« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月29日 (日)

県道126から入間川CRへ

猛烈な暑さに恐れをなして、エアコンの効いた部屋で、高校野球の予選を見る連日です。

幾分陽射しの弱さを感じ、久しぶりに、R3に空気を充填し、ポタリング。

十四軒の庭木畑に、百日紅の花を探しに漕ぎだす。

が、百日紅の木は、殆ど無い畑だ。

目的を替えて、工事中の県道126号を抜けて、入間川CRに向かう。

Blog2012_07290007

Blog2012_07290008

下富と堀兼を結ぶ、工事中の126号線。

㊤ 下富方向の展望

㊦ 堀兼方向の展望。

同じ場所で撮ってみました。

Blog2012_07290009

狭山台3丁目付近は、2車線に各幅工事中。

Blog2012_07290010

126号から繋がる有料道路の橋上から、入間川上流方向を望む。

Blog2012_07290011

橋を渡りきると、すぐ料金所です。

わずか500mくらいで、普通乗用車270円は高いpout

圏央道方面に連絡してるようですが、殆ど車は走ってない。

もう30年余経ってると記憶してるので、そろそろ無料化しないとね。

歩道を通る自転車も20円の通行料だ。

自分の前を行った高校生も、ノンストップで通過したので、同様に通過する。

もっとも、今日は財布、小銭入れは持参してない。

一寸のつもりで、出たので、飲料水とカメラだけの携行でした。

Blog2012_07290012

柏原団地横の、桜並木のCRに出る。

桜の葉の日蔭で、涼しいロードが、ちょっぴり味わえる。

西武文理高校の前を走ってると、前輪から、何か擦れるような音がする。

もう少し広い場所で、点検しようと思い走ってると、パーンという音がして、前輪がバースした。

ちょうど河川敷の余地のある場所で、チューブ交換する。

タイヤを外してみると、タイヤの側面が裂けていた。

チューブも、かなり大きな穴が、空いていた。

タイヤは、去年交換して、古くはないが、横が擦れて、裂傷してたのに、高圧(自分の場合100psi)の空気を入れ、膨らんだものと思われる。

とりあえず、新しいチューブに替え、携行用ポンプで空気を入れる。

乗るのに不自由しないだけの空気圧だから、普段の8割の堅さだ。

もう、この先に行くのをあきらめ、狭山大橋を渡り、16号に出る。

僅か30km足らずの行程なのだが、昼間近になり、気温が上がり、体力が消耗してくる。

何度も何度も、携行したアクエリアスを飲みながら、12時半に帰宅する。

真夏の自転車行は、思ったより以上に、しんどさを実感する。

タイヤは、もう使えないので、新しいのを購入しよう。

チューブも序に、発注しなければならない。

| | コメント (0)

2012年7月25日 (水)

公園ポタ

家で閉じこもって、エアコンで涼んでばかりでは、体が鈍ってしまう。

市役所へ行く用事があったので、2時過ぎより出かける。

流石に、この暑さの午後、遊んでる人は少ない。

Blog2012_07250011

Blog2012_07250012

Blog2012_07250013

池の松の木に、今日もアオサギが来てました。

Blog2012_07250014

Blog2012_07250015

Blog2012_07250016

真夏の池の佇まいです。

Blog2012_07250017

Blog2012_07250018

向日葵の花も、今盛んに咲き揃っていました。

Blog2012_07250019

Blog2012_07250020

アメリカ芙蓉の花が、一輪だけ大きな花を付けました。

周りで咲いてるのは、花芯をせり出しているルドベキア。

真夏の花が、暑さの中で、旺盛に咲き競う頃となっています。

| | コメント (0)

2012年7月24日 (火)

