« 権現堂の紫陽花まつり | トップページ | 県道126号の延伸部 »

2012年6月21日 (木)

紫陽花

相も変わらず、権現堂の紫陽花です。

Blog2012_06180088

Blog2012_06180089

Blog2012_06180090

Blog2012_06180091

色、花の形、大きさ、花姿などこれほどいろいろ変化、種類のある花は、珍しいように思うのだ。

交配を重ねて、これほどの花々を作っていったのだろう?

Blog2012_06180092

Blog2012_06180093

Blog2012_06180094

Blog2012_06180095

Blog2012_06180096

Blog2012_06180097

Blog2012_06180098

詳しく観察してみると、年々違った花が増えて賑わしている。

紫陽花は、酸性土、アルカリ土によって、その花の色を変えると言われている。

今や、それを超えて、自在にその色を操っているようだ。

何でも新しいものを作るのは、一朝一夕にはいかぬものだから、影の努力の積み重ねなのだろう。

来年も、新しい発見を、楽しみに待とうと思う。

|

« 権現堂の紫陽花まつり | トップページ | 県道126号の延伸部 »

花・木・草」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 権現堂の紫陽花まつり | トップページ | 県道126号の延伸部 »