いし、周りに何もない1本立ちの木もある。

だから見ごたえがあるし、圧倒される

2012_04120030

1本立ちの桜は、丈も横幅も同じくらいに、ゆうゆうと聳えていた。

2012_04120039

2012_04120040

2012_04120041

2012_04120042

ちょうど好天気にも恵まれて、満開の桜に元気をもらいました。

明日は、カタクリほか違う桜をアップします。

| | コメント (0)

2012年4月12日 (木)

東川の桜

10日の東川の桜風景です。

Blog2012_04100056

Blog2012_04100057

Blog2012_04100058

Blog2012_04100059

Blog2012_04100060

Blog2012_04100061

Blog2012_04100062

Blog2012_04100063

Blog2012_04100066

東川の桜も満開で、もう散り桜もあり、川面に花筏を浮かべていました。

R3が相棒で、桜見物です。

Blog2012_04100064

Blog2012_04100065

Blog2012_04100067

東川そばの民家の枝垂れ桜も、ほぼ満開になってました。

これはこれで、違う趣があります。

Blog2012_04100048

Blog2012_04100049

Blog2012_04100050

最後は、同じ日の団地の桜です。

グランド周りの桜が、一斉に花開きました。

| | コメント (0)

2012年4月11日 (水)

航空公園の桜

昨日、幸手から帰ってきて、航空公園の桜を見に行く。

幸手と違って、所沢は既に満開である。

Blog2012_04100051

Blog2012_04100052

Blog2012_04100053

Blog2012_04100054

Blog2012_04100055

Blog2012_04100068

満開の桜の木の下では、各々花見の集いが行われていた。

ただ、家族単位、友人単位が多いので、会社単位のそれとは異なり、酒席の宴はない。

満開になると白くなるソメイヨシノと違って、葉が少し混じり、赤っぽい花が咲いてる木があった。

何かとの交配種なのだろうが、これはこれで美しいものだ。

Blog2012_04100069

Blog2012_04100070

Blog2012_04100071

Blog2012_04100072

桜は、明るい日の下では、希望と高揚感を与えてくれる。

日差しのない所の桜は、清潔で凛とした感じだ。

どちらの桜も好きであるから、この季節は、桜廻りに精を出すことになる。

| | コメント (0)

2012年4月10日 (火)

権現堂堤桜まつり

9日に幸手権現堂堤の桜を見に行った。

平日なのに、すごい人出である。

駐車場も満車に近い状態だ。

Blog2012_04100037

Blog2012_04100038

Blog2012_04100040

Blog2012_04100041

Blog2012_04100042

Blog2012_04100043

桜も菜の花も、まだ7,8分咲きのようで、くっきりした色の対比が弱い。

Blog2012_04100045

Blog2012_04100046

Blog2012_04100047

Blog2012_04100044

公園内が整備されたので、大きな団体の花見宴会は、場所が取りにくくなった。

純粋に、花を愛でて歩く人たちが、増えてきてるような気がする。

最後は、池のほとりで咲いてたリョウブの花が、きれいに開いていたので。

| | コメント (0)

2012年4月 8日 (日)

青梅梅の公園 後半

梅の公園の後半の写真をアップします。

あまり前篇と変わってないけれど。

2012_04060051

2012_04060052

この書屋の蝶という花は、この間テレビで紹介されていて、5角形の花弁と言ってましたが、そうは見えないですね。

テレビでアップした映像は、そんな風に見えたけど。

2012_04060053

2012_04060055

2012_04060054

白ゲンカイツツジに交じって咲いてる、ピンクのゲンカイツツジの色のきれいさが、ひときわ目を惹きました。

2012_04060056

2012_04060057

2012_04060058

2012_04060059

園内の斜面には、菫の花も、小さいながら群生してます。

2012_04060060

2012_04060061

2012_04060062

2012_04060063

2012_04060065

2012_04060066

2012_04060067

2012_04060078

2012_04060079

最後は、日向和田駅への帰り道、神代橋からの多摩川の流れです。

今回は、2回目の梅の公園ですが、初回の方が綺麗な印象なのは何故でしょう?

| | コメント (0)

2012年4月 7日 (土)