杉戸アグリまつり

22日に杉戸町アグリパークに行く。

末の妹が、よさこいを習っていて、仲間が踊るのだという。

1時過ぎには迎えに来たので、早めに出かける。

歌謡ショーや踊りは、3時半から順次始まる。

おさるの芸で知られる村崎太郎、次郎さんも来ていて、繰り返し芸を見せていた。

ステージではなく、建物とをつなぐ広場で、占有で行われていた。

Blog2012_07220024

Blog2012_07220021

Blog2012_07220022

Blog2012_07220023

Blog2012_07220025

まだ早いので、周りを散策する。

Blog2012_07220026

Blog2012_07220031

Blog2012_07220027

3時から、美土里りんごさんの歌謡ショーでステージは始まった。

Blog2012_07220028

Blog2012_07220029

Blog2012_07220030

次は、よさこい「絆」の演技です。

主に熟女で構成されたチームです。

Blog2012_07220032

Blog2012_07220034

Blog2012_07220033

Blog2012_07220035

Blog2012_07220036

Blog2012_07220037

チーム「無邪気」の演舞。

このチームは、男性も混じり、若い娘もいる切れのある踊り。

Blog2012_07220038

Blog2012_07220039

Blog2012_07220040

最後のチームは、熟練の「風雪」

このチームの頃には、すっかり暗くなっています。

この踊りが終えると、夜空に花火が上がりました。

最初の方を見て、早々に車を出し帰ります。

花火が、一番の人気で、会場も駐車場もいっぱいになってます。

帰宅渋滞を避けて、早めに会場から抜けたのは正解でした。

| | コメント (0)

2012年7月20日 (金)

映画「アメージング スパイダーマン」

連日も猛暑日で、何もすることもなく、ブログネタも発生しないこの頃です。

先日、猛暑を逃れて、大井ワーナーマイカルに行く。

お目当ては、3D「アメージング スパイダーマン」。

暑いので、自転車は敬遠して、あまり活動しない愛車プリウスの出番です。

9時50分からの映写前、10分前に着く。

コンピューターの故障とのことで、手書きの入場券を渡され、2スクリーンに入る。

誰もいない、一人っきりだ。話題の映画なのに、こんなものthink

結局、本編上映までに、2,3組の入場があり、7,8名の観客で始まる。

 

物語は、8歳のパーカーの前から、父と母が失踪し、伯父夫婦に育てられるところから始まる。

高校生になったパーカーは、

父の残した数式を解明しようと、父の研究仲間、コナーズ博士の研究所を訪ねる。

そこで研究中の蜘蛛に刺され、不思議なパワーを身につける。

これが、スパイダーマンの誕生となる。

この映画は、前3作と違い、監督、俳優、登場人物も替えられていたから、最初戸惑ってしまいました。

前監督が、降りてしまったので、配給元のソニー・ピクチャーが、新監督マーク・ウェブを起用して、復活させたものだ。

コナーズ博士が変身した悪役(トカゲと人の異種間遺伝子交配で生まれた)との戦いが、3D映像で迫力満点で迫ってくる。

ニューヨークの摩天楼を、真上から覗く、緊迫感のある映像、スパイダーマンの放つ蜘蛛の糸、戦いのさなか破壊された構造物が、3Dメガネを通して、真っ直ぐに飛んでくる。

そのリアルさに、思わず身を避けてしまうこともある。

こういったスペクタル映像は、アメリカ映画の得意分野なのだろう。

帰ってきたニューヨークのヒーローは、人間味にあふれていて、思わず涙で目頭を熱くさせられた。

前作より、登場人物も、好感度があり、人間ドラマとしても、仕上がっていた。

来年には、続編も出るようなので、期待したいものだ。

| | コメント (0)

2012年7月12日 (木)

木槿の花咲く

夏の花、木槿(むくげ)が、咲き始めた。

韓国の国花であるらしい。

韓国では、無窮花と書き、一日花ながら、次々と咲くことから、長く咲いてるように見える。

そのことから、国の繁栄と重ねて、国花としたらしい。

無窮花からむくげになったのと、木槿(もくきん)の読みが、訛っていったとの二説がある。

今咲いてる夾竹桃から、木槿に移り、百日紅と変わるのが、夏の木に咲く花だ。

それに加えて、ノウゼンカズラの朱色が、真夏を彩る。

夏の暑さに負けずに、各々自己主張してるように見える。

Blog2012_07110023

Blog2012_07110024

Blog2012_07110026

Blog2012_07110025

木槿の花は、色々あって、単衣、八重、ピンク、白、斑などがありますね。

その中でも、木槿の花は、涼やかさを与えてくれます。

| | コメント (0)

2012年7月11日 (水)

多摩湖自転車道ポタ

北山公園に寄り、蓮池を覗く。

Blog2012_07110018

酔妃蓮という蓮に蕾が見られた。

あと1週間もすれば開くであろうか?

Blog2012_07110019

Blog2012_07110020

もう一種、蒼菱紅蓮という左端の蓮にも、小さな蕾が出ていた。

他の蓮も、だいぶ葉も茎も伸びている。

Blog2012_07110021

Blog2012_07110022

花菖蒲の苗の育成と、株分け移植状況。

花の終わった後、こうした世話がなされて、来年も見事な花を付けるのだろう。

Blog2012_07110027

宅部池にせり出した回廊。

Blog2012_07110028

Blog2012_07110029

Blog2012_07110030

宅部池三様。

三つの角度から撮ってみました。

Blog2012_07110031

滝見橋から見上げる十二段滝(余水吐)。

Blog2012_07110032

Blog2012_07110033

十二段滝の上に来ました。

説明板前のFCR ZERO

Blog2012_07110034

多摩湖堰堤路と遠くに望む西武遊園地。

行きも帰りも、荒幡、西所沢のコースで、約37kmのポタリングでした。

| | コメント (0)

2012年7月10日 (火)

近辺のんびりポタ

今の部屋中の気温は、29度4分です。

外は、真夏の猛暑と言った陽射しの強さです。

昨日、3時過ぎに近辺を、ゆるりとポタりました。

Blog2012_07090011

日比田地区の集落の用水路の調節池。

最近は、各地で豪雨による浸水被害、洪水被害が多発してます。

普段は、水がチョロチョロ流れる用水路も、注意が肝心です。

Blog2012_07090012

中富地区、聖地霊園裏の調節池。

こういった川のない場所の、調節池もたくさん見られます。

住宅地に降った雨が、下水管に収まりきれない雨水を溜める場所です。

Blog2012_07090007

左側が、上の写真の調節池です。

武蔵野の面影を残す散歩道。

雑木林のトンネルが、ひと時の涼を与えてくれます。

Blog2012_07090008

Blog2012_07090009

上富地区の関越道の側道から、撮ってみました。

ここだけフェンスが低いのは、いろんな意味で、怖い感じもします。

Blog2012_07090010

前の所沢東高は、県立所沢あおぞら特別学校になってました。

ここは、あまり来ない場所なので、かなり前から、東高が廃校まもなく変わったのでしょう。

4階建ての校舎、体育館も有りの大きく豪華な特別学校です。

おおきな学園バスが、近在、遠方から生徒さんを、乗せてるようです。

朝の買い物ポタと合わせて、約24kmの自転車散歩でした。

| | コメント (0)

2012年7月 5日 (木)

白い花・くちなし・たいさんぼく

小手指の新鮮市場へ、R3で走ってると、歩道を走行してる自転車が、急に車道へ進路変更してきた。

自分の走ってる目の前だったので、「危ないじゃないか、急に飛び出して!」と言ったら、「なに~っ、なんだとangry」と怒鳴られた。

60代くらいのサングラスの高齢者だった。

自分は、かわしながら走り去ったが、最近は高齢者もストレスがあり、きれたりする。

人間関係が、殺気立って、優しくないように思う。

 

買い物から帰って、公園に走り、時間稼ぎ、距離稼ぎ。

Blog2012_07050013

Blog2012_07050014

彩翔亭の庭園は、小さいながらも癒し効果がある。

Blog2012_07050015

Blog2012_07050016

池間近に咲いているくちなしも、花の数を増やしてます。

Blog2012_07050017

紫陽花も鎮静効果があるような、静寂の世界をつくってくれてます。

Blog2012_07050024

Blog2012_07050023

野球場の方へ降りてゆきました。

PM1時からは、所沢西高と北高の練習試合が行われるようです。

Blog2012_07050020_2

Blog2012_07050018

Blog2012_07050019

野球場の入り口は、くちなしの植え込みです。

かなり大柄な花が付いていました。

傍に立つだけで、香りがしてます。

Blog2012_07050021_2

Blog2012_07050022

他の所は、すでに終わってしまってるたいさんぼくの花が、ここでは、ほとんど盛りといった具合です。

純白の大きな花は、何でも包んでくれそうな気がします。

昨日、今日は間に合わせのポタで、約20kmの遊びポタです。

| | コメント (2)

2012年7月 4日 (水)

公園のアオサギ

九州地方は、連日の大雨である。

洪水、土砂崩れと、自然災害が続いている。

国民の期待を裏切れ続いた民主党も、ついに分裂した。

自然も、政治も収まらない、変な時代に突入している。

なんとも、ストレスの多いことが、ありすぎる。

天変地異、政治不信の中、何も出来ない、自分がいる。

ここで、閉じこもって、嘆いていても仕方ないので、公園にR3を駆る。

池に行ったら、アオサギが2羽、餌を狙っていた。

Blog2012_07040008

Blog2012_07040009

Blog2012_07040010

Blog2012_07040011

池面を、じっと狙ってはいるが、なかなか獲物には有り付けない。

池の端のベンチで、休んでいると、そよ吹く風が心地よい。

Blog2012_07040012

Blog2012_07040013

Blog2012_07040014

不精にも、池の何でもない写真を、暇にまかせて撮る。

最後のは、メタセコイアの葉越しの空である。

| | コメント (0)

2012年7月 3日 (火)

まだアナベル満開でした

恒例の幸手詣でなので、権現堂堤に行く。

Blog2012_07020032

Blog2012_07020019

Blog2012_07020020

中川は、権現堂調節池(行幸湖)からの放水で、逆流気味の状態だ。

梅雨時の利根川の増水対策なのだろうか、行幸湖の水位は、かなり低く保たれている。

Blog2012_07020017

Blog2012_07020018

池の睡蓮も、根も増殖して、葉と花にも勢いがある。

Blog2012_07020021

Blog2012_07020022

Blog2012_07020023

紫陽花も、早咲き花を除けば、まだまだ色美しさは衰えてない。

Blog2012_07020024

Blog2012_07020025

Blog2012_07020026

アナベルは、より白く輝きを増している。

ここ一面は、雲海や波の華の模様を呈している。

Blog2012_07020027

Blog2012_07020028

Blog2012_07020029

紫陽花の花は、花の命を終わるときに、またその趣を変える。

味わいのある花の一生だと思う。

Blog2012_07020030

Blog2012_07020031

オカメアジサイは、遅い開花のようで、今が満開でした。

紫陽花の鑑賞期は、とても長く、半月間に渡っています。

| | コメント (0)

2012年7月 1日 (日)

地井武男さん

金曜日の29日に、療養中ではあったのだが、突然に地井武男さんの訃報があった。

眼が見えにくいということで、検査したら心臓に異常があるということで、入院加療。

番組も全て降りて、復帰に向けていたものなのだが。

死因は、心不全という。

どうして、あんなに元気に散歩していた人が、急に心臓が止まってしまうのだろう?

番組降りてから、わずか半年でなくなるとは思えない。

自分と年の近い、元気だった人が、急に亡くなってしまうのは、どうしても自分と重ねて考えてしまう。

心筋梗塞の症状は、あったのだろうか?

心筋梗塞なしで、突然に心不全となることがあるのか?

目の症状は、改善されていたようなのだが、これも関係してるのかな?

どうしても、最近まで元気な人が、急に亡くなってしまうのは寂しい。

寿命と言えば寿命なのだが、どんなからくりが寿命にあるのだろうか?

 

Blog2012_06300037

Blog2012_06300038

Blog2012_06300039

Blog2012_06300040

写真は、本文とは関係ありません。

所沢駅西口と東京所沢線南住吉へと結ぶ道路。

以前、ブログでR463バイパスと接続するようなこと、書きましたが訂正します。

別に調べたわけではありませんが、この道路はバイパスへ延伸することはなさそうです。

昨日のブログに書いたように、バイパスは東村山市に伸びるようです。

| | コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »