« 自転車の清掃 | トップページ | 薔薇が咲いた »

2012年5月20日 (日)

タイヤ履き替え

あさひネット販売に注文してた、FCRのタイヤ、チューブが届いたので、交換にチャレンジする。

スプロケ、チェーン、タイヤなど、簡単にではあるが洗浄していたので、キッチンにブルーシートを敷き、タイヤをリムから外す。

チューブを引き出して抜く。リムに癒着してることもなく、容易に外すことが出来た。

Blog2012_052020010

Blog2012_052020011

作業は、ブルーシート上でやったのだが、余裕がないので、写真は終わってから撮ったもの。

外し終えたタイヤ(MICHELIN PRO3)とチューブ。

次に、新しいタイヤ(MICHELIN PRO4)を点検。

回転方向は表示されていない。

タイヤの片側を空気圧などのタイヤ情報が記されてる方を、左側(クイックレバー)にして、バルブ穴とタイヤロゴを合わせて、リムに入れる。

チューブに少し空気を入れ、バルブを穴から出して、順にリムに収めて行く。

チューブが入りきったら、もう片方のタイヤを、バルブの反対側から順に入れる。

最後のバルブの所だけ、クイックスティックを使用して収める。

手でタイヤをもみ込みながら収めたので、チューブの噛み込みもない。

適正区気圧(106P.S.I)をポンピングして無事終了。(勿論、前後輪です)

今回やってみたら

チューブ、タイヤの装着よりも、後輪を自転車に装着する方が苦手だ。

説明書やユーチューブの映像では、スプロケットのトップギアにチェーンを乗せて押し下げると、エンドに嵌るらしいが、うまくいかない。

なので自転車を寝せて、チェーンを手でトップギアに掛けてやる。

このときオイルやごみで、手が真っ黒に汚れるのだ。

チェーンクリーナーも、おっつけ届くので、まめに掃除しよう。

Blog2012_052020012

Blog2012_052020013

Blog2012_052020014

新しく交換したPRO4を装着したFCR ZERO。

近辺を15キロほど試走してみました。

別に変化が判るほどの違いは感じない。

でもひび割れのタイヤから、新品のタイヤになったのだから安心ではある。

Blog2012_052020015

Blog2012_052020016

Blog2012_052020017

Blog2012_052020018

中富南の畑地の一角で咲き始めたカルミア(アメリカ石楠花)。

金平糖のような蕾がたくさん付いてます。

満開になると、花の塊になりますね。

一番下は、ニンジン畑です。

|

« 自転車の清掃 | トップページ | 薔薇が咲いた »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自転車の清掃 | トップページ | 薔薇が咲いた »