吉野梅郷

奥多摩線日向和田駅から、神代橋を渡ると、すぐ吉野梅郷に突き当たる。

駅からのアクセスは、最高なのだが、ローカル線特有の乗り換え待ち時間を楽しめればいい。

2012_04060069

2012_04060070

2012_04060071

吉野梅郷内の民家は、殆どオープンガーデンにして楽しませてくれる。

梅を初めとして、いろんな花々が見られるのもいい。

ミツマタの花が盛りだが、1本の木で黄と紅の花を咲かせてるのも多い。

2012_04060072

2012_04060073

2012_04060074

2012_04060075

2012_04060076

梅の華やかさを望むなら、梅の公園だが、風流、情緒を求めるなら、吉野梅郷の民家の庭園を巡るのがよい。

何処でも、蕎麦や団子の軽食とビール、酒や飲み物を提供している。

梅自体は、実を採るための木なのだろう、白梅がほとんどである。

梅の加工品は、各梅園ごとの味の違いもあるのだろう。

今、吉野梅郷は、梅一色の世界だ。

| | コメント (0)

2012年4月 6日 (金)

青梅市梅の公園

昨日は暖かい日だったのですが、予約診療を入れてたので、うそ寒い今日、青梅市梅の公園に行ってきました。

乗り換えの待ち時間が長いので、寒さがより感じられます。

2012_04060041

青梅駅プラットホームのレトロな待合室。

2012_04060080

改札を出ると、家と家の隙間から、遠くに梅の公園が見えました。

2012_04060077

神代橋から、梅祭りの幟と提灯に導かれて、真っ直ぐ行けば、もう吉野梅郷です。

案内の通りに進めば、程なく梅の公園です。

2012_04060065

2012_04060066

正面入口より、200円の入場料を払って入れば、そこは桃源郷ならぬ梅源郷です。

紅白の梅と、黄色のサンシュユが出迎えてくれます。

2012_04060042

2012_04060043

この2枚は、梅の里の反対側の神社の見晴らし台からの眺めです。

2012_04060044

2012_04060045

登ってすぐに、ゲンカイツツジの白花が咲いてました。

2012_04060046

2012_04060047

2012_04060048

2012_04060049

2012_04060050

デジカメで、曇り日の写真なので、暗い画像が多いです。

園内通路には、ゲンカイツツジの白花が多く、ピンクは少ないです。

三葉躑躅も植えられてたようですが、まだ開花してません。

明日も、この続きです。

| | コメント (0)

2012年4月 5日 (木)

入間川越ポタ

入間の彩の森公園に向けて、R3を漕ぐ。

Blog2012_04050007

途中、下富十四軒のリョウブが黄金色に輝いていた。

Blog2012_04050008

Blog2012_04050009

彩の森公園も何の彩りもなく、湖面も静まりかえっていた。

下池と上池の様子。

ポプラの木だけ見ると、まだ冬のようだ。

気温は、春になっている。

Blog2012_04050010

入間市駅のそばを下り、R16を横切って、豊水橋へ出る。

橋上から上流方向を望めば、水量は多く、ゆったり流れていた。

入間川越CRに出て、安比奈親水公園に向かう。

途中、柏原付近の桜のトンネルも、まだ薄赤く靄っている。

親水公園も緑が芽吹いてない。

ここまで22km。

戻っても面白くないので、初雁橋を渡って帰ることにしよう。

Blog2012_04050011

関越と初雁橋の間は、CRから自転車を管理用道路に引き上げる。

誰も走ってないから、一人占め状態だ。

日高川越線から、JR川越駅の上を渡り、R16へ出る。

県道6号線に出て、所沢下富まで走る。

自転車にちょうどいい気候だ。

途中から、帽子を脱いだので、沸き起こる春風が心地よい。

Blog2012_04050012

下富の県道126号線そばのリョウブの垣根で閉めようと思う。

リョウブで始まって、リョウブで終わった今回のポタでした。

 

Dis 42.50km        Max 44.6km

Tim 2h17m2s       Ave 18.6km 

| | コメント (0)

2012年4月 4日 (水)

北野~上新井~東川ポタ

昨日は、正に台風を思わせる春の嵐となった。

各地で、電柱を倒したり、トラックが横倒しになったり、人災もあった。

首都圏を初め、各地で公共交通が麻痺して、仕事帰り、行楽帰りの人々が災難にあった。

この辺は、午後3時頃より強風になり、4時半頃より雨風になった。

気象予報で、台風並みの暴風雨になると警告してたのに、巻き込まれた年輩者がいたのは残念だ。

今は、気象予報が、ほぼ正確になってるから、外出の警告が出されてたら、守った方がいいだろう。

 

一昨日は、北野、上新井地区をポタってきました。

梅が終わりに差し掛かり、特に目についた花々もない。

Blog2012_04040011

Blog2012_04040012

小手指古戦場内の白旗塚に寄ってみました。

長年の風雨で、頂上の土、周りの土も崩れ、碑も倒れそうになっていた。

近くの中学生が、4年の歳月をかけて、バケツ500杯の土をリレーして、修復したと記されていた。

Blog2012_04040013

上新井地区にあった、かなり大きな調整池。奥の道路を越したところにも、同じ大きさの調整池がある。

右側を流れる東川は、小川といったものだが、それだけに溢れることがあるのだろう。

 

今日は、公園より下方の東川を走ります。

Blog2012_04040014

坂の下、造園屋さんの三葉躑躅。

Blog2012_04040015

Blog2012_04040016

まだ桜は殆ど蕾ですが、所々で早咲きのが開き始めてます。

公園の桜も、10日、11日頃が満開でしょうか?

Blog2012_04040017

公園東口の菜の花。

Blog2012_04040018

芝桜も、長い眠りより覚めて、花がチラホラ咲きだしました。

Blog2012_04040019

線路際の乙女椿は、満開です。

Blog2012_04040020

南口入口の花壇では、大きなラッパ水仙が、少ないながら存在を示してます。

後ろには、可憐なスズランの花が、うつむいて咲いていました。

二日で45kmの近辺ポタでした。

| | コメント (0)

2012年4月 2日 (月)

彩翔亭の小さな春

公園の茶寮、彩翔亭で見つけた小さい春です。

Blog2012_04010028

日向水木が黄色の小さな花をたくさん付けました。

Blog2012_04010029

三葉躑躅もやっとのお出ましです。

Blog2012_04010030

寒緋桜も独特の筒状の花を咲かせてます。

Blog2012_04010031

沈丁花も花々を寄せて、まぁるくなりました。

Blog2012_04010032

Blog2012_04010033

花壇は、黄色と紫が凌ぎ合っています。

Blog2012_04010034

ウグイスカグラが、ちぃちゃな赤色の花を、秘かに咲かせていました。

Blog2012_04010035

キブシも花を付けましたが、まだ青いままです。

Blog2012_04010036

河津桜は、もうそろそろ花の終わりを告げます。

Blog2012_04010037

ゲンカイツツジも咲きだして、庭も彩りが増してきました。Blog2012_04010038

春蘭の花も、前に撮った時より、大きく花を咲かせてますが、この色合いは、なんて地味なのでしょう。

葉の色と変わらない花色なので、よぉく見ないと気付かれない。

こんな地味な花にも、魅せられたフアンがいるのも面白い。

| | コメント (0)

2012年4月 1日 (日)

白木蓮&シデコブシ

中新井の民家の白木蓮を見にR3で走る。

Blog2012_04010020

Blog2012_04010021

まだ咲き始めだが、しっかりした大振りな花である。

この木が満開を迎えると、華やかな白が空間を圧倒する。

Blog2012_04010024

Blog2012_04010025

Blog2012_04010026

Blog2012_04010027

R643と聖地霊園を結ぶ道路は、四手辛夷の紅白が街路樹である。

白木蓮と違って、たくさんの花弁に裂かれた花は、昨日の春嵐で痛めつけられていた。

強風で皺くちゃにされ、花がぶつかり合い、茶色に変色している。

一足先に開いた花は、かわいそうである。

まだ蕾の花は、無傷の花を開くことだろう。

Blog2012_04010022

Blog2012_04010023

前にもアップした秩父学園裏の姫立金花が、黄金に輝いていた。

草花にしては、小さいが映える花である。

濃緑の葉との対照も、その花を引き立たせていた。

 

昨日は、来ず仕舞だった春一番が、大きく遅れてやってきたため、ただの春嵐となった。

かなりの強風が、各地で暴れたようだ。

乾燥した畑の土を舞いあげ、空を茶色に濁していた。

春の強風は、砂塵を飛ばし、サッシュの隙間から侵入してきた。

窓際、サッシュのレールを主に念入りに掃除機をかけた。

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »